もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CKC運転会 in Nパークとだ

去る日曜日、埼玉県にあるNパークとだにて、弊倶楽部・CKCの運転会が行われました。

DSCN6005.jpg

初めて来ましたが、直線区間も長く、ゆったり目の線路配置です。
予告通り私にしては珍しく客車中心の参戦です。

DSCN6012.jpg

ここのところ、走らせる機会が無かったJT客車シリーズに日の目を当ててやりました。

仲間からは、意外・・・と言われましたが、確かにここ暫くは私鉄ばかりだったような・・・(汗

JT客車もさることながら、専用機や、他のJT用機関車との組み合わせも良いものです。

DSCN6018.jpg

このレイアウトの線路長は、路線により23m~42mあるそうで、JRや国鉄の長編成もゆったりと走らせられます。
長編成向けだけでなく、ミニカーブレールを使用した小型車向けの路線もあり色々な車輌で楽しめそうです。

また、ターンテーブルとラウンドハウスのある路線も。。。

DSCN6011.jpg

カユイところに手の届くレイアウトでアリマス。。。

さて、お昼休憩は、今回の幹事である会長が手配していただいた、長万部駅の『かにめし』です。

DSCN6022.jpg

通販で駅弁が買えるなんて、イイ時代(!?)です。

右側のモノ共々、美味しく戴きました!!

さて、午後からは今回のテーマ・夜行列車。

DSCN6030.jpg

ED71+20系。。。

『急行・新星』のイメージです。
我が家では、登場時の北斗星以外にフル編成を組める寝台列車です。。。

やっぱり、私鉄率高いようです。。。

で、北斗星との並び。

DSCN6031.jpg

北斗星は、25年落ちのコレクションだけあり、傷みは隠せませんが、自分には思い出の逸品です。


私用があり途中退席させていただきましたが、今回もたっぷり楽しみました。
たまには、国鉄~JR型もイイですね。

今回の幹事で、各種手配をして下さいました会長、最寄り駅から車を出していただいた赤緑氏、一緒に参加されたみなさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/16(火) 00:56:20|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運転会へ行ってきました

土曜日に、いつもお世話になっているサークルの運転会があり、参加してきました。

無題

今回は、新線への工事中ということでしたが、この規模はスゴイ!!

今回の工事では、メインとなる駅の総取替えを行うそうで、制御盤も新設されていました。

DSCN5920.jpg

下のテコと連動して、ポイントやギャップの開通を示すLEDランプが上の表示盤上に点灯する仕組みです。

基本的には、4本あるエンドレスをエンドレスごとに1つのパックで制御する一般的な方法で運転されています。
しかし、ヤード内は別に1台あるパックで制御するようになっており、構内でヤードと関係する箇所はテコの切り替えにより使うパックを選択できる仕組みです。

DSCN5921.jpg

テコが90度の位置にあるときは、そのギャップの通電はOFFになっています。

テコが赤と緑に色分けされていますが、これは、エンドレス用とヤード用のパックを切り替える為の工夫です。

つまり、赤色のテコはエンドレス用のパックで通電させる時に扱い、緑色はヤード用のパックで通電させる時に扱います。
両方のテコが存在するギャップでは赤色のテコ優先で作られており、赤色のテコがOFFの時に限り、緑色のテコは生きてきて、ショートや二重給電を防いでいます。

さすがに考えられていますね。

また、ギャップに関係しないモジュール間は、レールとは別にジャンパー線でつながれており、給電箇所を増やす事にう加えて安定供給をしています。

このようなとても良いレイアウトながら、新作は並べられず・・・

DSCN5927.jpg

そろそろ車輌工作もしたいところです。。。

お誘い戴きました、浜のポッポ屋さま、ありがとうございました。
  1. 2013/02/25(月) 01:40:13|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レールパル351へ行ってきました。

秋分の日だった昨日、CKC倶楽部の会長にお誘いを受け、山梨県富士川町にあるレールパル351さんへ行ってきました。

八王子駅前で会長に拾ってもらい、会長の車で現地へ。



山梨県唯一の鉄道模型専門店というだけであって、店舗奥には巨大なレンタルレイアウトがあります。

DSCN5284.jpg

まだまだ建設中ということで、完成の暁には、線路の総延長が1351mになる予定だとか。。。

今回は、CKC倶楽部8人でたっぷり5時間+αの運転会です。

関東の鉄道大集合・・・ということで、まずは北関東横綱・東武祭りが開催。

DSCN5285.jpg

のび鉄氏の2080系や、ar-2氏のセイジークリームを纏った8000系など、一味もふた味も加わった東武車輛が並ぶところは東武ファンの多いCKCならでは・・・ですね。

で、未だに仮完成のままの東武5700系を運転。

DSCN5299.jpg

このレイアウトの鎮守様(!?)運呼(運を呼ぶ)大明神様の脇を通過すると・・・

DSCN5298.jpg

レイアウト最大のストラクチャー・アピタショッピングセンターの前へ。
郊外でよく見るタイプの大型市ショッピングセンターをよく再現されており、建物だけでも1m以上の大きな物。
建物と一体の駐車場に並ぶ車の数も相当な物です。

アピタの前は長い直線になっており、良い撮影地です。

DSCN5297.jpg

久しぶりに運転した東武2000系。

DSCN5303.jpg

このカーブ具合がイイですね。

レイアウトの中には深い峡谷にかかる鉄橋もあり、こちらも名撮影地。

DSCN5308.jpg DSCN5319.jpg

ウェザリングの具合もイイ感じですね。

で、東武電車以外も少し。。。

DSCN5330.jpg

最近の運転会持参車輛ではお馴染みの東急5200系。

結局は、自分で手を加えた車輛が多くなってしまいますね。。。

DSCN5343.jpg

さて、楽しい運転会もあっという間に過ぎ、私のワガママで、近くに保存されている山梨交通の電車を見に行く事へ。

DSCN5345.jpg

山梨交通で新製された後、あちこち渡り歩き、故郷に戻ってきた幸運の電車です。

DSCN5346.jpg

前面のシールドビーム化や3ドア化など行く先々に応じて改造されていますが、屋根の下ということもあってこの手の保存車にしては良い状態です。

DSCN5361.jpg

以前より見てみたかった保存車輛を見る事ができ、念願が叶いました。

帰路は、a氏の車に乗せて戴き帰路へ。

楽しい秋の一日でした。

企画して下さり、往路を運転して戴いた会長、渋滞の中復路を運転して戴いたa氏、ありがとうございました。



  1. 2012/09/23(日) 13:11:30|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モジュールオフ2012~inあしがら・その2

さて、明けた翌日も朝から運転です。

DSCN5055_20120627082944.jpg DSCN5058.jpg


朝は、山陽路のスターたちからスタート。
往年の優等列車がヤードに並びました。

そいて、私の東急5000系シリーズに昴氏が呼応してくれました。

DSCN5071.jpg DSCN5064.jpg

拙作の青ガエルとTomix製品と並べると粗が目立ちます・・・(汗)
やっぱり作りが雑になったのかなぁ・・・。

さて、色とりどりの車両が出演した舞台・今回参加のモジュールを一周してみましょう。
始発駅は、色とりどりのヘッドマークが並ぶ目光駅。

DSCN4904.jpg

一周列車となる『けごん30号』は間もなくの発車です。

DSCN4903.jpg

発車ベルが鳴り響き、駅員の出発合図でいよいよ『けごん30号』は発車です。

発車して間もなく、のび鉄氏製作の『羅漢踏切』を渡ります。

DSCN4905.jpg

対向列車は青森行きの『津軽』でしょうか?
様々な列車と共演も運転会の楽しみの一つですね。

ガーター橋で道路を跨ぎ・・・

DSCN4906.jpg

昴氏製作のヤード横を通過します。

DSCN4908.jpg

ヤードには出番を待つ京阪電車群が並びます。

「第三閉塞進行!!」

DSCN4910.jpg

『けごん30号』は、右に車体を曲げ拙作・工場前踏切を通過します。

DSCN4911.jpg

ここで80系電車とすれ違いました。

これまた拙作のケーブルカー乗り場前を通過します。

DSCN4917.jpg


駅前には観光バスが並び、観光名所・小田島山への気軽なアクセスルートになっています。

DSCN4916.jpg DSCN4920.jpg

たまには建物が入れ替わっていたり・・・!?

カーブを超えると、昴氏製作の神社前モジュールへ進んで行きます。

DSCN4923.jpg DSCN4921.jpg



小さな新大津駅を通過します。

「新大津通過~!!」

DSCN4924_20120627094121.jpg

新大津を過ぎると、トレーラー・ターミナルが見えてきました。

DSCN4926.jpg

「第四閉塞進行!!」

DSCN4928.jpg

大谷の切通しを左カーブで曲がります。

DSCN4929_20120627093639.jpg

小さな橋を渡り・・・

DSCN4930.jpg

程なくすると・・・

DSCN4914.jpg


撮影名所・a氏製作のS字カーブへ。

DSCN4931.jpg

165系の急行列車とすれ違います。

DSCN4933.jpg

雪をかぶった暴風林を走り抜けます。

DSCN4936.jpg

そして、赤緑氏製作の秋の山をイメージしたモジュールへ。

DSCN4935.jpg

岩肌を抜けると、大峡谷のパノラマが広がります。


DSCN4941.jpg

深い谷の表現が素晴らしいです。

DSCN4942.jpg

鉄橋を渡る列車の轟音が聞こえてきそうですね。

大鉄橋の先には秘境駅・井中駅があり、駅長(?)サンが手を振っています。

DSCN4944.jpg

井中駅をゆっくり通過し・・・

DSCN4946.jpg

その先で、151系・特急『はと号』とすれ違いました。

DSCN4947.jpg

『きぬ30号』の走る外線は山肌に沿ってはしりますが、『はと号』の走る内線はトンネルで貫きます。

そして、複線トラス鉄橋で川幅の広い酒匂川を渡ります。

DSCN4948.jpg

DSCN4950.jpg DSCN4949.jpg

酒匂川を越えると、街中に入ります。

DSCN4951.jpg


程なくして、赤緑駅に到着。

DSCN4952.jpg

『けごん30号』からの乗り換え客を待って、80系ローカル列車が待って発車して行きました。

DSCN4963.jpg

短い停車時間の間に乗務員交代を終えた『けごん30号』は再び走り出し、短いトンネルへ入ります。


DSCN4964.jpg

トンネルの先には、小さな駅がありますが、『けごん30号』は通過します。

DSCN4965_20120625090629.jpg

『けごん30号』は、会長製作のモジュールへ進んでゆきます。

DSCN4969.jpg


上流の川幅が狭い急流を再現した川を低い鉄橋で超え・・・

DSCN5001.jpg


田園風景の中を進んで行きます。


DSCN5002.jpg DSCN5003.jpg

青々とした緑の小高い築堤を進みます。

DSCN5007.jpg

低いガーター橋で再び川を越えます。

DSCN5004.jpg

DSCN5005.jpg

川を越えると、拙作のカーブモジュールへ。

DSCN5008.jpg

ここだけ複々線になっていますが、これはとあるイベント用にCKCとは別規格で作らざる得なかった為のモジュールを転用した為で、他意はありません。。。

カーブを抜けると、各種撮影会が行われたあやにゃみ氏のヤードへ。

DSCN5010.jpg

色とりどりの車輛が並びます。

DSCN5016.jpg


このヤードをすぎれば、この旅も間もなく終着駅。。。

『けごん30号』は体をくねらせながら渡り線を通り、目光駅1番線へ。

DSCN5021.jpg

『けごん30号』は目光駅1番線へ無事に到着しました。

DSCN5022.jpg

乗客を降ろした『けごん30号』は、あやにゃみ氏のヤードへ入庫。

DSCN5030.jpg

次の運用に備えて体を休めます。

さて、楽しかったモジュールオフもいよいよお開きの時間。
我々を楽しませてくれたモジュールが手早く片づけられてゆきます。

DSCN5074_20120627105957.jpg


参加されたみなさん、ありがとうございました。

次の企画に期待しましょう。





  1. 2012/06/26(火) 17:53:06|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モジュールオフ2012~inあしがら・その1

毎年恒例となっている弊CKCモデラーズクラブのモジュールオフが、今年も開催されました。

DSCN4897.jpg

参加人数は9人と初めての二桁割れでしたが、その分を補充するかのように
会長が多数の新作を持ち込む等、力作が勢揃いし、直線区間の長いレイアウトになりました。

全員揃ったところで、恒例の炒飯弁当で乾杯

DSCN4959.jpg

運転会開始です。

DSCN4973.jpg

あやにゃみ氏製作のヤードでは、『お題』の発表会が開催されました。

今回のお題1つ目は、荷物電車。

DSCN4975.jpg

赤緑氏が30年程前に手がけた、ほぼスクラッチのクモユニ74、氏のクモル23、拙作のクハユニ56・・・。

個性派が揃いました。

そして、お題その2・混結編成の電車では、私鉄・国鉄色とりどりの電車がヤードを埋め尽くします。

DSCN4989.jpg 

手前は試運転の時のみみられた京急2000形2ドア車+1500形の編成を再現したar-2氏の作品。

DSCN4997.jpg


この組み合わせが試運転の時だけだったのは少し意外でした。


その一本隣は、Bトレ改造が得意なあやにゃみ氏のE231-4600の配給回送を再現した作品。

DSCN5024.jpg DSCN5027.jpg

独特の窓配置に苦労されたそうです。

こういった、営業に出ない編成にもスポットライトを浴びせるところがCKCメンバーらしいところです。

その隣は拙作の湯たんぽ+青ガエルです。

DSCN5046.jpg


反対側からの撮影した画像です。

DSCN4991.jpg

手前は、のび鉄氏がエントリーした京急2100形+1500形。
この組み合わせは、お馴染みですね。

さらに違うアングルから・・・

DSCN4992_20120625104457.jpg

手前は、a氏のエントリー、名鉄3400形いもむし+850形なまずの編成です。
そういえば、流線型同士の混結も珍しい事例ですね。

その隣は、赤緑氏の京急2000形3ドア車+1500形の混結。
ar-2氏と同じ形式の組み合わせですが、こちらは2000形の3ドア化後の姿です。

さらにその隣は、ぬる・・・(ry氏がエントリーした琴電1100型+1080型。
関東私鉄同士の譲渡車ですが、譲渡前には絶対に顔を合わせることが無かった者同士の混結ですね。

DSCN4993.jpg


その隣に見える旧国は、昴氏がエントリーしたクモル23と出場の旧国の混結編成です。

DSCN4996.jpg

CKCでは相変わらず赤い電車率が高いですね。

そんなわけで、赤い電車が勢揃い。。。

DSCN5033.jpg DSCN5038.jpg

年代的には、1985年頃のラインナップですね。

そして、自然と集まった飯田線とその仲間たち。。。

DSCN4976.jpg DSCN5040.jpg
 DSCN4987.jpg

これだけの車輛が一気に並ぶのもクラブ運転会の良いところですね。

さて、夕食の時間になりまして・・・

DSCN5041.jpg

今回は、お座敷での食事となりました。

夜も消灯時刻まで運転会は続きますが、飲酒運転も絶好調になり事故調の出場とか・・・

DSCN5053.jpg  DSCN5052.jpg DSCN5051.jpg


楽しい夜は更けてゆくのでありました。。。

(つづく)
  1. 2012/06/25(月) 09:57:53|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。