もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのバス加工-2

デカールが乾いたので、半光沢のクリアーを吹き付けました。

082.jpg

乾燥させている間に室内塗装を。

083.jpg

で、ガラスを組み込み、車体と合体!!

084.jpg

これで完成かと思いきや、なんか屋根が物足りない。。。
写真を見ると、エパポレーターを取り付け忘れていました。

手元にあった、BONAの気動車用のパーツを塗装して・・・

085.jpg

取り付けました。

087.jpg

ついでにグレーで目立っていたインパネ回りを黒に塗り直しました。

これで、完成!!

ミニバスシリーズと並べてみます。


089.jpg 090.jpg

RNと比べると、リエッセが実物のイメージよりも大きいような気がしますね。
こんなモノでしょうか???

さて、我が家のミニバスも10台に。

DSCN6104.jpg


後はポンチョか。。。


で、夕飯は、会長と福会長に近所までお越し戴き、ご一緒に。

20130629_194537.jpg

会長、福会長ありがとうございました。




スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 23:23:05|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりのバス加工

随分前に、リエッセ用の塗装変更用デカールをイベントで入手しました。

重い腰を上げて、種車をベースの色に塗装しやっと貼り付けの段階まできました。

DSCN6075.jpg

中扉のリフトの有無により、2つの塗装パターンがあり、それぞれ種車もバスコレ・三重交通と京王バスと異なります。

早速デカールの貼り付けです。

DSCN6086.jpg

窓上に入る赤帯が、このスケールでは表現しにくい太さの上、後部で2段になっているという厄介なもの(こんなデザインにするんじゃねーよ(爆))。

この帯を何度も切ってしまい、予備で用意した2枚目デカールもしっかり使う羽目に。。。

なんとか誤魔化して、貼り付け完了。

DSCN6087.jpg


さて、乾かしてクリアー塗装へ。
  1. 2013/06/29(土) 14:26:34|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュービックバス

昨日、仲間のブログを見ていたら、国際興業9501号車の記事があり、自宅にあった写真を何枚か取り込んでみました。(車庫内での画像は許可を受けて撮影したものです)

国際興業9501号車は、車齢の割には珍しい中古移籍車でして、短命に終わったその移籍前の事業者時代の写真です。

img009.jpg


行政主導で開業した辻堂駅~辻堂西海岸までの路線運行を受託するにあたり、この車は新製配置され114号車となりました。
シャーシメーカーに関係なく富士重工ボディーの架装を基本としている事業者で富士重工ボディーを架装したいすゞ車は何台かいましたが、何故か114号車はいすゞ純正ボディーであるキュービック型で導入されました。

また、環境に配慮して当時流行りつつあるアイドリング・ストップ機構や、黒煙フィルターを装備していた事等から、地球にやさしい低公害をPRするマークが側面に貼られ、一般利用者からも目立つ存在であったかと思います。

img012.jpg


2000年の導入で、現在まで続くエルガボディに取って代わられつつある頃でだったと記憶しています。
その為か、この114号車はキュービック型ボディー最後の製造車だそうです。

非公式側です。

img010.jpg


当時、この事業者では珍しくワンステップ車だあったので、低い位置にある窓に違和感を感じた事を覚えています。

鳴り物入りで登場した114号車ですが、1年程で不調になり、鵠沼車庫で休む日が多くなりました。

img011.jpg

左側に『開業100周年』のステッカーが貼られているので、この画像は2002年の撮影だとわかります。

ちなみに、この事業者では、一般路線用のキュービックは114号車だけでしたが、特別支援学校のスクールバスに使用していた特定用に2台いました。

img014.jpg    
img013.jpg

この2台は、114号車と対照的に、排ガス規制いっぱいまでの活躍をして引退しています。

どのような事情があったのかは分りませんが、2002年に、114号車は活躍1年半程でこの事業者からは引退しました。

後継もいすゞ車で、独特のカラーをした新114号車が登場しています。

img018.jpg

この画像にも、『開業100周年』のステッカーが貼られているので2002年であることがわかります。
新114号車の実績があったからか、単に選択できるメーカーが無くなったからかは分りませんが、この後もエルガは何台か導入され、オレンヂ色のバスも登場しています。

そんな特異な存在であった114号車ですが、そのつながり(!?)で、この事業者における特異だった車両を紹介しましょう。

上記にあった、低公害バスのシンボルマークを取り付けた車両は、この事業者には旧114号車を含め3台あり、残りの2台は、三菱ふそうの『MBECS』でした。

510号車。

img015.jpg

エアロスターMと同じボディーを持つMBECSⅡでした。
エアロスターMはこの事業者でも長尺の車が何台かいましたが、510号車の活躍したエリアにはあまり乗り入れておらず、標準尺のエアロスターMは510号車のみでしたので特異な存在でした。

ちなみに、こちらが標準的だった長尺のエアロスターM・MP-218です。

img016.jpg

ボディーだけみれば、こちらの方が特異に見えますが。。。

もう一台は、後継となるMBECSⅢの511号車。

img017_20121126221439.jpg

ニューエアロスターは、このエリアでもそこそこ導入されていたので、低公害バスのマーク以外はそれほど目立つ存在ではありませんでした。
目立たない存在であったかのように、510号車よりも先に引退しました。


決して、古いバスと思っていない車両ばかりなのですが、どの車両も既に過去帳入り。。。
どうりで歳を取るわけです。。。。。。。。。。(はぁ)
  1. 2012/11/26(月) 23:28:26|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試運転

某氏のブログの影響によるタイトルではありません。。。

クルマで出勤した昨日、退勤時にいつも通る交差点で信号待ちをしていたら、地元を走るオレンヂ色のバスが通過して行きました。

日常の光景デハあったのですが、通過したバスのLED式行き先表示に出ていた文字は『試運転』!!!

咄嗟の事で撮影もできませんでしたが、バスもこんな表示が出るのかと少し感心しました。


で、思い出したのは・・・・





[試運転]の続きを読む
  1. 2012/10/18(木) 08:44:39|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・事業者限定バスコレ

先日の記事で書いた事業者限定のバスコレ・251号車ですがガラスを入れ換えた結果、製品のままのサッシはサッシ間に黒が入っていません。

左右でガラスの表現を合わせる為にサッシ間に黒を入れました。
また、中ドアの下半分にクリアーブルーを吹き付け、実車と同じ再現をしてみました。

DSCN5438.jpg

前回の記事で塗装した内装を取り付けます。

DSCN5437.jpg

内装の塗装は、137号車も施しています。
ドアガラスが大きいだけに、運賃箱を塗り分けた効果は大きいですね。

DSCN5439.jpg

ガラスに色入れした251号車はこんな感じです。

DSCN5441.jpg

251号車は運転席周りのインパネが正面窓から目立つので、落ち着いた色に塗装すると落ち着いてグッと見栄えが良くなります。
251号車と同じニューエアロスター系列には特に効果が大きいようです。

これにて、事業者限定バスコレ・加工完了!!

DSCN5451.jpg
  1. 2012/10/09(火) 20:29:39|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。