もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅客機プラモ

あちこちのHP情報によると、ハセガワが新金型を起こして日本航空 のエンブラエル170を出すらしいです。

最新の旅客機プラモというとB737-800なので、 亜流でない完全な新規の形式となると実に久し振りですね。

さらに、1/144のスケールだそうで、大きさからしてNのストラクチャーにも最適です。

1/200ではMDを再販していますし、旅客機プラモも再興しているのでしょうか?

今後が楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/12(木) 23:38:57|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JALウィングコレクション

二月逃げる・三月去る等と言いますが、殆ど工作ができないまま二月が逃げて行き早くも三月に。

二月中に済ませる予定だった確定申告をやっと昨日の公休日に済ませやっと一息。

帰りにコンビニへ寄ったら、ヘリボーンコレクション等でお馴染みのF-TOY'sからJALウィングコレクションの新作が並んでおり、試しに二箱買ってみました。
一箱目。

IMG_3020.jpg

MD-90でした。
先日の旅行の際に、MD機が欲しい…なんて言っていたら、1/500の小さいなサイズながらも早くも手にできました。

二箱目。

IMG_3021.jpg

最近就航したばかりのエンブラエル170(E170)。
ブラジル製の小型ジェット機で76席とB737-400の半分程のスペックですが、機内は結構広々しているそうです。
こちらは、1/300サイズです。
1/144でも程良い大きさになりそうですね。
プラモ出ないかなぁ…。

IMG_3019.jpg

並べると、サイズの違いで小型のエンブラエルの方が大きくなってます…。

F-TOY'sの旅客機シリーズは安価の割に素晴らしい出来で好きなので、1/144でツインオッターとかアイランダーとかの小型機シリーズを是非お願いしたいところです。
  1. 2009/03/03(火) 23:30:43|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅客機プラモ

「あ~疲れた…」
最近、ついつい口にしてしまう一言であります。
仕事が続き余暇が無いとと趣味にも没頭できません。。。

さて、昨日は久しぶりに早い帰宅…の予定でしたが、急遽職場を去る事になった先輩の送り出し行事に参加。予定より遅い帰宅になり工作予定はキャンセルにしました。

夜は昴氏への届け物があったので、修理から上がった旧ブ君でお出かけです。

少し早めに出て横浜西口・日ノ出町と寄り道し、旅客機プラモ探し。

エアーライナー(旅客機用)デカールだけは豊富に在庫があるものの、貼るキットが売っていません。。。

旅客機プラモの雄、エアフィックスが倒産(別事業者が事業継続)、ミニクラフトの国内代理店がアオシマになり旅客機プラモの取り扱い取り止め…と、明るい話題が無いので無理ないかもしれません。。。

さて、ジャンクコーナーには、日本の旅客機の雄・ハセガワのDC-3のバルクが\250売っていましたので購入してみました。

IMG_2964.jpg

このDC-3、1/200なのです。
ハセガワの旅客機プラモの基本は1/200なのでそれに合わせたのでしょうが、小さすぎる上、ハセガワのラインナップにDC-3と並べられる旅客機ってあったかなぁ…。
旅客機が無ければ、軍用C-47としての用途が思い浮かびますが、1/200の軍用機ってあるんでしょうか…?
機体が小さく、軍用機転用を狙ってかYS-11が国際スケールの1/144になっているのに、DC-3を1/200で設計するセンスって…。

模型屋を巡りを終え、昴氏宅へ。
我が家で余っていたパワーパックを譲渡したら、氏の好意でゴルフクラブを戴きました。

帰宅中に、旧ブ君のウィンカーがまたもやご機嫌斜め…。
早めに直したいのですが、今日も明日も明後日も仕事であります。
「あ~疲れた…。」
  1. 2009/02/14(土) 11:11:44|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フレンドシップ その2

先日組み合わせた機体の隙間にパテを盛りました。
垂直尾翼付近の隙間は特に目立つので念入りに仕上げます。

IMG_2943.jpg

埋まった凹ディテールは、ケガキ針で彫りなおしておきました。

左右の主翼も組み立てました。

IMG_2944.jpg

今月発売の『エアライン』誌の模型コンテンツでも述べられていますが、主翼の合いがスナップキットを意識したかのような硬さ。
取り付け前にパーツの周囲をペーパーがけしておきました。

機体との仮組です。

IMG_2942_20090201123626.jpg

機体と主翼の取り付け部分については、YS-11のキットと比べ物にならない位良い『合い』です。

ボチボチ本業(?)の鉄道関係も進めてゆかないと・・・。
  1. 2009/02/01(日) 12:48:10|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水の舞台から飛び降りる???

よく立ち寄る中古のプラモデルショップに、少し前から気になる製品が並んでいました。
そのキットは、HawkのC-131。
旅客機党の私にしてはめズラしく軍用機のキットに興味が出たのであります。

このキット、以前紹介した『GMクラフツマンマニュアル』の『1/144のススメ』にも登場しています。
つまり、『C-131』とは米軍内で輸送機として使用された時の機種名で(実機の)メーカーの機種名は『CV-240』という小型旅客機なのです。
『CV-240』は、黎明期の日本のローカル路線で活躍し、南西航空では最初のフリート機でなりました。
そうなると、当然欲しくなるわけなのです。

話をキットに戻します。
このキットは1959年に発売された半世紀前の製品です。
後にも先にも『CV-240』と『C-131』は発売されておらず、非常に貴重なキットです。
そんな事もあってか、プレミア価格で1万5000円の高値が付いており暫く悩んでいました。

しかし、50年前のキットを探すとなると相当な労力ですし、見つけたのも何かの縁・・・購入してしまいました・・・。
どんな状態であっても不思議ではありませんが、清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。

早速、帰宅して開封してみました。

92

デカール以外は良好なコンディションで、CV-240として使う予定の私には良い買い物だったようです。

清水の舞台から飛び降りた影響か、微妙に足がイテテテ・・・・(←未だに抜けないマラソンの影響です。)

  1. 2008/12/20(土) 00:39:09|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。