もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜市電の保存車

休みだった今日は、早起きして家事を片付けたら実家へ行くつもりでしたが、起きたら10:30。。。
しかも、クルマは使われているし。。。

とりあえず洗濯機を回します。
その間にとあるSNSを見ていたら、気になるつぶやきを発見しました。

我が家からそれほど遠くない中田小学校に横浜市電の保存車があり、今日は公開されているとの事!!
家事を片付けて、出かける事にしました。

地下鉄で戸塚より南って、いつ以来だろう。。。

DSCN2530-1.jpg

戸塚からふた駅、中田で下車します。
駅から徒歩5分程で、目的の中田小学校へたどり着けました。
今日は、校内で町内会だかの桜まつりが開催されたそうで、普段は関係者以外立ち入れない校内へも自由に立ち入れます。

市電で使われていた車輌は用途廃止後に40両程が払い下げられ、倉庫や町内会の集会場、公園や学校の遊具等へ再利用されました。

しかし、老朽化などの理由で撤去されてしまい、今では殆ど現存していないそうでうす。

中田小学校に保存されている1500型1508号は、学校に譲渡された横浜市電としては最後の1両だそうです。

DSCN2541-1.jpg

近年、現役当時の塗装に再塗装されたそうで、パッと見は美しくなっています。

しかし、画像の通り、灯火類はじまビューゲルや窓枠等は失われ、管理の都合からかガラスは全て窓枠ごと取り払って透明のアクリル板が嵌めこまれています。
ドアも一般的な建物に使われる開き戸へ交換されています。

DSCN2543-1.jpg

車内もつり革やシートが失われ、辛うじてマスコン等が残っている状態です。

DSCN2540-1.jpg DSCN2536-1.jpg

普通でしたら、いつ解体されても不思議ではないような状態ですが、再塗装が施されている事もあってか、この手の保存車にありがちな荒廃したままの悲惨な状態・・・というようなワケではありません。

扉も、一箇所だけオリジナルの物が現存していました。

DSCN2546-1.jpg

車内にあった掲示物では横浜市電を詳しく紹介しています。

DSCN2538.jpg



また、何度か卒業生が卒業製作として自分達がデザインした絵を車体に塗装した事があるようで、それを考えると、オリジナルとは言え、塗り直されてしまったのは少し残念なような気がしますね。

今でも児童が交代で清掃を行ったりしているようで、児童達も電車に親しみを持っているようで微笑ましいですね。


安全上の理由からか下回りには柵がなされていますが、1500型の特徴的な台車は銘板共々残っていました。

DSCN2544-1.jpg

停留所を模した乗り場まであつらえられてており、現役の頃の雰囲気満点です。

DSCN2548-1.jpg

学校等の施設に保存されている車輌でみんなに愛され、決して良い状態ではないながらも一生懸命に維持されている数少ない例だと思います

言う程に簡単ではない事は重々承知ですが、1508号を大切にしている児童の為にもレストア出来ないものかと思わずにはいられませんでした。

1508号の末永い保存を願いたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/01(日) 23:53:02|
  2. 資料室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川崎市電

めズラしく世間並みの三連休の三日目でした。

朝方に、仕事でもアソビでもない微妙な活動を行い、その足で川崎にある行き付けの喫茶店へ新年のご挨拶へ。

鉄道好きのマスターに川崎市電の保存車がある公園を教えて戴いたので、早速行ってみました。

目的地の桜川公園までは川崎駅から歩くと30分程かかるとの事でしたが、分かりやすい道だったので歩いてみました。

初めて歩く場所だと周りの風景が新鮮で、時間も短く感じますね。

ほぼ予定通り30分程で到着し、早速保存車を観察します。

IMG_2797.jpg

柵で囲まれ屋根も取り付けられているので撮影には不向きですが、現存唯一の川崎市電は破損箇所も少なく良いコンディションのようです。

IMG_2803.jpg

反対側にはホームも作られいかにも見学できそうな雰囲気ですが、残念ながら柵の外からの見学です。。。

川崎市電は短命ながらも特徴的な運命を辿りながらも知名度・歴史的にも恵まれず、全国でもトップクラスの保存館が作られた隣の横浜市電とは対照的に保存車もこの1両という寂しさです。
しかし、この車輌が大切に保存されていることで、今後も市電があったという歴史が伝えられてゆく事でしょう。

さて、帰りは再び30分程歩き川崎大師駅から京急で。

赤べコのHMを付けた赤べコ(?)に乗りました。

IMG_2815.jpg


  1. 2009/01/12(月) 22:51:58|
  2. 資料室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い電車を見に

今日は、久々の休みです。
起きたら雨でしたが、クルマで逗子まで出掛けてきました。

5km


鎌倉駅前や若宮大路は混んでいましたが、滑川を曲がってR134に出ると空いてます。

目的地の逗子市第一運動公園まで40分程で到着しました。
この公園には京浜急行旧600型が保存されており、車内も開放されているそうで模型資料の収集(いつ作るかわかりませんが・・・)に来た次第です。

お目当ての601号車は、すぐに見つかりました。

601前


しかし、晴れた日以外は開放しないそうで、柵の外からの見学です。
車内はともかく、柵の中くらいは雨天でも開放してくれないかなぁ・・・と思いつつ柵の外から何枚か撮影しました。
今の京浜急行の電車が新600顔が大半であるように、20年ちょっと前まではこの顔が京急の顔でした。(まぁ旧1000の存在・数共に一番大きかったですが・・・)


601全景


荒廃している部分もありますが、全体的には良い状態ではないでしょうか。
この公園を改修する計画があり、その祭にこの601号車が撤去されてしまう可能性もあるとか・・・。
初期の高性能私鉄電車の保存例は多く無いと思いますので、末永く保存してもらいたいですね。

217/600


撮影をしていたら、丁度横須賀線が来ました。
601号と熾烈なバトルを繰り広げた113系電車も横須賀線を去り、601号はどんな思いで今の217系を見守っているのでしょうか?

近々、晴れた日に再訪してみようと思います。

時刻はお昼過ぎ。
久し振りに、マック以外のハンバーガーが食べたくなり、鎌倉のKUAAINAでベーコンバーガーセツトを購入。

くああいな


帰宅しましたが、まだ14時前。
さて、何しましょ????
  1. 2008/03/31(月) 17:34:38|
  2. 資料室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

驚きの発見

東急7000の塗装作業を半端に打ち切って、雨の中横浜西口までお出掛け。

用事は早々に済み、本屋に寄り道をしてこれを購入。

私鉄24 東武


このシリーズは馴染みのある車輌が多く載っており、模型製作の際には色々と役に立ちます。

模型で営団3000と、東急7000を揃えているのだから、次は・・・・・。
という訳で、製作資料収集の為に買い揃えました。

さて、各車の諸元一覧を見ていたら、2000系のコンプレッサーがDH-25だった事に気付きました!!
このコンプレッサーは、小型・小容量なのでどちらかというと路面電車等の小型車や短編成の向きのコンプレッサーなのです。
2機1組で使用していたようですが、2000系のような長編製の通勤電車が装備していたというのは意外でした。
他にも、1720系DRC・当時は最新型だった6050系でも使用していたようです。

当時でも、もっと容量の大きいコンプレッサーがあったのでしょうが、わざわざ新製車に取り付けるとはよっぽど使い勝手が良いコンプレッサーだったようです。

6050系にはまだ付いているのでしょうかね~?(さすがにないかな・・・)
久し振りに、あの独特の音を聞いてみたいものです。

  1. 2008/03/19(水) 22:54:40|
  2. 資料室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえず・・・・・

最近、鉄道車輌については、趣味的には普通の人かそれ以下の興味しかありません。
自分は、模型ファンの中で特に鉄道に興味があるという分類でしかないような気がします。

模型で作ると決めた時に初めてその車輌について調べ始める訳で、それまでは全く興味が無いのです。

今回の調査対象は、近鉄6800系。
近鉄には全く興味が湧かないのですが、先日の日記に書いた通り福袋にたまたま入っていたのでとりあえず調べる事にしました。

1957年に南大阪線の各駅停車用として、高加速・高減速の性能を備えて同一区間を優等列車と同じ運転時分で運行した車輌。
ウサギのように跳ねる高加速・高減速性能からラビットカーと呼ばれた。
その後、優等列車の増結用として本来の用途とは違う運用に充当され、現在は他形式に改造されて形式消滅。

概要はこんなところでした。
つまり、近鉄版阪神ジェットカーのようなコンセプトで製作された車輌のようです。
ま、ビスタカーとか、アーバンライナーと並べられるなら、関東の運転会でも脇役くらいにはなるだろう・・・と、南大阪線で他に走った車輌を調べたら狭軌(1067mm)路線のようでビスタカーとかアーバンライナーは別世界でした。

さて、どうしよう・・・。。。
  1. 2008/01/17(木) 23:04:21|
  2. 資料室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。