もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁酒宣言

別に誰かに影響された訳ではありません。

事の始まりは金曜日の朝。
会社で目を覚ましたら、喉に違和感が…。
まぁ、風邪だろう…と、思い市販の風邪薬を服用するも喉の痛みが全く退かず、近くの総合病院の休日診療を受診しました。

普段は総合病院なんて縁が無く、総合病院での受診は十ン年振りだと思われます。
風邪だろうに大げさな診察&問診&検査の後、ドクターが、

「他の先生や上の先生と相談して、治療方法を検討したいと思いますので、待合室で暫らくお待ち下さい。」

との事。
何だか大袈裟過ぎる…。

暫らくしてドクターに呼ばれ話を聞くと、タチの悪い細菌が喉に入り込んでいるとの事。
放置しておけば腎臓に悪影響を及ぼす菌だそうで、10日間抗生物質を投薬治療し、その後尿検査で腎臓の機能を確認することに…。

その為、最低、投薬治療中は自主的に禁酒することにしました。

まぁ、元々酒が弱く、仕事上必ず休肝日ができるので10日位ならたまに飲まない日があるのですから、宣言する程の事でもないのですが、とりあえず禁酒宣言とします。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 20:18:40|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和の黄色い線

我がCKCクラブでは、東武ファンvs西武ファンの争いが絶えません。(名物なんで絶えるとつまらないかも・・・)

そこで、両方の間を取り持つ営団(メトロに非ず)7000系の製作を開始しました。
ま、モチベーションが下がったので気分転換です。

この7000系は、以前購入してあった物です。

早速、工作開始。
このキットは6000系ベースで製作されおり7000系とは位置の異なる側面の方向幕を埋め、車体にモールドされているSマーク・車番表示のベースを削ります。

幕埋めとモールド削り


モールド削り


Sマークに至っては後期型のキットでもモールドされていますが、このモールドを生かせる技を持つ人は少ないと思われます。
ちなみに、Sマークは付属のデカールで再現する予定です。

この2段窓の初期型と、1段窓の後期型キットの側板は縦方向に0.5mmの差があります。

初期と後期の差


そこで、短い初期型の側板の裾にエバーグリーンのt0.5x1.0のプラ材を接着して嵩上げします。

t0.5追加


これで、ほぼ同じ高さになりました。

初期と後期の差の訂正


先頭車の前面は、後期型のキットを利用します。
側板と前面で干渉する箇所があるので、青丸で囲んだ干渉する部分を削ります。

前面と側板の干渉部分加工


屋根の配管も後期型キットの方がリアルなのでそれを使うつもりで、仮組みしたら・・・・・。

初期+後期先頭屋根


後期型先頭車の屋根が短く、長さが足りません・・・。
こちらの方がスケール通りなのでしょうが、簡単に済ませたいので側板を切り詰めずに長い後期型・中間車の屋根を載せてみました。


初期+後期中間屋根



なかなか良い感じです。
屋根の不要なモールドを削り、こちらを利用する事にしました。

屋根モールド削り


後期型先頭車の屋根を参考にしながら、1個パンタとなるクハの屋根に加工します。
ヒューズBOXのない側のパンタ周りのディテール・両方のパンタを繋ぐ母線を削ります。
不要な穴をランナー引き伸ばし線で埋め、ポリパテで仕上げます。

屋根加工


また、気が向いたら作業します。
後期型の中間車を3両用意しないと・・・・。
  1. 2008/06/26(木) 07:05:15|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呑んできました。

昨日は、高校の同級生と神田で呑んできました。
お好み焼きを肴に呑みたい私が、被害者を募集したところ5人程集まりました。

同好が多いので、色々と盛り上がり、23時過ぎまで延々と6時間!!!
毎度の事ながら、楽しい時間でした。

帰り際、ビルの窓から外を見たら・・・・

201


201が2本。
2本しかないそうなので、めズラしいシーンのようです。
同好ばかりなので、ヨッパライ6人がカメラを取り出し大騒ぎ・・・。
まるで『タ・モリ倶楽部』ですな・・・。

帰りは、湘南ライナー17号で帰宅します。
グリーン車より安い料金でリクライニングシートに座って帰れるのはイイですね。

185


呑みの席でも話題になった、この本を読みながら185系に揺られます。

本



やっぱりこいつは京急なんだ・・・。

本


模型だけでなく、こいつが今日の呑み会で作ったもんじゃ焼き上手かったなぁ・・・。

  1. 2008/06/25(水) 10:13:08|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

趣味

モジュールオフ以降、仕事が忙しくゆっくり工作ができません。
そんな時は気分転換で、別の趣味でも・・・・。

久し振りに三線(さんしん)を弾いてみました。
音楽一家に育ちながら私だけは音楽や楽器には興味が全く無かった(母が無理にピアノを教えたトラウマです)のですが、数年前に沖縄に興味を持った事がきっかけで沖縄・三味線(通称・三線)を始めました。

楽譜が五線譜とは全く違う工工四(くんくんし)というツボ(弦を押さえる位置)を示した表だった事が入り易い要因でしたが、それ以上に弾きたい曲があった事が強い後押しになり今まで続いています。


三線



今日は、以前から弾いてみたかった『琵琶湖周航歌』の五線譜を工工四に書き直し、弾いてみました。

自己流の工工四でしたが、なかなかの仕上がりです。
良い頭のリフレッシュになりました。

  1. 2008/06/19(木) 22:20:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷ

昔に比べると乗り鉄や撮り鉄への興味が薄れ、乗り鉄に至っては長い時間乗る事を考えるだけで苦痛に思えたり…。
そんな状況でありますから、青春18きっぷとは永らくご無沙汰です。

乗る事や撮る事に興味がなくても、手近に模型で作りたい車両の資料が無ければ、お目当ての車両がある所まで乗って行って、資料として撮る必要があります。
そんな訳で、安く資料集めをするのに強い味方となりそうな青春18きっぷを久しぶりに買ってみようかと。
さて、資料集めの行き先の候補は…。
仕事の休み時間に時刻表を見ながら計画を練ります。

先ずは、秩父鉄道。
首都圏に近い割に行った事がありません。
以前から気になる存在でしたし、三峰口の保存車も気になる存在です。
土・休日の朝に池袋から、秩父鉄道直通の快速急行で、三峰口へ。
貨物列車や貨車の資料集めをして、帰りは熊谷から湘南新宿ライン一本で帰るプランです。
一昨日の副都心線絡みで、直通列車の時刻も変わったのかなぁ…。
平日の方が収穫ありそうてですが、秩父鉄道への連絡線を渡ってみたくあえて休みの日に。

二ヶ所目は岳南鉄道。
東海道線の吉原から分岐しているので、東海道線の駅まで徒歩圏の我が家からは日帰りできます。
岳南の貨物列車の時間に合わせれば、程良いコースになりそうです。

三ヶ所目は、資料集めから逸れますが福島への帰省。
帰省先は磐越東線の船引なので、東北線・常磐線どちらからでも行けます。
東北・常磐線の普通列車にもグリーン車が付き、青春18きっぷでもグリーン料金追加で利用できるそうなので苦にならずに行けそうです。
黒磯で乗り換えを強いられる東北線より、常磐線の直通列車で平まで……。

(゚Д゚)ポカーン

今、上野から最遠で高萩までなんだ…。
それなら、どっちも変わらない結果ですな。
帰省ついでに、福島交通やひたちなか海浜鉄道への寄り道も面白そうです。

四ヶ所目は、佐久間レールパーク。
日帰りできそうで、無理ですね。
『ながら』で豊橋、2時間待って飯田線始発で中部天竜というパターンがベターなようです。
なんだか、『ながら』と飯田線の各駅停車なんて、考えただけで寒気してきた…。

五ヶ所目は、成田空港。
パスポートを持たない私には縁がありませんが、航空博物館と東成田を見に行こうというアホな目的。

さて、幾つ実行できるやら。
全て実行できずに終わる…という結末にならないように、同行者を募ってみますかねぇ…。
  1. 2008/06/16(月) 20:49:32|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2冊の古本

買い物に行ったショッピングセンターの中に古本屋が。
雑誌コーナーに、、『航空旅行ハンドブック国内線版 1989-1990』と『新・日本航空機ガイド Vol1・民間輸送機』という本が目に留まりました。
どちらも¥105という価格だったので迷わず購入しました。

『航空旅行ハンドブック』は、イカロス出版から刊行されている本で、割引航空券や飛行機の座席配置、路線紹介等の航空旅行に関する情報が満載されている本です。
その1989-1990版です。

中を見ると、割引航空券の種類が殆ど無かったり、JALが僅か17路線しか無かったり今では考えられないような内容です。
また、航空券の購入、搭乗の方法、手荷物の受け取り方まで細かく紹介されており、まだまだ空の旅が遠い存在だった時代を感じさせます。

そんな中、カラーページには懐かしい機種やカラーリングが載っていました。

航空旅行ハンドブック1


DC-10や、チャートラインのJAL塗装、ANAのロッキードL1011・・・。

そして、私の好きな南西航空やYS-11、B737-200・・・。

航空旅行ハンドブック2


殆どが今は見ることのできない航空機やカラーです。
もちろん、南西航空の広告も掲載されており、飛行機は遠い存在であったかもしれませんが面白い時代でした。

さて、もう一冊の『新・日本航空機ガイド Vol1・民間輸送機』は私の生まれる前の昭和52年に刊行された本のようで、オールモノクロながら当時の日本のエアラインで使用されていた全機種と、海外の乗り入れエアラインの大半の機種を写真と4面図を交えて解説し、退役した代表機種についても写真と解説を載せています。

新・日本航空機ガイド


航空情報別冊と書いてあるので、半分は業界向けなのかもしれません。

この本にも、機種名は知っていても見た事の無い飛行機が多数掲載されており、寸法こそ入っていませんが、模型ファンとしては4面図を見ているだけでワクワクします。

航空機ガイド-2


掲載されている写真も、JAL、ANAの大手だけでなく、しっかり旧塗装の南西航空や、日本近距離航空なんかもあります。

航空機ガイド-1


こちらのDC-8は、よく見ると今は無きJAAの機体。

JAA


つくづくモノクロなのが惜しまれますが、それでも当時の価格で¥1,400。
結構高価な本だったようです。


裏表紙の広告は、鶴丸の日本航空。
キャッチフレーズは、『優しい翼-日本航空』。
今でも、優しい翼であってほしいですね。

  1. 2008/06/14(土) 19:48:27|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は・・・・

副都心線開業のようですが、東北地方の地震の影響でそれどころでは無いようですね・・・。
地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

最近、運転会へ持ってゆく車輌が国鉄・JR型が多い事に気付きました。
それで、今年は私鉄を増やしてみようと思い今まで作った事の無い事業者のキットを購入してみました。

京王3000


先ごろ発売になった、京王3000系・1次車。
言わずと知れた井の頭線の主で、1次車は車体幅が狭く片開きドアという特徴的な車体です。
京王線とはあまり縁がありませんが、井の頭線は利用する事も多く3000系は揃えたい車輌の一つでした。
塗装済みという事もあって、気楽に取り組めそうです。
  1. 2008/06/14(土) 13:00:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後のモジュール

先日のオフで使ったモジュールを片付けていて、いくつか破損箇所が。
適当な運搬方法だったので、無理ありません。

大きな破損箇所として、空港モジュールの架線柱が一本折損していました。
今回参加したメンバー多くがモジュールの架線柱を取り外し式にしており、運搬を考えて割り切った方法も大切だと感じました。

他には小物が外れたり、ライケンが剥がれたりでほぼ想定の範囲。
やはり、後作の工場モジュールの方が破損が少なく経験の差が出ました。

さて、模型店に行ったら、モジュールに取り付けようと思っていた幾つかのアイテムが見つかりまりました。
今年のモジュール・オフは終わりましたが、来年に備えてモジュールを充実させて行こうと思います。
『レイアウトは完成が無い』という言葉を耳にした事がありますが、モジュールを作ってみて、この言葉の意味が分かったような気がします。
来年に向け、今年作ったモジュールを成長させるとともに、また新たなモジュールにチャレンジしたいと思います。
  1. 2008/06/14(土) 00:33:18|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『カラビサ』ライブ

行きつけの沖縄料理店で、島歌ポップスグループ『カラビサ』のライブがあったので行って来ました。

ライブ


沖縄民謡をポップ調にアレンジした曲を中心に2ステージのライブでした。

ライブ2


三線とキーボードをバックに二人のコーラスも良かったのですが、今一歩・・・という感じでした。
ライブの雰囲気やアレンジ曲のセレクト等、色々と挑戦しようとする姿勢は多いに見受けられたので、今後に期待したいと思います。
  1. 2008/06/12(木) 23:29:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モジュールオフ2008!!

土日は、参加しているCKCクラブのモジュール運転会がいこいの村あしがらにて行われました。
この運転会も今回で3度目となりますが、今まで都合が合わずクラブのお泊り企画参加できなかったので幹事になって自分の都合の良い日に企画・・・という実にワガママな企画であったりします。

土曜日は朝も早くから家を出て、幣クラブ副会長氏と合流しあしがらへ。
程なくメンバーが合流し、モジュールを組み立てて、6377mm×3977mmの巨大モジュールレイアウトが完成しました。

会長の開会宣言&開通式で乾杯!!!

開通式


以下、運転会の様子です。
のび鉄氏製作の国道を跨ぐ築堤モジュールです。

出氏築堤


畑や工場、イイ雰囲気です。
築堤に続くヤードものび鉄氏の製作です。

出氏ヤード


103祭り


ヤードに並ぶ水色の103系が一昔前を彷彿させますね。

東武と64


車輌を変えて、貨物駅風に。
どちらからでも入線でき、最低で12両程度の有効長は運転整理や撮影会に大活躍でした。

a氏製作の高架駅と路面軌道です。

a氏高架


a氏はレールを大量に持参されて部屋の開いたスペースに別エンドレスを組んでくれたので、多くのメンバーが同時に楽しむことができました。

こちらはあやにゃみ氏のヤードです。

B氏ヤード


入線は片方からですが、今回の運転会ではキャブコンなので問題ありません。
レイアウトには、ヤードの数が勝負ですね。

副会長氏のバス営業所モジュールです。
相互乗り入れ歓迎との事なので、我がオレンヂバスを大量に乗り入れました。

バス営業所ジャック!!!


横浜バス祭り開催????

横浜バス祭り


今回の開催地を走る地元のバスも忘れずに・・・。

富士急


クロポ氏製作の折本駅です。

折本駅


持参したキハ181を並べててみました。
ディーゼルカーが良く似合う駅ですね。

駅後方の緩い曲線は、昴氏が路面モジュール規格で製作した神社モジュールへ接続する為のアダプターモジュール。
緩い曲線が良い効果を出しています。

酉弐マニア氏の大盛駅と畑・有名店モジュールです。

大盛駅舎


ヤードに並ぶ車輌はもちろん・・・。

大盛駅ヤード


畑の脇を通過するクロポ氏製作の103系・石巻線色。

黒103


有名店では、行列ができていますね。

有名店


会長製作の鉄橋を渡ると、赤緑氏製作の鉄橋です。

酒匂川鉄橋


開催地にちなんで、『酒匂川』の名前が付けられています。
その先の駅も赤緑氏製作です。

TKK7000と鯨


手前味噌ながら、我がモジュールの様子を・・・。

空港前を行くあやにゃみ氏のBトレ211系。
成田線風!?

成田


クロポ氏製作のバスがお客さんを運んできたようです。

空港には、副会長氏の自衛隊のヘリが着陸・整備中です。

ヘリ


工場の前を走る副会長氏の京急400系

KHK400


どこかにありそうな風景です。

工場前の道路を行くクロポ氏の東武バス。

東武バス


観光落ちの路線車が良い雰囲気です。

レール運搬用チキそっくりのなが~いトレーラーが・・・・。

前長●m


全長●m死ぬ気で・・(ry

お腹も空いたので、崎陽軒の炒飯弁当で昼食。

炒飯乙


宿には温泉があるので、入浴したり昼寝をしたり・・・。

昼寝


そしてお楽しみの夕飯です。

飯


予想以上に良い質と量。
今回の宿は、従業員の方の配慮やサービスが行き届いており、参加メンバーの中からも不満の声が出ず幹事としてはありがたい限りでした。

夕食後も、運転会は続きます。
キャブコンにも慣れてきて、スムーズに運転できるようになって撮影する余裕も。

撮影


モジュールを見て行くと、部品の落し物も多数。
大きな落し物も・・・。

落ちた人


夜も更けてきたので、一旦切り上げて部屋でミーティング・・・という名前の呑み会。
夕飯が多く、ツマミや夜食用のカップラーメンが余るという誤算も・・・。

翌日も、チェックアウトの時間まで運転会です。

東と西


時間になり、一致団結で撤収。
12人もいると、早いですね。

私のモジュールで、一番運搬を悩ませたYS-11は、こんな方法でおさまりました。

YS運搬


途中の某中華系ファミレスで反省会。

ばーみあん


次回への企画、模型創りへの鋭気を養いました。

参加メンバーの協力もあり、無事にオフを終わらせる事ができました。
メンバー諸氏、ありがとうございました。







  1. 2008/06/09(月) 11:34:41|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

工場モジュール完成!!

先日の工場モジュールに細かいアクセサリーや、道路表示を施し完成させました。

工場モジュ全景


工場の様子を覗いてみましょう。

昼休みのようで、歓談中です。

昼休み


和気藹々の職場のようです。

こちらは、女同士の噂話。

女の噂話


「ウチの社長ったら・・・・・」
「えーイヤだわ~」
何を話しているのやら・・・。

午後の作業が始まったようです。
先ずは、材料の搬入から。

運び込み


この工場、何を作っているのでしょうね~?
私が一番知りたいです。

タンクの点検作業をしているようです。

点検


高い所が苦手な私にはできません。

おや?
社長が愛人と・・・・・

社長と愛人


何処へ行く(イク)のやら。。。。。

製品を載せたトラックが出発です。

出荷


満載のようです。

家路に向かう社員を乗せて、送迎バスが発車して行きます。

送迎バス


今日も、一日お疲れ様でした。


  1. 2008/06/05(木) 01:01:30|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

-200%

帰宅早々に工作を開始しましたが、YSのデカールはボロボロになるし、東急7000に屋根色を塗ったら粗が浮き出るし、東武のヨをブラスクリーンに漬け過ぎて真っ黒け・・・・。

工作時間が無駄でした・・・・。

  1. 2008/06/04(水) 20:32:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2機目のYSその後

とりあえず、ベースとなる銀と白の塗装を終えました。

YS-11塗り


モジュールも先が見えたので、次回はデカール貼りが出来るかなぁ・・・。

これから、泊まり勤務・・・。
雨上がるといいなぁ・・・。
  1. 2008/06/03(火) 12:59:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らしくなりました・・・。

ついに、モジュールオフまで1週間切りました。
工場モジュールの製作を急ぎます。

アクセサリーは、工場の塀から取り付けました。
付属の塀の取り付け脚をカットし、裏側の適当な箇所にPカッターでスジ彫りします。

塀


地形に合わせて軽く曲げて、モジュールに取り付けます。

塀設置


『隣の空き地に塀ができたんだって。』
『へぇー』

工場施設を設置します。
タンクはカワイ製の物で、大きいタンクは製品を2段重ねにしています。

工場施設


このタンク、何を貯蔵しているのか私にもわかりません・・・w

ライケンや、手元の材料を使って緑化してみました。

緑化事業


このあたりは、前作と代わり映えしません。。。。
もう少し変化を付けたかったのですが、まぁ次回作への課題です。

空港モジュール共々、エアーブラシで田宮カラーのフラットアースを吹きつけ線路を汚してみました。

汚し


随分と、感じが良くなりました。

とりあえず先が見えてきたので、2台繋いで試運転。

試運転


走行は問題ないようでした。

これから、一番楽しい作業です。
  1. 2008/06/03(火) 00:06:52|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一昔前の飛行機

塗装には絶好の天気ですが、残念ながら泊り勤務です。
明日も晴れるとイイけど…。

昨日でJALの鶴丸塗装が最期を迎えたようです。
私のアルバムから、ひと昔前に撮った飛行機の写真をUPします。

今は無きオペレーター、JAS・日本エアシステムのエアバスA300です。

JAS/A300


今は少なくなりましたが、チャートライン塗装のデザインは好感持てますね。

同じJASのB777です。
当時の最新鋭機だけあり、特別塗装を纏ってアピールしていました。
B777は各社がニックネームを付け、JASはその塗装から『レイボーセブン』と呼ばれました。

JAS/B777


JASのB777は外観だけではなく、客席にシートモニターを設置したり接客設備にも力を入れていました。

ANA・全日空のB747です。
塗装変更が行われていないので今と代り映えしませんが、機体側面のロゴが『ANA』ではなく『全日空』になってしまいます。
小さな変化ですが、確実に時が経った事を写真は伝えてくれます。

ANA/B747


モヒカンルックのようなインパクトはありませんが、いつまでも残ってほしい塗装です。

次は、ANAの777-300です。
こちらも、JAS同様特別塗装でアピールしています。
ANA/B777-300


ちなみに、ANAがB777のニックネームは『トリプルセブン』。
今では一般的な名称になっており、この『トリプルセブン』というニックネームはB777にはピッタリのニックネームであったようです。
ちなみに、JALは『スタージェット』でした。


ついに出てきました!!『鶴丸』塗装。

ANA/JAL


機種はB767でしょうか?
ちょっと自信ありません。
ポケモンジェットも懐かしいですね。

B747の鶴丸塗装です。
ちなみにB747の最大のユーザーはJALだそうで、B747で一番多かった塗装は『鶴丸』塗装だった訳です。

JAL/


正に『鶴丸』を象徴する機体ですね。

YS-11の写真も出てきました。
羽田空港発着路線からYS-11が撤退する時に、伊豆大島まで足を延ばした際に大島の空港で撮影した写真です。
この頃は、ANK・エアーニッポンネットワークによる運航でした。

ANK/YS


今でも独特のエンジンサウンドが忘れられません。
今では、YS-11も海上保安庁に残るのみとなりました。

初めて沖縄を訪れた時に撮影した、JTA・日本トランスオーシャン航空のB747-400です。
この時は、沖縄の魅力や沖縄出身の嫁に取りつかれるとは思ってもいませんでした。

JTA/737-400


南西航空時代のような強い自己主張はJALカラーに押さえ込まれていますが、垂直尾翼はJAL機と差別化されています。
この垂直尾翼のデザインはJAL機用に用意されていた物だそうで、JAL機に採用されていたら早い時期に『鶴丸』が消えていたのかもしれません。
JTAの機体の自己主張も今ではロゴだけになりましたが、JTAにはJALカラーに染まらずJALに無い独自の良さを保って欲しいですね。


僅か数年前の写真ですが、随分と昔のように思えます。
無理や無茶を強いられるような、今の時代が失ってしまった良い『落ち着き』があるからのような気がしてなりません。
  1. 2008/06/01(日) 11:54:58|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

続・無謀モジュール計画

あと1週間以内の完成を目指すモジュールの続きです。

寒い上に疲れたので、プラスターの着色と、パウダーを撒く程度の軽作業でした。

色塗り


パウダー撒き


こんなんで、完成するのかなぁ・・・。
そういえば、車輌を全く準備していない・・・・。
  1. 2008/06/01(日) 00:38:11|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。