もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年最後の更新

今年も残すところあと僅かになりましたね。

と、いってもそんな感覚は殆ど無く、予告通り夜明けと共にカステラ電車の塗装開始です。

しかし、作業に熱中しすぎて画像はありません。
その割には、2トーンカラーは大きくズレた仕上がりに・・・・oz

IMG_2652.jpg


直す元気も無いので、そのまま完成させました。
ま、気が向いたら塗り直します。

IMG_2654.jpg

我が家で初の東武“電車”です。

IMG_2658.jpg

今年の更新は、これをもって終了です。

今年も、色々な方にお世話になりました。
お世話になった皆様、弊ブログを見に来て戴いた皆様ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。


さ、夜の出勤に備えて寝ますかね・・・・。

皆さん、良いお年をお迎え下さい
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 17:46:29|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カステラ料理

最近、模型仲間でカステラ料理が流行っているようなので流行にノッてみました。

先ずはドンガラにします。

39

私は、2色の1つ目カステラ、つまりベージュとオレンジのツートンでシールドビーム化前の形態を作ってみようと思います。
ライトの加工が必要になりますが、部品箱から出てきた銀河の埋め込み型砲丸型ライトを使用してお手軽に加工します。

40

お手軽・・・の予定でしたが、φ2.4mmのドリル刃は持ち合わせておらず、適当な大きさの穴を開けヤスリでザクりながら穴を広げます。
時々、パーツを仮当てして状態を確認します。

で、調子にノッてザクりすぎると・・・・・oz

41

幸いこのミスは、プラ板とパテでデカバリーできました。

ライトパーツを取り付け、こんな感じで仕上がりました。

49

不要となるパンタ取り付け用の角穴を埋め、避雷器は別パーツにしますので取り付け穴を開けます。

IMG_2650.jpg

そして、ガラスのサッシをオレンジに塗装します。

44

はみ出した所は、完全に乾いてから爪楊枝でチュルチュル~と剥がします。
この時、必要な枠部分の塗装もハゲてしまい、再度塗りなおした箇所があるのは内緒で・・・。

夜が明けたら塗装です。


  1. 2008/12/31(水) 02:22:39|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙工作の話

そういえば、新年会まであと10日程。

先日の忘年会で、「花月園でペーパーキット教室をやりましょう…」なんて調子にノッて言ってしまいました。
既にペーパー工作をやっていらっしゃる模型仲間もいますので、昔取った杵柄を紹介する程度の“教室”になりそうですが開催したいと思います。
今回は、その予習編(?)です。


ペーパーはその素材の性質から、電車や気動車、客車等のいわゆる箱モノが向いています。
曲線の多い前頭部に、金属や木、プラ等の別素材を利用すれば限りなく表現の幅が広がります。
また、正確な展開図を描ければ、紙だけでも曲面を再現する事も可能で、私の友人には紙だけでサンライズ(285系)を作った強者がいます。

ペーパー車両はゲージを問わず幅広く行われていますが、HOゲージ向けの素材が多く流通しており作りやすいようです。

車体の構成は、大きく2通りあります。
左右の側面と屋根を一体で作り折り曲げ、妻板を取り付ける『ペーパールーフ工法』と、妻板・側面を別々に作り屋根は木製等の別素材で構成し、GMキットのよう方法で組み立てる『バラキット工法(勝手に命名)』があります。

前者は車体を軽く出来ますが、正確な展開図を描いたり屋根の曲面を正確に曲げる等の技術が必要です。
後者は車体がやや重くなりますが、オデコの造形を作りやすかったり、屋根の曲線を出しやすい等のメリットがあります。
今回は、市販のペーパーキットでも多数派を占める後者で解説します。

次は、車体の凹凸表現と使用する紙についてです。
扉やサッシ等の車体の凹凸は、金属キットと同様に外張りと内張りを貼り合わせて表現します。
大半の場合は、同じ大きさの外張りと内張りを貼り合わせて、1枚の側(妻)板を構成します。
この方法では強度的に有利ですが、接着面積が大きくズレた時に修正しズラい欠点があります。
よって、内張りは必要な部分(扉やサッシ)だけ作り、外張りに貼ってゆく工法もあります。
扉やサッシは、金属等の別素材のパーツを使用したりする場合もあります。
キットに占める割合は、両者五分五分といった感じです。

車体に使用する紙ですが、『ノンスチレンペーパー』という、画用紙やケント紙より少し厚く表面に光沢のあり耐水性の高い紙がよく使われます。
模型店では、車体製作用紙とか車体方眼紙等の名称で売られています。
最近では紙の目の方向(縦目・横目)の区別がされて売られているようです。
この紙の目の方向を上手く利用すると、曲げやすかったり、強度的に有利だったりするようですが、私は気にしたことがありません。
最後に床材ですが、木、プラ、金属と強度の保てる物なら問いません。
キットに付属している物の大半は木製です。

今更…という話ばかりになってしまいましたが、以上がペーパー車両の概要です。

次回のコラムでは、キットと道具の紹介をしたいと思います。
  1. 2008/12/29(月) 16:07:43|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後のヤッホゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!

今日は、あちこちの出先でジャンク品やら、衝動買いを・・・。
一人では悔しい(?)ので、某氏を電話で煽って道連れにしてみたり・・・。
そんな訳で、本日のの戦利品です。

36

また、浮気しながらの工作になると思いますがテキトウに状況は書いて行く予定です。

さて、帰りにいつもの中古プラモ店に寄るとコレが・・・。

37

そう。またなんだ。
南西航空のYS-11。
しかし、今まで購入した事のある南西航空のYS-11のパッケージデザインとは微妙に違っています。

これは、『南西航空~JTAヒストリー』という限定版なのです。
1回きりの生産だった為か、売っている所に遭遇したのは初めてです。
当時の販売価格の倍近い¥7,500の値段が付いていましたが、まぁ、次に会う事はまず無いだろうと即購入しました。

このキットは1/144スケールの旅客機では珍しい3機セットでデカールの選択により、YS-11が南西航空に導入された時のJALそっくりのカラー(まぁ系列ですから今のJJカラーみたいなモン)、尾翼のデザインを少し変更したカラー、1978年からのオレンジ色のカラー、そしてJTAカラーの4種類を製作できるようなっています。
前2者は尾翼以外は同じデザインなので、どちらか一方になってしまいますが・・・・。

38

それにしても、今年は飛行機のプラモがやたらと増えましたなぁ・・・。
来年はボチボチ組んでいかないと・・・。

これをもって、今年の買い物は最後になる“予定”です。



  1. 2008/12/28(日) 22:24:27|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末らしいです

今年も残すところ僅かとなりました。

仲間のブログを見ると、仕事納めとか、買い納めなんて記事が目立ち年の瀬らしいですね。

しかし、夫婦共にシフトの仕事をしている我が家では、毎年の事ながら年末だから何やろう…という事もありません。

よって、年末・年始は銀行や大半の病院・店舗が休みになり不便極まり無い時期でしかありません。

まぁ、こんな生活なのでヘソ曲がりな性格なのかもしれません(笑)

ちなみに、私の仕事納めになる12/31は23:45出勤!!
実働開始は、1/1・0:00~と仕事納めなのか仕事始めなのか微妙な勤務であります。
  1. 2008/12/28(日) 00:06:10|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カステラと工作再開

今年最後の完全公休日となる今日は、家事や年賀状を印刷したりしていました。

午後から工作をしようと切らしていたパテを近くの模型店に買いに行くと、鉄道コレクションの開封売りをしていました。
この店では世間の風と逆行して東武が一番の不人気だそうで、半額で叩き売りされおりついつい購入してしまいました・・・。

結果、昨日購入したBOXと別の店舗での開封売りを含めて計8両になりました。

33

この後、トレードでさらに2両来る予定なので、1本位ツートンに塗り替えてみても面白そうです。


さて、購入したパテを使って、営団7000系の隙間埋めをします。

34

それだけではパテが余るので、ついでに色々と隙間埋めをしました。

そして、床下機器も取り付け始めました。
かなりテキトウですが、キット付属の抵抗器ズラーよりはチョッパ車らしくなったかなぁ・・・。

35
  1. 2008/12/26(金) 23:59:36|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄コレ第9弾

仕事を終えて1日遅れで鉄道コレクション・第9弾を購入してきました。

63

今回は特に売れているようで、いつも行くお店では予約分以外は完売だそうです。
2箱、4箱と纏め買いが目立つそうです。ラインナップを考えれば無理の無い話かもしれません。

私も4両で揃えたい車輌が幾つかあるのですが、見事に模型仲間同士でのトレードが成立し1箱の購入で済む・・・・という実に素晴しいシナリオです。

早速、今回のシリーズで特に欲しかった山陽電気鉄道の702-709を路面モジュールで撮影してみました。
実車は、併用軌道時代の神戸市内と神戸高速鉄道地下線を走った事のある珍しい経歴の持ち主です。

65

大型電車が併用軌道を走る風景って、惹かれますね。小型も一部を除いて(←ココ重要w)もちろんイイですが・・・。

こちらは、路地から顔を覗かせる高床大型電車。

64

今度は、車輌に合せて地下線モジュールの製作ですか???


  1. 2008/12/26(金) 00:47:22|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らじこん

先日、模型仲間ののび鉄氏がラジコンについて書いた記事を見て、我が家にもラジコンがあった事を思い出し引っ張り出しました。

何かの機会だたまたま安く入手できた、1/80観光バスシリーズのうちの1つです。

7

買ってから走らせた事が無かったのですが、嫁が留守なのをイイ事に一緒に買った『教習所マップ』を広げて走らせてみることにしました。

パッケージを開くとこんな感じです。

8

走らせる事もさることながら、展示する事も考慮されしっかりしたディスプレイケース付きです。
ラジコンカーというと屋外でオフロードを豪快に走らせるイメージがありますが、このラジコンは屋内専用で電波の届く範囲も3m程度です。
プロポ(送信機)も、昔の十字キーではなくリアルな作りです。

コースを広げて・・・・・

12

運転開始!!!

16

このラジコンには前進が2段、後進が1段ですがさほど変わりません。
また、右左折はすぐにステアリング一杯に切れてしまうので、ラジコン初心者にはやや難しかったりします。

17

まぁ、路肩に落ちても実車と違って物損被害はありませんし、イタイ思いをする人もいません。












































































































































































たぶん・・・・・・・。

21



  1. 2008/12/26(金) 00:07:33|
  2. 自動車部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交流を考える

世間ではクリスマスらしいですが、関係なく仕事です。

さて、新年会のお題は『交流』と決まりました。
鉄道模型への復帰当初は、南東北に縁ある車両をコレクションしていたので、『交流』には事欠きません。
しかし、何を持って行こうかという悩みが…。

とりあえず、整備作業ですかね。
  1. 2008/12/25(木) 00:55:29|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手が動きません・・・・・・

仕事中は、「帰ったら、あーしよう。こーしよう。」と思うのですが、イザ帰宅すると何も手が動きません。。。。。

やらなけらばならない事もあるし、やっておきたい事もあるし・・・・。

で、結局今日も何も出来ずに寝ます・・・・・・・・・。
  1. 2008/12/22(月) 22:33:28|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケービン事業部発足のお知らせ

またもや、新事業部発足です。
つまり、浮気相手が1人増えた訳です(笑)

少し前から製作を再開した軽便気動車ですが、この車輌を作ろうと思ったきっかけは、沖縄懸営鉄道の風景を再現してみたかったから・・・・というものです。
車輌の細部は違いますが、雰囲気重視で簡単に再現して行こうと思っています。

そんな発足したての事業部に、やはり雰囲気重視の小型機関車が入線してきました。
ワールド工芸製・井笠コッペル風のBタンク機です。

96

97

名前の通り『タイプ』ですから、厳密なプロトタイプはありません。
もちろん、沖縄のケービンにもいなかったタイプです。
しかし、風景として再現するなら充分な機関車です。

とりあえずNゲージの線路でも遊べますが、適当なナローレイアウトも作ってみたいと思います。

95

その前に、ケービン気動車か・・・・。
  1. 2008/12/20(土) 13:10:35|
  2. ケービン事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営団7000箱組み完了

このところ、ご無沙汰していた工作記事です。

営団7000が、やっと10両箱になりました。

94

妻板の形態が何パターンかあり、パズルのような箱組みでした。
これから、隙間埋めと仕上がりチックの下塗り作業が続きそうです。
  1. 2008/12/20(土) 00:47:31|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水の舞台から飛び降りる???

よく立ち寄る中古のプラモデルショップに、少し前から気になる製品が並んでいました。
そのキットは、HawkのC-131。
旅客機党の私にしてはめズラしく軍用機のキットに興味が出たのであります。

このキット、以前紹介した『GMクラフツマンマニュアル』の『1/144のススメ』にも登場しています。
つまり、『C-131』とは米軍内で輸送機として使用された時の機種名で(実機の)メーカーの機種名は『CV-240』という小型旅客機なのです。
『CV-240』は、黎明期の日本のローカル路線で活躍し、南西航空では最初のフリート機でなりました。
そうなると、当然欲しくなるわけなのです。

話をキットに戻します。
このキットは1959年に発売された半世紀前の製品です。
後にも先にも『CV-240』と『C-131』は発売されておらず、非常に貴重なキットです。
そんな事もあってか、プレミア価格で1万5000円の高値が付いており暫く悩んでいました。

しかし、50年前のキットを探すとなると相当な労力ですし、見つけたのも何かの縁・・・購入してしまいました・・・。
どんな状態であっても不思議ではありませんが、清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。

早速、帰宅して開封してみました。

92

デカール以外は良好なコンディションで、CV-240として使う予定の私には良い買い物だったようです。

清水の舞台から飛び降りた影響か、微妙に足がイテテテ・・・・(←未だに抜けないマラソンの影響です。)

  1. 2008/12/20(土) 00:39:09|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝坊した…

と、言っても公休日なので問題ありません。

昨日の泊り勤務明けに、家の近い副会長を誘って地元で呑み、更に一人でもう一軒行ってしまい寝坊…というアホな次第です。

寝坊と言っても昼前には起きたのですが、嫁に頼まれていた家事やら家具の組み立てやらをやっていたのでこの時間に。

少し早起きをして京急の『ありがとうギャラリー』を追い掛けようかと考えていたのですが、この時間ではイマイチやる気が起きません。

とりあえず、出かけてみる事にします。
  1. 2008/12/19(金) 15:27:56|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CKC忘年会へ行ってきました

週末・土曜日はCKCクラブの忘年会でした。

その前に、池袋・IMONで0次会となる運転会という事で、池袋駅に降り立つと東上線ホームに

イターーーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーーーーー!!!

63

8111F。
最近塗り直されたてようで、ピカピカでした。
私の世代からすれば、めズラしい顔ではないのですがいつの間にか貴重品になってしまいました。
歳取ったという事ですかね・・・・orz

さて、池袋のIMONへ。
ここの貸しレイアウトは初めてですが、無理なく面白い線路配置になっており運転が楽しめます。

81

今回は、ローカル臭漂う列車がテーマという事で・・・

82

日本から海外までの田舎電車やら、田舎を走る寝台列車やらで賑わいます。
私は、ローカル私鉄の貨物列車・・・というコジ付けで岳南ED40とワム・ワラの紙列車を運転。

83

某貸しレイアウトの勾配がきつ過ぎてマトモに走りませんでしたが、ここIMONの勾配は楽々11両牽引できました。

2時間ほど遊んで、CKC御用達の御徒町の某中華料理店へ。
お約束の乾杯です。

88

会長は、今年も炒飯の1年だったようで・・・。
楽しく飲みました。

この後、御大が急遽企画してくれた2次会で再び池袋へ。

楽しい夜は更けてゆきました。

  1. 2008/12/15(月) 11:42:41|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄から帰ってきました。

6日目は、午前中の飛行機で帰宅します。

狙っていたJTA052便に空席待ちで乗れました。

2554

奥の海上保安庁の格納庫の前には、YS-11の『しゅれい』がいました。

2555

望遠レンズ持ってくればよかったなぁ・・・。



  1. 2008/12/14(日) 23:56:53|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ行ってきました 2008・冬(5日目)

5日目は、北部へドライブ。
クルマを走らせていたら、『フク木並木』の看板が目に入り立ち寄る事にしました。

ここ本部町・備瀬のフク木並木はサイクリングコースにもなっており、早速レンタサイクルで散策に。

2551

日差しは強いのですが、フク木がほど良い木陰を作ってくれているので快適で道も平坦ですので気軽に楽しめます。
沖縄ではフク木を家の周りに防風林として植えるので、このサイクリングコースは家の庭と区別つかないような所を通って行きます。
サイクリングをしていたら、何処からとも無くワンコが登場。

2552

「案内するよ!!」
と言わんばかりに、先導してくれます。

コースの途中には、並木から覗く海が。

2553

並木を抜けると、白い砂浜と青い海が広がります。

2549

この日は天気も良く、伊江島タッチュー(とんがりアタマの事)もはっきり見えました。
浜辺でしばらくノンビリ過ごします。
案内してくれたワンコは、修学旅行の高校生と戯れています。

帰りはワンコの案内(?)で海沿いの堤防を自転車で走ります。

ワンコは途中で観光客を見つけて愛想をふりまいているようなので、先に行く事に。
ちゃんとワンコが家に帰れたか気になりましたが、途中で自転車を止めて横道に入ったらワンコと出合った近くの場所。
遠くまで来たような感覚でしたが、すぐ帰れそうで一安心。

サイクリングを終えて、クルマを走らせるとすぐに何度も来た事のあるちゅら海水族館の前に出ました。
少しクルマで走るだけで、随分と雰囲気が変わります。

その後、再び北部~中部をドライブして帰宅しました。




  1. 2008/12/14(日) 23:52:44|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ行ってきました 2008・冬・4日目

今日もゆっくり起床しました。

午後から嫁とドライブに。
沖縄へ来たからには・・・という事でブルーシール・アイスクリームへ。
最近は積極的へ内地へも店舗展開をしているようで、我が家の近所へもあるのですがやっぱり本場で食べないと・・・という事で牧港の本店に来ました。

2543

嫁共々、ダブルを注文しました。

2548

隣には、ブルーシール直営のレストランが開店しており、デザートの後に食事という矛盾ながらもここで食事を。

価格的にはファミレスと大差は無いものの、味や量は遥かに上でした。
また寄りそうです。
  1. 2008/12/14(日) 11:46:14|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ行ってきました・2008冬・3日目

前日の疲れもあってか、昼頃まで寝てました。

嫁と近くのスーパー銭湯へ行ったり、整体でマッサージを受けたり・・・。

小腹が空いたので、A&Wへ。

2536

モッツァバーガーとカーリーフライのコンボを注文。

2535


マックなんかのバーガーとは格段に味が上です。
私の中では、値段・味のバランスも良く1番のファーストフード店だと思います。

このA&Wのドライブスルーは特徴的で、一旦駐車場にクルマを止めて駐車スペース脇のマイクで注文すると店員がクルマまで持ってきてくれるという内地には見かけないタイプです。
時間はかかるかもしれませんが、ゆっくり注文できるので好きな形態です。

A&Wの建物も特徴的なので、モジュールに取り入れてみたいところです。





  1. 2008/12/14(日) 11:33:07|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ行って来ました(2日目)

二日目は、6時に起床。

今日は、義父・義兄と共にNAHAマラソンに参加するため、朝食後準備をします。
この為に、嫁よりも1日早い沖縄入りをしました。

マラソンへの挑戦は、昨年のNAHAマラソンで義姉と義兄の結婚式の記念で義姉夫婦・義父・義弟と共に10キロのメモリアル・ランをした(その後に義姉夫婦の結婚式の強行スケジュールだった)のが初めてのチャレンジで、その後、今年4月にハーフマラソンのあやはしロードレースをなんとか完走した経験があるのみです。
つまり、フルマラソン初挑戦というワケです。

義父と義兄は、ほぼ毎日走るスポーツマンなので、準備も慣れたモノです。
一方の私は、運動音痴を絵に描いたような完全文科系人間であり、今回も模型作りが忙しく全くといえる位練習していません。
そんな状況でありますから、30キロ走れれば御の字・・・・という状況です。
さらに、いくつかのポイントで制限時間が設けられているので、30キロも時間的に難しいと思われます。

準備を終えて、スタート地点の奥武山陸上競技場へ向かいます。
少し遠回りですが途中駅からでは乗れない可能性もあるので、モノレールの始発駅・首里まで義母で送ってもらい、奥武山陸上競技場の最寄となる壺川駅まで向かいます。
予想通り、途中からは大混雑で各駅で積み残しが発生しました。

無事に奥武山陸上競技場へ到着し、手荷物預けたり準備体操をしたりしてスタートに備えます。

2533

今回の出走者は26,973名で過去最多だそうです。
それぞれのゼッケン番号毎の集合場所に並び、あと僅かとなったスタートを待ちます。
ちなみに、ゼッケンの番号は出場回数や過去の記録で割り振られるそうで、NAHAマラソンへの出場記録も多くそこそこのタイムである義父は番号が若く8300番台、昨年10キロで打ち切った義兄と私は25000番台です。
定刻の9:00に、平和のシンボルである『万国津梁の鐘』の合図でスタート!!!!!

とは言っても、最後尾に近い我々の列は全く動きません。
昨年の経験から、スタートラインの到達まで20分程度かかっているのでまだまだ先のようです。

徐々に動き出し、私がスタートラインを踏んだのは9:23:45”でした。

昨年の経験からして10キロまではジョガーが多く殆ど走れません。
走ろうとすれば他のジョガーと体がぶつかったりすので、歩幅が大きい私は普通に歩くのも一苦労です。
先は長いので、体力を温存しておきましょうか。


今日の那覇マラソンのコースは、奥武山陸上競技場から、豊見城市・南風原町・八重瀬町を通り、糸満市の平和祈念公園が中間地点として、再び豊見城市から那覇市の奥武山陸上競技場へ戻る42.195キロのコースです。


テレビのマラソンで見られるようなお揃いの小旗を振る沿道の応援風景は見られず、エイサーや三線を使って曲を演奏したり・・・と市民マラソンらしい応援が目立ちます。

こういった応援を見ているだけでも楽しめます。

10キロまでは昨年走った事のあるコースの上、平坦なので意外と楽な道のりです。
人が多く殆ど歩いているような状況ですが、1キロ7分のペースです。
走ってみても途中でヘタリ、結局キロあたりの時間は変わりません。

さて、10キロを過ぎいよいよ未知のコースを走り始めました。
未知とは言え、クルマでは何度も通った事がある道なので何処を走っているか分かるだけ安心感があります。
しかし、ここから暫く山登りとなり上り坂が続きます。
少し力を出し、小走りで山登りをします。

15キロ過ぎで、義母・義姉がドリンクを差し入れてくれました。
まだ、しばらく坂が続きそうなのでありがたい限りです。

このマラソンは、指定の給水ポイントの他、沿道の人がボランティアで飲み物やお菓子、サロンパスのスプレー・果てはマッサージまでしてくれるブースを設けてくれているので、非常に助かります。

20キロ過ぎで、義父を見つけ声を掛けます。
傷めている膝が辛いようですが、それでも出走するチャレンジ精神には脱帽です。

走りながら時計をでペースの確認をします。
やや落ちたかなぁ・・・と思っても、キロ7分のペースは保っています。
しかし、時刻は11:46。

最初の時間制限となる中間地点の制限まで30分程です。
少しペースを上げましょう。

その甲斐あってか、中間地点の平和祈念公園を制限18分前の11:57に通過。
スタートの待ち時間23分45秒を差し引いても、4月のあやはしロードレースの完走タイムよりやや落ちています。
まぁ、欲は出さずに行ける所までゆきますかね。

ここから先の距離は完全に未知の領域です。

沖縄本島最南端にあたる部分を気持ちの良い海風に当たりながら走ります。

2534


コースから見る海辺の景色もとても美しいのですが、戦時中は最大の激戦区であった場所。
途中、『ひめゆりの塔』の横を通過します。
『ひめゆりの塔』に献花をしたかったのですが、修学旅行の学生で混雑しています。
心の中で平和を祈って通過します。

ここでも、制限タイムより少し早い位。
先を急ぎます。

30キロを過ぎ、糸満市内の中心部へと入ってきました。
ペースを測るとキロ9分。
少し落ち気味です。

再び義母・義姉がドリンクを差し入れてくれました。
そのお陰もあってか、キロ7分のペースを取り戻しました。

しかし、足には痛みがあり、サロンパスをスプレーしてくれる沿道の人を見つける度にお願いします。
このお陰でだいぶ助かりました。

内地に比べれば高い気温ではありますが、20度程度なので4月に走ったあやはしロードレースの時よりは低い気温で走りやすい気候です。
それでも、水分補給はこまめに行います。

そして、最後の制限時間である33.4キロ地点・糸満市の阿波根交差点をやはり制限17分前に通過しました。
残りゴールの制限時間まで1時間30分ほど。

とりあえずキロ7~8分のペースで行けば、なんとかゴールでそうきそうです。

程なく那覇市の隣、豊見城市は入りました。
これで完走は出来そう・・・・と安心して振り返ると、マラソン集団の後ろが見える位置にいました。
これはヤバイとペースを上げます。

36、37、38・・・と沿道に立てられたキロポストが少しづつ数字が増えて行きます。
もうすぐ40キロ・・・と思ったら、ダラダラの緩い坂道。
疲れた体には堪えます・・・・。

追い討ちをかけるかのように、40キロを過ぎたあたりから右ひざ付近に痛みが。。。
少し先には『あと2キロ』の看板が見え、騙し騙し進みます。

そして、ついに『あと1キロ』の看板が見えてきました。

最後の力を振り絞りますが、思うように足が動きません。
ペースは相変わらずキロ・7分を保っているのが、不思議な位です。









[沖縄へ行って来ました(2日目)]の続きを読む
  1. 2008/12/12(金) 01:23:04|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ行って来ました。

予告通り、12/6~今日(12/11)まで沖縄の嫁の実家へ少し早い正月休みで里帰りして来ました。

嫁は仕事の関係で一日遅く来る事になっていますが、ちょいとした事情で私は先に沖縄へ。


夕闇迫る羽田空港から、ジャンボで出発です。

2532

[沖縄へ行って来ました。]の続きを読む
  1. 2008/12/11(木) 23:59:51|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せんとっぷ

少し前になりますが、KATOから発売されたEF64-1001(せんとっぷ)を購入しました。

この機関車は、高崎運転所『くつろぎ』専用機という位置付けだったようです。
製品は黒色Hゴムを使用した現行の姿ですが、『くつろぎ』をの先頭に立っていた頃は白(灰)色Hゴムでした。
そこで、以前EF64-1001に塗り替える為に確保していたこのEF64-1000とガラスを交換する事にしました。

同時に、EF64-1001には装備されていないクイック・ヘッドマークの機能をEF64-1000
から移植、あまり好きではない黒染め車輪台車を交換しました。

最後に黒色整形となっている屋上機械室(モニターというのは正しい表現ではないそうで捻くれて書いてみた)明かり取り窓のHゴムにグレーを挿し竣工させました。

IMG_2509.jpg 

さて、ドナーとなったEF64-1000は黒Hゴム・黒染め車輪ヘッドマーク機能なしのヘンテコ仕様の副産物となりました。

色ガマ以外の直流機には興味にが無いので、このEF64-1000をどうしようか悩むトコロであります。
  1. 2008/12/11(木) 10:11:33|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄骨架線柱

鉄骨架線柱というとTomixから以前リリースされていましたが、生産中止になって久しく中古でエラい値段が付いていたりします。

先日、模型店でDDF製の鉄骨型の単線架線柱を見つけました。

19

Tomixの架線ベースに無加工で取り付けられるので便利な構造です。

しかし、形態はこのカタチのみです。

20

これでは、曲線区間では内側しか設置できませんね。
そこで、Tomixの単線架線柱のビームを切り出し取り替える加工をしてみました。

21

Tomixの架線ビームは軟質プラ製の為、接着剤があまり効きません。
なんとかゴム系接着剤で強引に取り付けました。

ついでに、複線バージョンも作ってみました。

24

以前発売されていたTomix製の複線架線柱はビームも鉄骨でしたが、実物にはこのような形態もあるので問題ありません。

こちらも接着で難儀しましたが、後で考えたらGM製の架線柱からビームを持ってくればスチロール同士で接着が楽だった事に気付きました。。。。
  1. 2008/12/09(火) 10:00:07|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

叡電デナ300

鉄コレ第8弾のデナ301を動力化のついでにナンバーを変えてみました。

使用するナンバーは、MODEMOのモボ101に付属するインレタに含まれる302を使用します。

25


元のナンバーをシンナーを含ませた綿棒で落としますが、早速失敗・・・。
貫通扉部分は側面に比べて塗膜がウスイようで、緑がハゲてしまいました。
手元にあったGM・東急ライトグリーンでタッチアップしておきました。

26

まぁ、そんなに目立ないようです・・・・・・・・・。

インレタを貼りますが、このインレタの透明ベースが目立ちすぎるので、印象はイマイチです。

パンタ等の部品を取り付け、元通りに組み立てて竣工です。

28

製品と並べるとインレタが小さいですね。

3000

まぁ、チョコッとした方法で変化を付けてみた・・・というハナシです。
  1. 2008/12/08(月) 08:09:14|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんなワケで

毎年恒例の少し早めの正月休みで今日から沖縄の嫁の実家へ帰省です。

しかし、嫁は仕事の都合で一日遅れ。
フツーに考えれば不思議というか、アツカマシイ旦那でありますがこれには理由がありまして…。

まぁ、帰宅したらボチボチ書いて行きます。

とりあえず、普段のブログはお休みの予定ですが、書いていなかった小ネタなんかで繋いで行く予定です。
  1. 2008/12/06(土) 22:48:16|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営団7000その後

5両が箱になってホッとしたのも束の間、とんでもない組み立てミスが発覚しました。

7000系の2段窓車は、新木場方から、7100-(1段窓の7200~7600)-7700-7800-7900-7000の5両で、このうち先頭の7100と7900、7700がパンタ付きとなります。

自分が組み立てた7000系を見てみると、7800にあたる車両が2両ある反面7700にあたる車両がありません。
1両解体してパンタ付き屋根で再度組直すハメに…oz
簡単に解体できたのは幸いでしたが、それはそれで問題あるような…(苦笑)

出勤前の僅かな時間でしたが、勢いで2段窓車の直後に連結される1段窓の3次車7200と7600も箱にしました。

この2両は1段窓車のキットをベースに組ますが、2段窓車との連結面はキノコ貫通路となるので2段窓車キットの妻板を取り付けます。

これで、この編成のハイライと、2段窓車と1段窓車の併結シーンが再現できます。

31

気にしていた帯の高さの差も、カサ上げの効果で気にならないレベルになりました。

残り3両は普通に組むだけなのですが、明日の泊り勤務明けでそのままお出かけなので暫らく休工です。
  1. 2008/12/05(金) 14:16:07|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと

営団7000が5両ハコになりました。


18

でも、修正箇所が山ほどあります・・・。
実に厄介なシロモノに手を付けてしまいました。
  1. 2008/12/05(金) 01:14:21|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄博 再び

夏の18きっぷ消化試合で行き、あまり面白くなかった鉄博へ再び行ってきました。
当然、自分の意思ではありません。
嫁が行きたいと言い出しまして・・・。

と、いうのも、嫁の元・同僚のシングルマザーと人妻の子供が行きたいとの事で、オイラをお守役で連れて行くという魂胆。

特に、シングルマザーの息子・そうやクン(5歳・オイラの精神年齢と変わりませんなw)は鉄予備軍だそうで、鉄になるとロクな人生送らない・・・という事例を勉強をさせる良い機会かと・・・・。

湘南新宿ラインで行けば、大宮までも1本。1時間程の道のりです。

鉄博に到着し、シングルマザーと人妻と合流。
あちこち見学します。

嫁達には、車内が木造の車輌のレトロ感がウケるようで、やはり鉄な人間とは感覚が違うようです。

で、オイラは予定通り車輌よりも子供を見ていた・・・・・という感じでして画像が1枚もありません。

そうやクンは普段パパがいない所為もあってか、子供が苦手なオイラに懐いてくれました。
オイラも親父だからこそ教えてもらった事も多々あるので、オトナの事情とはいえパパがいないのは考えさせられます・・・・。

それにしても、子供のお守って重労働ですね。
つくづく親の偉大さを感じた1日でした。
  1. 2008/12/01(月) 23:05:10|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

早くも

ついこの前まで暑かったと思ったら、今日から12月ですね。

朝、洗濯機を回しながら営団7000系を一つ箱組みしました。

今日はこれからお出かけです。

シングルマザー&人妻と鉄道博物館デートだぜぇ(゚∀゚)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






































ま、嫁も一緒ですが…oz
ええ。鉄予備軍のお子様のお守りをさせられるだけなんですけどね。
  1. 2008/12/01(月) 11:53:55|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。