もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トンボ帰りの沖縄-2

さて、沖縄2日目はメインイベント・沖縄マラソンへの参加です。
当初は義父も参加する予定だったのですが、仕事が入り私のみの参加に。

フルマラソンは、那覇マラソンに続き2回目ですが、沖縄マラソンはアップダウンが激しく最高で110mまで登り、ゴールは0mという坂道が連続するコースです。
前夜、走った経験のある義父よりコースの説明を受けましたが、那覇マラソンに比べるとやはり相当キツイとの事。
沖縄マラソンは30キロ付近から3キロ程嘉手納基地の中をにもコースが設定されており、米軍基地の中を走れる珍しいマラソンなのです。

どこまで走れるか分かりませんが、基地の中までは走ってみたいところです。

準備を整えて、嫁とスタート・ゴール地点である沖縄県総合運動公園へ向かいます。
ゼッケンを受け取ったり、体を慣らしていたらスタート時間になり、一斉にスタート!!!

IMG_3014.jpg

スタート直後なので混雑していますが、那覇マラソンに比べて参加者半分以下なので、少なく走りやすくてイイです。

天気も曇りで少し寒い位のマラソンには最高の日和です。
途中の山越えに備えて、スタートからノンビリペース。
キロあたり8分・・・・。
少しノンビリしすぎたようなので、飛ばせるところは少し飛ばしてキロ6~7分位のペースで平坦な前半を進みます。

日差しが弱く、気温が低くても給水だけは小まめに行い進みます。
沿道では、応援やらボランティアの給水所等が多くあり、走っている側からすれば嬉しい限りです。

さて、6キロ過ぎから緩やかに始まった上り坂が8キロ過ぎで急な勾配へなります。
坂が続く場所でも平坦な場所は飛ばし、ペースを保ちます。
右側には世界遺産の勝連城を見ながら、10キロ付近までの上り坂を登ります。
この辺りが一番キツイと、義父から聞いていましたが難なく通過。

ホッとしたのも束の間、これから上り下りが続きます。完走を目標にしているので、ノンビリなペースでも先に進む事を選び体力を温存します。
ちなみに、15キロ付近で前半の最高地点である60mまで登り、約2キロかけて40m程下り、また約2キロで20m上り、また2キロ弱で10m程下るとやっと中間地点です。

中間地点を過ぎて少しホッとした途端に急な上り坂が出現。
気分的なモノもあるのでしょうが、この坂が一番キツイ上り坂に感じました。

この急坂を越えると、1回10mほどの上り下りがあった後はひたすら上りで、28.5キロ付近までかけてコース最高の標高110mまで上ります。

ここまで上り下りを繰り返すと足に負担がかかり痛みが出てきますが、沿道にはサロンパスのスプレー缶を振りながら応援してくれる沿道の方がいます。
ありがたくスプレーを拝借し、足をクールダウンさせて再度走り(歩き)続けます。

そして少し下ると、いよいよ嘉手納基地の第2ゲートが見えて来ました。

嘉手納基地といえば、騒音問題はじめ諸々で悪名高い場所です。
基地というと滑走路や軍港施設のみのように思われがちですが、基地の中には米軍の住宅から学校
、マーケット、病院等の施設があり1つの街が成り立っているのです。

やおって、基地の中のマラソンコースといえども滑走路を走るわけではなく、街の中を走るのです。

厳重な警備網が敷かれているゲートも今日は開いており、マラソンランナーが続々と入って行きます。
ゲートのの手前には、物々しいセンサーやカメラが設置されていますが、今日ばかりはボディチェックも無くスンナリと通過できます。

ゲートを越えた途端に幅広で一直線の道路が広がり、信じれない程広い間隔で建てられたデカい家や店舗が目に入り、ここが明らかに沖縄の街とは全く違う場所である事を見せつけられます。

この広い土地が沖縄にあるのに、沖縄の為にどれだけ活かされているのか・・・・。
この広い土地が沖縄の為に何ができるのか・・・。

基地を撤去すべきだと思いながら、基地の中で楽しんでいる自分に葛藤がないわけではありません。
このコースがあるが故に沖縄マラソンに出るべきかどうか、最後まで迷っていたりもしました。

しかし、基地の中に入った事が無い自分には良い機会と捉え参加する事にしたのです。

基地の中にも給水所があり、米兵さん達が『Goog job!!』と言いながらオレンジジュースを渡してくれます。
このオレンジジュース、何とも言えない微妙な味でした。。。。。。。。。

3キロ程基地の中を走り、第5ゲートを出て沖縄市内を走ります。
第5ゲートを出ると、上り坂が続きます。

さすがに足が痛くなり、走る元気がありません。
回りの人もそうであるように、自分のペースを守りなが歩みを進めます。

このマラソンは、仮装して走っている人も多く、目を楽しませてくれます。
ピ○チュウとキ●肉マンが並走しいたかと思えば、ウル◎ラマンに抜かされりと、見ていて飽きがきません。

そんな中、赤い帽子に赤いチャンチャンコ(ような物)を来たオジサンに抜かされてゆきました。
周りのランナーや、沿道の人は『還暦おめでとう!!!!』と声を掛け、中には拍手で見送る人も。

オジサンも『ありがとう!!!』と返しながら、素晴しい健脚ぶりで走って行きました。
見習いたい歳の取り方ですね。

健脚なオジサンを見送ったら、サンタクロースが登場。
沿道の子供から水を受け取ると、お返しに背中のリュックからキャンディをプレゼントしていました。

ランナーは沿道の人から差し入れを貰う事はあっても返す事はないので、素晴しい光景を見せてもらいました。

自分のタイムや記録だけで無く、沿道の人や他のランナーと一緒に楽しむ・これぞマラソンの醍醐味かもしれません。
運動嫌いの自分が、自らマラソンを走りたいと思ったのはこういった事が大きな原動力の一つでした。

さて、ダラダラ続く上り坂を進み球陽高校前を過ぎ再び最高標高である約110mまで達すると、国道330号線へ向け下り坂へ。

この辺りから日が強く照りはじめ、今回のマラソンで初めてサングラスをかけます。

この下り坂が結構なクセ物で、上り坂以上に足へふたんが掛かります。
無理せずリタイアをしても誰も文句を言いませんが、やはり完走はしたいもの。

騙し騙し進むと、ありがたい事に35キロ付近でマッサージのサービスが!!!
迷わず飛び込み、脹脛を中心に解してもらいます。

あ~生き返るワ~。

マッサージのお陰で随分と足取りも軽くなり、先を進みます。

瑞慶覧(ずけらん)交差点を過ぎ、北中城方向へ左折して間もなく義母がチョコレートを差し入れてくれました。
さらに進むと嫁からドリンクの差し入れを受け、完走を目指して先を進みます。

細かい上り下りを繰り返すので、マッサージをしてもらったとは言えすぐに痛みが出てきます。

それでも、少しづつ近づくゴールを励みに進みます。

そして、最後の大きな難関・1キロ強で60m駆け下りる下り坂!!!

正直上りよりもキツイのです。
随分とペースが落ちたなぁ・・・と感じるものの、実際には8分/キロのペースを保てています。

時刻は14時を過ぎたところ。
ペースを保てば充分に完走できる計算です。

なんとか最後の難関を下り切り、後は平坦なコースを沖縄県総合運動公園へ向けて走るのみ。

しかし、走る意志はあっても、体の反応は鈍い・・・。

少しづつ進みます。

残り1キロという所で、沿道のボランティアの方がお好み焼きをランナーに配ってますw
さすがに1/8位のピースですが、お好み焼きを配る人も珍しいですね。
折角なので戴きました。

程なく沖縄県総合運動公園の門を潜り、公園内のコースを走ります。
コースの脇では、嫁の妹夫婦が応援に駆けつけてくれて、最後の力を振り絞りゴール!!!!!

結果は、5時間25分2秒でした。

IMG_3018.jpg

前回の那覇マラソンの実走タイムは5時間35分21秒で、10分19秒の短縮しました。
1回目のマラソンと2回目では大きく短縮される事が多いそうで、今後がどうなってゆくか楽しみです。

それにしても、那覇よりも相当なノンビリペースで走ったつもりでしたが、実際は10分以上の短縮だったとは意外な結果でした。

今回何よりの成果は、前回の反省を活かし筋肉痛以外の痛みが出なかった事でしょうか。
体の慣れもあるでしょうが、前後の体のケアの大切さをつくづく実感しました。

最後にマラソンを走る度に感じる事ですが、楽しく走り完走する事が出来たのはスタッフや沿道で応援してくれた皆さん、そして、私の我がままに付き合ってくれた嫁とその家族の協力があってこそのことです。
改めて感謝します。

さて、マラソンの後は温泉でマッサージを受け、親戚回りをしていたら何時のまにやら夜に。
嫁の実家で、少し遅い嫁のバースデーパーティーとなりました。









スポンサーサイト
  1. 2009/02/26(木) 11:30:06|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖縄トンボ帰り-1

先週末に、2泊3日で沖縄へ行ってきました。
出発がグダグダだったので、後の行程もグダグダに・・・。

羽田では、北日本の寒波の影響で搭乗便が1時間以上延発が決定。
次の便と大差ないじゃん・・・・。

IMG_2996.jpg

まぁ、そんなんで、展望デッキでBooと一緒に飛行機見物で時間を潰す事に。

 IMG_2998.jpg

飛行機がハブ状に多数並ぶ情景は、最高ですね。

こっは、第1ターミナルから見た青組側。

IMG_2999.jpg

こちらの方が派手な飛行機が多いですね。

滑走路へ目を向けて、離着陸する飛行機を観察します。

IMG_2988.jpg  


 IMG_2989.jpg IMG_2990.jpg

大きさの違いがあれど、ボーイング機が圧倒的な勢力ですね。

ぼけ~と、眺めていたら、愛嬌のあるMD-81がプッシュバックされてきました。

IMG_2994.jpg

昔は、ボーイング727とか、MD-11とか、後部にエンジンを積んだ大型旅客機が多数いたのですが、今では珍しい存在ですね。
ボーイング機が台頭する中、愛嬌のあるスタイルは特に強い自己主張を感じます。

IMG_2995.jpg
じっくり眺めていると、模型で作りたい病が発症してきます。。。。

しばらくしたら、MD-90も。

IMG_3002.jpg

後で調べて気付いたのですが、羽田空港の13時代はMD機の発着が多い時間帯のようです。
今度は望遠レンズでしっかり撮影してみたいところです。

幸運の四葉のクローバー以上に珍しい、緑の尾翼のエコジェット。

IMG_3003.jpg

騒音やCo2排出量等環境に優しい事をテーマに運航されている機体だそうですが、一番エンジンが五月蝿く感じたような・・・・。(たぶん気のせいです)
数少ないJALグループの特別塗装機ですが、もう少しデザインに柔らかさがあってもイイような・・・。

さて、いよいよ沖縄へ出発です。

IMG_3007.jpg


今回も747。
この日は、移動だけで終わりました。。。。








 
  1. 2009/02/26(木) 00:40:33|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お詫び

先日の記事において不適切な記述があり、不愉快な思いをされた方がいらっしゃた事をお詫び致します。
  1. 2009/02/22(日) 00:37:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おでかけ

今日から2、3日留守にします。

本当は昨日から出かける予定だったのですが、諸々の事情で今日からに。
しかも、嫁共々寝坊・・・・。

嫁と慌てて準備をしていますが、我が家のオテンバ娘・Booだけは、キャリーケースの中で準備万端のようで・・・。

IMG_2986.jpg
  1. 2009/02/21(土) 11:05:59|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャンク品

度々このブログにも出てくる近所のリサイクルショップへ行ったら、ジャンク品が入荷していました。

IMG_2982.jpg

ついつい手を出してしまい散在・・・・っていっても、この量で¥1,600。
ジャンクの理由はケースやカプラーが純正でない事のようですが、見た目は問題ナシ。
かる~く遊ぶには最高の品物です。

  1. 2009/02/20(金) 23:47:19|
  2. 客貨車区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

呑んで来ました

本日は久々の公休。
CKCメンバーと呑んできました。
先ずはかんぱ~い

IMG_2974_20090219001729.jpg


今日の集まりは・・・・束弐派団結集会というメンツになってます・・・。
こんな人とかこんな人とか、こんな人とかこんな人とか、こんな人。で、ご意見番といったトコです。

ハゲしい東武電車のハナシの他、紙工作のハナシなんかも肴に・・・・。

IMG_2978.jpg

で楽しく2時間半飲んで・・・・・

おまけ↓ [呑んで来ました]の続きを読む
  1. 2009/02/19(木) 00:14:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅客機プラモ

「あ~疲れた…」
最近、ついつい口にしてしまう一言であります。
仕事が続き余暇が無いとと趣味にも没頭できません。。。

さて、昨日は久しぶりに早い帰宅…の予定でしたが、急遽職場を去る事になった先輩の送り出し行事に参加。予定より遅い帰宅になり工作予定はキャンセルにしました。

夜は昴氏への届け物があったので、修理から上がった旧ブ君でお出かけです。

少し早めに出て横浜西口・日ノ出町と寄り道し、旅客機プラモ探し。

エアーライナー(旅客機用)デカールだけは豊富に在庫があるものの、貼るキットが売っていません。。。

旅客機プラモの雄、エアフィックスが倒産(別事業者が事業継続)、ミニクラフトの国内代理店がアオシマになり旅客機プラモの取り扱い取り止め…と、明るい話題が無いので無理ないかもしれません。。。

さて、ジャンクコーナーには、日本の旅客機の雄・ハセガワのDC-3のバルクが\250売っていましたので購入してみました。

IMG_2964.jpg

このDC-3、1/200なのです。
ハセガワの旅客機プラモの基本は1/200なのでそれに合わせたのでしょうが、小さすぎる上、ハセガワのラインナップにDC-3と並べられる旅客機ってあったかなぁ…。
旅客機が無ければ、軍用C-47としての用途が思い浮かびますが、1/200の軍用機ってあるんでしょうか…?
機体が小さく、軍用機転用を狙ってかYS-11が国際スケールの1/144になっているのに、DC-3を1/200で設計するセンスって…。

模型屋を巡りを終え、昴氏宅へ。
我が家で余っていたパワーパックを譲渡したら、氏の好意でゴルフクラブを戴きました。

帰宅中に、旧ブ君のウィンカーがまたもやご機嫌斜め…。
早めに直したいのですが、今日も明日も明後日も仕事であります。
「あ~疲れた…。」
  1. 2009/02/14(土) 11:11:44|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日も明日も・・・・

仕事です。

今日も帰宅が遅く、僅かな作業です。
先日の新年会で、国立工場長様にメンテをして戴き復活した、旧作の都電7500型(ペーパー製・フルスクラッチ)用の排障器を作ってみました。



この作品を作った頃には真鍮を半田付けするスキルを持ち合わせておらず、出来合いの物を取り付けていましたがイマイチでしたので、復活を期に自作してみました。

同じ物を2つ作るって、難しいですね。
修正をしたりしていたら、微妙にスパンがズレたり・・・。
まぁ、取り付ける車輌もローグレードモデルなので、これで充分ですかね。

暇見て塗装と取り付けをしたいと思います。
  1. 2009/02/12(木) 00:45:18|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しは動く???

CKCクラブのお仲間は、モジュール製作が着々と進んでいるようです。
私は・・・と、いうと、12連続勤務(超過勤務時間を入れれば16日分以上ですな・・・)のド真中におりまして、イマイチ工作という気分になりません。。。

このご時世ですと贅沢な事なのでしょうが・・・。

さて、模型オハナシ。
信号所、終端駅・・・と、作りたいモジュールはイマイチ本命が決まりません。

余っていた材料で、カーブモジュールの構成をしてみました。
仲間の間では、大カーブが流行ってますが、天邪鬼な私は昨年と同じ小半径のカーブです。
材料棚の肥やしになりつつある砂利運搬船を登場させる為、高架線路を利用した運河の風景を考えたてみました。



ベースとなる4mmのベニアに高架線を載せ、他のモジュールとの高さを確認もしました。
結果、橋脚の最下端にある台座取り付けようの爪をカットするだけで接続可能でした。

画像に、『ペイント』で落書きして、イメージを膨らませてみます。

無題

高低差もあるので、思いの他メンドクサそうです。

  1. 2009/02/11(水) 00:38:15|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

55

JALの沖縄-東京線が開設55周年だそうです。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-140563-storytopic-4.html

私が最も多く利用する路線ですが、当時は今の運航本数の1/6。
当時の沖縄は今以上に遠かったという事でしょうか・・・。

所要時間が短くなっても縮まらない距離が未だにあるのです。

でも、その距離があるからこそ良きも悪きも沖縄なのかもしれません。。。


  1. 2009/02/07(土) 23:00:21|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

故障・・・・

気をつけてはいたのですが、ついに風邪を引いてしまいました。。。
昔から馬◎は風邪を引かないそうですが、どうしたやら・・・・。

時を同じくして、我が家の足である旧ブ君のウィンカーが出なくなり、工場に入院する事に・・・。
ウィンカーのリレーが昇天したそうで、部品交換で修理できるとの事。
まぁ、8,400円の出費で済んだのは幸いかなぁ・・・。

そんなんで、今日は工作がありません。
  1. 2009/02/06(金) 23:26:18|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強力電源

昨日、実家へ行った際に埃を被ったある物を見つけました。

アマチュア無線を開局していた時(今、局免失効中。また取ろうかなぁ・・・。)に使っていた安定化電源装置です。

IMG_2949.jpg

無線をやっている方ならご存知でしょうが、この装置はモービル機(クルマ用無線機)を家庭用コンセントで使う場合に電圧の降下と直流へ変換をする装置です。
鉄道で言えば、変電所のような役目をします。

そこまでして、クルマ用の機材を使わなくても・・・との声が聞こえてきそうですが、家庭用100Vから直接使える無線機は値段が高く、やや上級者向けグレードしかありません。
そこで、安定化電源を購入費を差し引いても安くシンプルな機材が揃うモービル機を家庭で使うアマチュア無線家が多くおり、この装置が登場するワケです。

さて、クルマ用の電源は12Vで鉄道模型と同じ電圧ですので、この装置を使って鉄道模型を動かそうとうハナシです。

この装置の出力電圧は0~16Vで、中央のボリュームにより調整します。出力の確認は、匡体に埋め込まれたスイッチの切り替えで電圧計と電流計に替わるスグレモノのメーターで確認できます。

この装置の出力端子に直接フィーダーを接続すれば、そのまま鉄道模型のパワーパックとして使えます。
逆転スイッチがないので、一定方向にしか動かせませんが…。

この装置で一番注目すべきことは、端子により6A~14Aと出力電流値が非常に高い事です。
電流値が高いということは、動力車や室内灯を多数装備した編成や、モジュールオフのような大きなレイアウトで運転する際の電圧降下対策に有利であります。

この装置をA.C.アダプター替わりに使用して、パワーパックに接続する方法が一番使いやすいでしょうかね。
A.C.アダプターと違い、微調整もできるのも便利です。

と、蘊蓄と妄想は膨らみますが、この装置をどう活かせるかは大きな課題です。
  1. 2009/02/04(水) 13:27:58|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色々と・・・・orz

昨日は公休でした。

久し振りに鉄道模型の塗装を。

IMG_2945.jpg

東急7000系を塗りましたが、修正中に先頭車が塗料皿にダイブして・・・・

IMG_2948_20090204130239.jpg

orz

まぁ、ウスい塗料だったので剥離せずにそのまま吹いてもイケそうなのは幸いです。

同時進行の営団7000系も、下塗り→修正の繰り返しをしています。
次あたりの下塗りで仕上げたいところです。

塗装の乾燥時間を利用して、モジュールの線路を引いたりしていましたが、本命で進めたいネタがなかなか決まりません。

夜は実家へ行った後、フレンドシップの工作をしました。

IMG_2947.jpg

主翼にエンジンが付きました。
こちらも、ボチボチト塗装工程ですかね。

さて、これから泊り勤務です。
  1. 2009/02/04(水) 13:14:33|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレンドシップ その2

先日組み合わせた機体の隙間にパテを盛りました。
垂直尾翼付近の隙間は特に目立つので念入りに仕上げます。

IMG_2943.jpg

埋まった凹ディテールは、ケガキ針で彫りなおしておきました。

左右の主翼も組み立てました。

IMG_2944.jpg

今月発売の『エアライン』誌の模型コンテンツでも述べられていますが、主翼の合いがスナップキットを意識したかのような硬さ。
取り付け前にパーツの周囲をペーパーがけしておきました。

機体との仮組です。

IMG_2942_20090201123626.jpg

機体と主翼の取り付け部分については、YS-11のキットと比べ物にならない位良い『合い』です。

ボチボチ本業(?)の鉄道関係も進めてゆかないと・・・。
  1. 2009/02/01(日) 12:48:10|
  2. 南西航空事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。