もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続くリベンジ

ここしばらくJAMの準備であまり工作できなかったのですが、リベンジで製作していた日立電鉄のモハ13の塗装が終わりました。

クリーム色は何を使うか迷いましたが、クリーム1号と朱色5号で塗り分けました。



自分ではイメージ通りの色に仕上がりました

さて、これからインレタ貼りと下回りの製作ですが、材料調達に時間がかかりそうなのでしばらくこのままになりそうです。。。。

その間に進められる物でもやりますかね・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/28(土) 22:15:31|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

煎餅と鯛焼き

職場の先輩から青春18きっぷを1枚譲って戴いたので、少し早起きをして銚子まで行ってきました。

地元から千葉まで2時間弱。
更に同じ程度の時間を電車に揺られます・・・・。

総武線沿いに山の中を走り・・・・

IMG_5714.jpg


銚子着。

IMG_5715.jpg

国鉄型でしたが、ロングシートでした・・・orz

さて、お目当ての銚子電鉄は既に出発準備を整えて発車時刻を待っています。

IMG_5716.jpg

営団地下鉄のお古という事で、各所に面影が残っていますね。

IMG_5717.jpg IMG_5718.jpg

IMG_5720.jpg

出発して一駅、仲ノ町で早速下車します。

IMG_5748.jpg


窓口で、銚子電鉄の1日乗車券と入場券を購入して、お約束の車庫見学

銚子電鉄のマスコット・デキ3。

IMG_5722.jpg

最近、ツートンに塗り替えられたようです。
この塗色は好きなので、電車も1両くらいこの色にしてもらいたいものですね。

こちらは、引退予定の旧型車群。

IMG_5728.jpg IMG_5729.jpg

痛みはありますが、車齢を考えれば良い状態です。

しっかり洗車機もあります。

IMG_5742.jpg

本線に近い側線では、“新車”の2000型や新しい方にあたる1000型が待機中。

IMG_5744.jpg IMG_5721.jpg

車庫見学を終えて、外川行き電車に乗ってまた一駅。

IMG_5751.jpg


観音駅で降ります。

IMG_5754.jpg IMG_5755.jpg

観音駅といえば、鯛焼き

IMG_5756.jpg

銚子電鉄直営で営業しており、手作り感たっぷりであんこがたっぷり詰った美味しい鯛焼きです

IMG_5757.jpg

再び外川行き乗り込みます。

IMG_5761.jpg

観音の一つ隣、本銚子付近では、緑のトンネルの中をゴトゴトと走ります。
海のイメージが強い電車ですが緑の深い場所もけっこうあり、車窓は飽きません。

途中の笠上黒生で銚子行きと交換待ち・・・。

IMG_5764.jpg

ノンビリした駅ですが、全線で唯一の閉塞取扱い駅で通票の交換(正確にあは外川方面はスタフ)をするので、電車が到着すると賑やかになります。

笠上黒生駅を出ると、キャベツ畑の中を海に向けて快走します

IMG_5765.jpg

そして、沿線で一番大きな駅、犬吠で下車。

IMG_5778.jpg

ここでは、駅に隣接した売店で銚子電鉄名物・『濡れ煎餅』を焼いており、一日乗車券利用者にはこの『濡れ煎餅』1枚をプレゼントしてもらえます。

IMG_5766.jpg IMG_5768.jpg

プレゼントしてくれる『濡れ煎餅』は、焼きたてホヤホヤの温もりの残る煎餅。
ただでさえ美味い『濡れ煎餅』がさらに美味い

腹も満たされたので、近くの犬吠埼灯台へ。

IMG_5769.jpg IMG_5770.jpg

駅から徒歩でも10分程。
上手く時間を調整すれば、30分毎に運転されている電車を待たずに済みます。
近代化産業遺産にも指定されている灯台を登れば、そこは群青の太平洋が広がる雄大な風景が広がります

IMG_5772.jpg IMG_5776.jpg IMG_5774.jpg IMG_5773.jpg

駅に戻り、一つ先の終点・外川を目指します。

趣のある駅舎が残る外川に到着です。

IMG_5789.jpg

線路の先には702号車と澪つくし号が留置されています。

IMG_5790.jpg IMG_5785.jpg


ポイントがあり車輌が既にいる状態でスタフ閉塞が成り立つのか少し疑問ですが、営業時間中は動かさなければ良いのでしょうか????


さて、折り返しの列車で銚子に戻り、帰りは懐かしい電車で成田回りでノンビリと・・・・

IMG_5810.jpg

小さな銚子電鉄の旅でしたが、沿線を含めて魅力的な場所が他にも多数あり、通ってしまいそうです・・・。







 










  1. 2010/08/28(土) 00:18:31|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAM

今年も、神奈川運転倶楽部のメンバーとしてJAMに参加させて戴きました。

開催前日・木曜日から設営を開始して・・・



例年に無い規模のレイアウトに仕上がりました。

ワタシの出展したモジュールは、線路の無いモジュール

暫く放置していた漁港のモジュールを突貫工事で製作し、何とか竣工できました

IMG_5686.jpg

で、角度を変えると・・・・

IMG_5688.jpg  IMG_5687.jpg

こんな感じ。

目立つ場所に置いていただけた事もあって、多くのお客様に見て戴けたようで、何よりでした

色々と展示がありまっしたが、グッときたのはこちら。


IMG_5695.jpg

箱根登山をモチーフにしたレイアウトですが、スイッチバックを巧みに利用して上方向へ線路を走らせて面白い線路配置です。

CKCモジュールにも取り入れられたら面白そうですね。


かなうんレイアウトの大きさもさることながら、例年に無い濃い内容で、あっという間の三日間でした。

参加、ご来場いただいた皆様、お疲れ様でした。
  1. 2010/08/24(火) 00:12:45|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日の日記

色々とあった一日だけれど、今日は否応なしにコレ


沖縄興南高校・夏の甲子園優勝

そして、史上6校目の春夏連覇



春の甲子園では沖縄勢の優勝はあったけれど、夏の全国大会での優勝は初めての事
合せて、過去に6校しかない春夏連覇を成し遂げると偉業を達成しました

本当に歴史に残る意味深い優勝ですね


試合は、東海大相模の先頭打者が出塁してどうなるかと思いきや、しっかり押さえて何時の間にやら猛攻撃で二桁得点

完封は逃したものの、最後まで投げ抜いた島袋投手が最後の一球を三振で押さえた優勝の瞬間は、電車の中でワンセグを見ながら嬉しさのあまり涙が出てきました


周りから見たら完全にヘンな人ですが、それでもイイ

スポーツを見ていて、これだけ感動できる事はそうそうに無いのだから・・・・


今年ほど、熱中した甲子園はありませんでした
なんでこんなに沖縄のチームに熱くなれるのか・・・・本当に不思議ですが、きっと来年も沖縄のチームを応援しているんだろうなぁ・・・・

本土復帰前の1952年に始めて甲子園に出場し惜敗し、甲子園の土すら持って帰れなかった首里高校から実に58年、春夏連覇という最高の形で沖縄の悲願を達成した実に素晴しい興南チーム

本当におめでとうございます

そして、お疲れ様・・・感動をありがとう

  1. 2010/08/22(日) 00:34:34|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月15日

今年もこの日が来ました。

終戦の日です。

あれから65年・・・・。

過去の記憶はだんだんと薄れて行き、過ちを繰り返さない・・・と口では言いながら、それだけ行動に移せるのか・・・・。

行動に移すことは容易な事ではありませんが、知る努力を怠らないようにしたい思います。

戦争で亡くなった多くの方々に合掌。
  1. 2010/08/15(日) 11:50:05|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月13日という日

宜野湾市の沖縄国際大学に、米軍ヘリが墜落してから6年がたちました・・・。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166313-storytopic-178.html


墜落から半月して現地を訪れる機会があり、商店や住宅が密集し、すぐ脇の道路や近くの交差点は非常に交通量が多い立地に驚きました。


IMG_2998_20100813224928.jpg

この立地で民間人へ人的被害が無かった(建造物の被害は大学校舎以外にもありました)の本当に奇跡だと感じると共に、今までの自分の経験では信じられない現実に呆然としました。

白亜の校舎に黒く残る焼け跡、黒く焼け焦げながらも立つ木・・・今でも当時の記憶が鮮明に蘇ります。

IMG_2999_20100813225230.jpg

IMG_3000_20100813224928.jpg



あれから6年・・・・。

沖縄の基地問題は未だに解決の糸口が見つかりません・・・・。

沖縄の現実、平和や過去の過ちを考えるきっかけとなり、自分の人生の中でも一つの転機であった事件でした。
  1. 2010/08/13(金) 22:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジその後

先日、火あぶりで一旦解体した日立電鉄・モハ13を組み直しました。

2回目の組み立てとあって、ズレたまま組まなくてはならない部分もあり苦労しましたが、とりあえず画像の状態へ。



問題の柱は、完璧ではありませんが前よりはマシになりました。。。。

IMG_5664.jpg

  1. 2010/08/06(金) 01:19:00|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレーパン→うどん→たこやきの日 

少し前の事ですが、先週の土曜日に幣倶楽部の会長のお誘いで、高尾山で飲んできました。

個人的に中央線方面はあまり行かないので、ついでに・・・と富士急線まで足を延ばしました。

八王子駅で富士急線直通のホリデー快速を捕まえて、河口湖を目指します。

大月から富士急線へ入ると、にわかに緑が増えますね。

IMG_5585.jpg

終点の河口湖に到着。

IMG_5587.jpg

まずは、駅前に保存されている、富士山麓電気鉄道のモハ1を見学します。

IMG_5589.jpg

昭和4年製の電車ですが、電気ブレーキを装備する等、非常に進んだ電車です。
床下の抵抗器も同世代の電車に比べると倍くらいの数が取り付けれています。
現在はパンタグラフ1基ですが製造当初は2基装備されていたようで、この辺りも電気ブレーキの関係でしょうかね。

で、小腹が空いたので、売店でカレーパンを購入。

IMG_5594.jpg

程よい辛さのカレーで、実においしゅうございました。

さて、次の目的、吉田うどんを食べに富士吉田まで下ります。

IMG_5595.jpg

富士急というと、やはりこの色ですよね!!

で、あっけなく富士吉田着。

IMG_5606.jpg



駅前の観光案内所でうどんのお店が載ったパンフレットを貰い、富士吉田で唯一、茹で汁のままうどんを出し客が出しをお好みで味付けする・・・という店を目指します

富士吉田のうどん店は広範囲に広がっており、徒歩で端から端まではとても回れません駅前は意外と数が少なく、有名所は駅から10分~15分程度歩く事になります

金鳥居をくぐり・・・

IMG_5597.jpg


御宿坊の街並みが残る坂道の通りをひたすら歩きます。

やっとたどり着いた『はなや』さん 。

IMG_5598.jpg


臨時休業でした・・・・・・

仕方が無いので、パンフレットを見直してシンプルそうなうどんの写真が載っていたお店を目指し、さらに15分程歩きます 。

たどり着いたのは、『天作』さん。

IMG_5599.jpg  IMG_5600.jpg



外見は洋風レストランのようで、うどんが出てきそうなお店ではありませんね。

パンフレットに載っていた『鴨なんばん』を注文

IMG_5602.jpg


噂通りのコシが非常に強い麺に、醤油と鰹の薄味の汁、薄味の好きの自分にとってクセになりそうなうどんです

鴨肉もシンプルであっさり味の美味しい肉でした

予定よりも時間が掛かってしまったので、大急ぎで駅に戻ります

IMG_5603.jpg

それにしても、立派な駅舎ですね。
スイッチバック式の構内は上手く配線されており、車輌工場やバス車庫も備わっており、正に富士急の中枢ですね。

IMG_5604.jpg

待っていると、河口湖行きの電車が入線。

IMG_5607.jpg

後ろの2両はレトロカラーでした。

IMG_5609.jpg

この色もイイですね!
鉄コレを・・・(ry

さて、帰りはフジサン特急に乗ります。

IMG_5608.jpg

この編成は、大月方に展望車があるのでもちろん展望席へ!!

IMG_5612.jpg

「出発進行!!!」

展望席から見ると、富士急線はつくづく山岳路線である事を実感できますね。

IMG_5614.jpg

IMG_5615.jpg

IMG_5623.jpg

坂とカーブの連続です。
空気指令式ブレーキだけに、絶え間なくブレーキが扱われている事が運転席から聞こえてくるエアーの音で感じられます。

途中駅で、フジサン特急と交換。

IMG_5617.jpg

結構乗っていますね。

大月でフジサン特急と別れて、高尾へ戻ります。

IMG_5630.jpg

京王高尾山口で、会長はじめ幣倶楽部のメンバーと待ち合わせて、ケーブルカーで高尾山へ。

IMG_5633.jpg

お目当ての高尾ビアマウントは、満席でしばらく入れないようで・・・。

IMG_5644.jpg

名物の天狗焼きを食べながら時間を潰しますかね。

IMG_5634.jpg

で、山頂からの眺めは霧の中・・・・orz

IMG_5646.jpg

IMG_5635.jpg

1時間程待ってやっと入場できました。

で、早速、かんぱーい

無題


この高尾ビアマウントは、2時間制のバイキングで色々な料理が食べ放題

中には、セルフで焼くたこ焼きなんていうのもありまして・・・・・

IMG_5637.jpg

最初はコツを掴めなかったものの、コツを掴むとなかなか面白く焼くのが止められません!

4回焼いて、5回目にチャレンジしようとした・・・

IMG_5639.jpg

明らかに使いすぎたようで・・・・。

あっという間に2時間が経ち、お開きに。
ケーブルカーで山を下ります。

IMG_5650.jpg

前にかぶりついていましたが、日本一急なケーブルカーだけあって、けっこうスリルあります

で、高尾からは、同方向のTakeBeau氏と115系でノスタルジーに浸りながら帰宅しました。

IMG_5652.jpg
IMG_5653.jpg


  1. 2010/08/05(木) 09:25:25|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。