もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年もありがとうございました

気付けば、2011年も大晦日です。
今年もこれから泊まり勤務なのであまり実感は湧きません。。。


今年は、東日本大震災や台風等の自然災害が日本列島を揺らした一年で、正直、良い年ではなかったかと思います。

こんな一年ではありましたが、弊ブログ恒例・製作車輌で一年を振り返ってみたいと思います。

・伊予鉄道600型
新年会のテーマ・『2両以上の前パン電車』という事であまぎモデリングイデア製のキットを製作したものです。
以前より組んでみたいと思っていたキットだけに楽しめました。



・養老鉄道ラビットカー(605+606)
数年前の福袋に入っていた・近鉄6800系キットを加工したもので、『卯』年にちなんだ新年会アイテムです。
たまたま福袋に入っていた・・・というだけで、興味もない車輌だったのですが、ネタとしての役割を果たしてくれました。

IMG_6556.jpg

・西岸良平さんのイラストが描かれた電車
MODEMOの完成品加工で、こちらもネタで勝負(色々な意味で・・・)な車輌ですね。。。

IMG_6854.jpg

・小湊鉄道キハ200
KSのキットとKATOのキハ20を組み合せて製作したものです。
初の完成品からのコンバージョンキットという事もあり苦労し、粗ばかりです。。。
しかし、完成してみれば嬉しいものです。

DSCN0835.jpg

・京急700系
リトルジャパンのキットから、非冷房時代に仕立てました。
高運の4両で満足してしまっていますが、あと8両作らないと700じゃない!!
あと8両は来年の課題ですかね。。。

DSCN1185.jpg

昨年の31両に比べれば、半分以下の完成量です・・・。
震災やそれに関して仕事が忙しくなった事もありますが、他の趣味へのウエィトを移し鉄道模型自体への興味が少し薄れた事もあるかと思います。
しかし、鉄道模型は多分止める事はないでしょうし、何よりも作った数よりも積んだ数が多い・・・という現実だけはのこりました(汗


昨年も書いていますが、何よりも作り残したものの消化・・・という課題でけはしっかりと残りました。。。
まぁ、来年は買わないようにする事を心がけたいと思います。。。


で、大晦日の工作台です。

DSCN2126.jpg

そして、来年の課題でもう一つ。
工作内容の記事化。。。記事を書くつもりで、撮影しながら工作をしているのですが、結局、記事にする時間を潰して工作に没頭してしまう悪い癖を直したいものです。。。

今年一年、弊ブログに遊びに来て戴きありがとうございましたm(_ _)m

どうぞ、よいお年をお迎え下さい。



スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 23:38:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

今年もいよいよ、あと僅かです。

そんなワケで来年のカレンダーを買いました。

DSCN2118.jpg


鉄道のカレンダーなら市井にも山ほどあり、新幹線とか特急シリーズなんかの方が飾り栄えしそうです。
しかし、どれもありきたり感があり、普段は鉄道のカレンダーなんかは買ったりもしないのですが、このカレンダーのタイトル『昭和の想い出』に惹かれ衝動買いしてしまいました。

開業前やその直後の写真を中心にモノレールと沿線の風景の写真を納めてあり、観光地や絶景の風景写真でもないのに車輌が一切写っていない月もあり、鉄道会社製作のカレンダーとしては少し異色です。
おそらく、正直、大ヒットをするようなカレンダーでもないかと思います。

しかし、よく利用する路線とあって、昔の風景写真には今と違う発見が多くあり、私の知る鉄道会社製作のカレンダーではピカイチかと思います。

ちなみに、A4版の二つ折りという使いやすいサイズで500円という値段も私の中では高ポイント!!!

カレンダー以上に資料としての価値が高そうなので、興味ある方は一冊如何でしょうか???
  1. 2011/12/30(金) 13:37:21|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の宿題

今年も押し迫ってまいまりました。。。

ここ暫くは呑みに行くのにとても忙しく更新を放置していました。

そろそろ恒例の新年会に向けたテーマに合せて、工作を開始することにしました。



まぁ、ずいぶん前から取り組んでいたのですが、記事にしていなかったのでアリマス。。。

この変態の極みのようなモニ101ですが、あまぎのキットらしくないエラく親切な説明書が入っており、あまぎのキット入門者向けの題材です。

と、万年初心者のgino-1がエラそうな事を言っております。

キットの方は、窓が少ない車輌だけあって、半田流し穴も多くしっかり組めるので、サクサクと進みます。

DSCN1737.jpg

側面を合わせた後に、保護用のベロをカットするのはいつものあまぎキットの工程ですね。

DSCN1739.jpg

続いてお顔・・・。

内張り・外張りの二枚重ねでお顔を作ります。

DSCN1740.jpg

半田流し穴から半田を流せば、半田メッキを使う必要も無く本当にクミやすいキットです。

そして、のっぺらぼうの貫通(していなさそうだけど・・・)扉を取り付けます。

DSCN1742.jpg 

いよいよ、顔を車体の後退角に合せて曲げ、車体へ取り付けます。

DSCN1743.jpg

この曲げ角度が微妙で、現物合わせでジワジワと曲げて行きます。

顔を曲げたら顔の取り付けですが、屋根肩のカーブが微妙に合わず・・・・ここはあまぎのキットらしい個性・・・。
この辺は、想定の範囲内の事なので気にもなりません。

一番隙間が小さくなる位置で取り付けて、取り付け後に半田とパテで修正・・・といういつもながらのお手軽工法でクリアーしました。

で、箱になりまた。

DSCN2112.jpg


が、ここで油断が出たのか、ランボードパーツは破損させる凡ミス・・・orz
只今、メーカーに部品発注中に付き暫し中断であります(汗

その間は、他の宿題でもやりますかねぇ。。。
  1. 2011/12/29(木) 23:37:15|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭文字D

なんて漫画が好きな人が周りに結構いますが、漫画の話ではありません。

先日、床下機器のパーツを探しにジーエムストアーに行った際、たまたま目に止まった床下パーツです。



パーツ品番『D』。
VVVF車用の床下機器のようです。
VVVF車世代の車輌とは縁が無いので見向きもしなかったパーツですが、このパーツをよく見ると、チョッパー車には必ず見られた『平滑リアクトル』(←だったかな?)も含まれています。(画像丸囲い)

DSCN2091.jpg

実は、『平滑リアクトル』で良い形のパーツはなかなか見当たらず、完成車からもぎ取るしかないかなぁ・・・なんて考えていました。

鉄道車輌工学に関してはド素人なので詳しいことは分かりませんが、VVVF車のパーツに表現があった異に気付かなかったのは盲点でした。。。

パーツ裏側の整形を見ると、切り出すには少し手間がかかりそうです・・・。

DSCN2093.jpg

その手間を差し引いても、チョッパー車には使いたいパーツです。

  1. 2011/12/18(日) 23:50:35|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大津線ラッピングコレクション

先日訪れた大津線には、色々なラッピング電車が走っています。

坂本駅から比叡山までを結ぶ坂本ケーブルのラッピング車。

DSCN1780.jpg

このラッピングも結構長いです。

『ガンダムAge』ラッピング車。

DSCN1781.jpg


ガンダムはよくわかりません。。。

で、人気No1.の『けいおん』ラッピング車。

DSCN1784.jpg  DSCN1785.jpg

ガンダム以上によく分かりません。。。
まぁ、大津線の集客向上になるのならイイ事です。


でも、やっぱり京阪大津線は緑であってほしい。。。。

DSCN1778.jpg DSCN1779.jpg

30分もいれば、色々と楽しめる浜大津駅前でした。
  1. 2011/12/18(日) 12:32:24|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーミングアップ

キハ07901。



インレタと小パーツの取付をしました。

DSCN2077.jpg DSCN2078.jpg

少しづつですが、工作時間を作りたいと思います。。。


  1. 2011/12/18(日) 12:19:55|
  2. 客貨車区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再び大津へ

先月に引き続いて行って来たワケです。



紅葉の石山寺と三井寺を堪能

            DSCN1751.jpg DSCN1759.jpg

大津を代表する有名な古刹でありながら、今回初めて訪れました。
どちらも境内が大変広く、ゆっくりみれば2時間コースです。

先の予定もあったので、早足で見るだけになってしまいましたが、時間があればゆっくり観てみたいと思います。

で、友人が電車の中で結婚パーティーを挙げるというので、乗車してきました。


DSCN1889.jpg

折り返し駅での1コマ。

DSCN1900.jpg

悪意を感じます(笑)

と、まぁ、今回も楽しい大津でゴザイマシタ。
  1. 2011/12/15(木) 10:26:30|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよならリトルジャパン鶴見店

今日をもって、リトルジャパン鶴見店さんが閉店しました。



GM鶴見店の頃から通い初めてから20年あまり。。。

常に作る楽ししさを教えてくれるお店でした。

割引販売が当たり前になりつつある中、定価販売ではありましたが、品揃えの豊富さや店主の知識やアドバイス等、行くだけでも大きな価値のある模型店でした。
それだに、根っこからの常連ファンも多く繁盛していましたが、店主のご家庭の都合で残念ながら閉店されるそうです。

公休日だった今日、最後のお買い物に行ってきました。

相変わらずの豊富な在庫で気になる物も多かったのですが、画像の物を購入。


DSCN2075.jpg

大手メーカーはもちろんの事、多くのガレージメーカーの製品も取り揃えていた同店らしい在庫といえるかもしれません。

初めてこのお店で買った物は、KATOの205系だったかと思います。
大手メーカーの完成品ばかり買っていた自分が、GMキットからはじまり気づけば金属キットばかり買うようになっていました。

金属キット作れるようになったのは、材料や道具の入手が容易で、そして分かりやすいアドバイスが戴けたリトルジャパン鶴見店があったからこそだと思います。

一度だけ、同店で購入したキットを組んだ拙作を店主に見て戴いた事があります。

「キレイに組んでるね〜。みんなキットを買ってくれるんだけど、完成を見せてもらえる事が少なくてねー。作る人がいると嬉しくなるよ。」

ご祝儀もあったでしょうが、店主に「作る人がいると嬉しくなるよ。」と仰って戴けた事は私の中では最高の一言です。

今日買ったキットや、以前買ってまだ組んでいないキットの完成を店主に見て戴く事はできませんが、精一杯組んでみたいと思います。

リトルジャパン鶴見店がなければ鉄道模型工作の楽しさに気づく事もなかったでしょう。
鉄道模型工作をきっかけに出会った友人も多くおり、極端な話をすればリトルジャパン鶴見店がなければ違う人生を歩んでいたのかもしれません。

ありがとうリトルジャパン鶴見店!!
  1. 2011/12/12(月) 22:29:14|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

忘年会

あまりにも色々ありすぎた2011年・・・。

どんな事があろうと確実に時は経って、忘年会のシーズンとなり、我がCKCモデラーズ倶楽部でも、忘年会を迎えられました。



無事に仲間と迎えることができた年末。。。

今年はつくづくそのありがたみを噛みしめるそんな忘年会でした。

会は、二次会、三次会。。。と続き、名残惜しくもお開きとなり、外に出れば皆既月食が。

上手く写せなかったので、画像はありません。。。



さて、新年会へ向けた工作にも力を入れないと。。。
  1. 2011/12/11(日) 09:57:48|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。