もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝練

先日の記事にもあったように、カメラを担いで朝の藤沢駅によく通いました。
こういう事を、『朝練』と言ったりもするそうですね。

その朝練の成果が出てきました。

ごくごく当たり前に走っていた113系。

img031.jpg

東京方の増結編成はJR東海の所属車もあり、基本11両共々趣味的に面白い車両も揃っていました。


やはり当たり前に見れた211系。   

img028_20130708001832.jpg

既に211系も東海道線から引退。。。
時の移ろいを感じます。。。

そして、特急用の251系SVO

img025_20130708001831.jpg

車両は現役ですが、塗装は変更されていますね。

この頃は、当然デジカメではなく、撮影→現像→プリントの段階があり、一回の撮影でそれなりにコストがかかり撮る物を考えたものです。

今みたいにデジカメがあればもっと撮れていたのに…と、ついつい欲が出てしまうのでアリマシタ。。。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/17(水) 20:21:14|
  2. 古の日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気暖房化

我が客貨車区に所属してい50系客車の車番を見てみたら、0番台の電気暖房非対応車になっていました。

東北のカマがメインで牽引するには変…ということで、電気暖房対応工事をしました。


DSCN6165.jpg

と、言っても、インレタを2000番台の車両に張り替えただけですが…(汗

DSCN6166.jpg

使用したインレタは附属の物でしたが生産時期によって番号が変わっているようで、変更前に使用していた番号がインレタに含まれていなかったりで興味深いですね。

それにしても、2000番台がオハとオハフ各2種類だけとは少ないなぁ…。
  1. 2013/07/13(土) 11:13:27|
  2. 客貨車区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EF66

、最近、模型仲間でEF66が流行っている(!?)ようです。

模型は大昔にKATOのEF66を2両持っていたのですが、とうの昔に廃車・解体されてしまい手元にはありません。
鉄道模型の動力車の構造を幼い私にタップリ教えてくれたワケです。

そんなワケで、実車の話です。
東海道線沿いが最寄り駅だった事もあり、EF66の牽くブルトレは日常的に見ていました。
しかし、東海道線筋のブルトレよりも東北筋のブルトレに興味があり、牽引機のEF66よりもEF65-1000の牽く瀬戸や出雲、銀河といった列車の方が九州ブルトレに興味があったのでした。

それでも、EF66の牽く上りブルトレは被写体としては手頃で、一眼レフに300mmの望遠レンズを購入した冬には藤沢駅のホームからブルトレを撮影していました。

何れも、1997年頃の撮影です。
 
先ずは上り富士。



この頃はまだ一本の列車で、東京発の九州ブルトレは2列車併決結果なんて考えられない時代でした。

続いて上りはやぶさ。

img023.jpg

かつては、日本一のロングラン列車。
東海道ブルトレの代表格でしたが、今や過去帳入り。。。
この頃は、廃止になるなんて思ってもいませんでした。

最後は、ヘッドマークなしの団臨列車。

img024.jpg

14系寝台車両で組成され、その当時廃止になって間もない『みずほ』の編成にそっくりでした。
ダイヤも『みずほ』と同じような時刻に通過して行きました。

この頃は、まだ寝台車を使う大口の団体需要も多かったのですね。


15年以上前のオハナシでした。。。

  1. 2013/07/08(月) 00:22:30|
  2. 古の日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道からの届け物-4

今日は下塗りして、下地の仕上げです。

DSCN6167.jpg


ここ数日、他にも模型を加工しましたが、その話は後々・・。

また、暫く休工です。
  1. 2013/07/08(月) 00:17:17|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お試しから-・・・

先日、某氏よりとあるキットを譲って戴きました。



少し前まで、Nゲージのキットと言えば、GM板キットが代名詞でしたが、今は残念ながら品薄ですね。。。


で、主な材料が揃ったので、お試しから本格始動へ。。。

DSCN6158.jpg

とにかく、削るのでアリマス。。。
  1. 2013/07/07(日) 13:07:31|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試しに・・・2

幕板のディテールも削ってみました。



再現用のっ素材も確保。
  1. 2013/07/04(木) 23:19:23|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道からの届け物ー3

さて、函館市電8000系の続きです。

まずは、屋根の加工です。
マスターピースのZパンタを使用するので、不要なモールドの切除からです。

その前に、パンタの取り付け足を合わせて取り付け穴を開けます。
現物合わせで、取り付け穴の位置を決めます。

DSCN6134.jpg

φ0.75で穴を開けます。

DSCN6136.jpg

モールドされているパンタの土台部分を切除し、跡を均しておきます。

DSCN6137.jpg

パンタの取り付け穴は、角ヤスリでパンタの取り付け足が入る大きさに拡げました。
これは、パンタの取り付け足が角型なので、なるべく穴が大きくならないようにする為の処置です。

パンタを仮に載せてみます。

DSCN6139.jpg

問題なしかな。


いよいよ箱組みですが、その前に側板のガラスパーツを仮組みして動力固定用のプラ材がガラスパーツに影響しないか確認します。

DSCN6140.jpg

OKですね。

で、箱組み開始です。

先ずは、定石通りL型に。。。

DSCN6142.jpg DSCN6143.jpg

で、屋根を取り付けて箱に。
隙間を修正し、動力に載せてみました。

DSCN6145.jpg


  1. 2013/07/04(木) 11:04:46|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道からの届け物ー2

さて、Zパンタをグレーに塗装しました。

086.jpg

予定通り関節に塗料が回り、動作もイイ感じになりました。

さて、キットのご開帳です。
あくまでも、1/150のプラモデルということで、釣り掛けの主電動機やギアボックスまで再現されています。

079.jpg

床下機器の再現も素晴らしく、このあたりのパーツだけでも分売してほしい位ですね。
しかし、動力化を目論んでいるので、使うパーツは車体の外に、屋根や屋上機器のみで、後は使いません。


080.jpg


で、車体パーツの切り出しです。

DSCN6125.jpg

車端のドア窓や、前面横の窓に少しバリと成型不良(形崩れ)があったので、ヤスリで整形しておきました。

側板の加工です。
トミーテックのTM-TR01で動力化するので、邪魔になる床下押さえのリブを削ります。

DSCN6126.jpg

動力の押さえとなるように、窓下1mm幅のプラ材を貼ります。

DSCN6128.jpg


また、動力の軸距を最大にし、凹みに合わせてt0.5、長さ(レール方向)6mm弱のプラ材を貼ります。
こちらのプラ材は現物合わせで、側板を組み合わせた時に台車の切り欠き中心にある凸モールドの位置に台車中心(ボギーセンター)が合う位置に取り付けます。

無題

次回は屋根の加工です。
大きなモールドを削る作業があり、メンドクサそうでやぁね。。。
  1. 2013/07/03(水) 00:20:51|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れた頃に青15号

随分と前になりますが、塗装に失敗した青15号の話です。

FARBEという新鋭のブランドから青15号が発売されたので、早速試してみました。
実験台になったのは、クロスポイントのスユニ50です。

088.jpg

薄すぎず、適度に深みがある青に仕上がり、個人的にはピッタリのイメージです。
車体が塗り上がったので、インレタの貼り付けです。
今回使用したインレタは、レボリューションファクトリーの『スユニ50』用のインレタ。
840円と少し高めですが、車番が豊富に入っており、標記や所属の標記まで入っておりお得感たっぷりです。

DSCN6111.jpg

車番は2035・郡山区の所属車輌にしました。

屋根の加工です。

DSCN6112.jpg

屋上機器を別パーツにしました。


屋根を塗装し、床下や窓ガラスを組み込み竣工!!

DSCN6124.jpg DSCN6123.jpg

磐越西線であったように、50系や旧型客車の編成に組み込んでみたいですね。
磐越西線では、スユニ50x2の運用も多かったようで、もう1両欲しいところです。

ちなみに、KATOの10系との比較です。

DSCN6119.jpg

ピッタリではありませんが、モリタの青15号の濃さよりも良い感じです。

  1. 2013/07/02(火) 09:52:24|
  2. 客貨車区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

試しに・・・

昨日のジャンクを一晩シンナーに漬けて、色落としと解体を。

ドアに表現されていた帯のモールドを削ってみました。

DSCN6110.jpg

思いの他、イケる???

残りの種車と幕板を表現する素材が入手できれば進められるかな???
当分先になりそうですが。。。
  1. 2013/07/01(月) 23:28:33|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。