もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【D60】塗装と仕上げ

キャブ前面の小窓にある庇を取り付けました。



幅1.5mmのプラ板が材料です。
郡山区のD60は、この庇があったり無かったりで個体差があります。

さて、車体関係が済めば、いよいよ塗装です。

プライマー→下塗りグレー→本塗装の黒・・・の順です。

DSCN6218.jpg

黒は艶消し黒に少しだけ光沢の黒を混ぜて少し艶が出るようにしてみましたが、効果の程は???です。
ちなみに、テンダーに取り付ける重油併燃タンクもパーツの状態で塗装しています。
テンダーに取り付た後だと、タンクの根元に塗装が回りそうにないので、このような工程にしました。


黒が乾く間に、ロッドに銀を入れます。

DSCN6221.jpg

直方区に限らず蒸気機関車のロッドにアクセントして赤を入れた例は多数存在しますが、郡山区のD60は銀一色のままです。
白ヒゲと呼ばれるランボード下の白ライン塗装も郡山区のD60には施されておらず、本当に色気の無い地味な機関車だったようです。

足回りの色入れは、先輪の輪心に黒を挿して落ち着けます。

前照灯や、標識灯に色入れをします。

DSCN6222.jpg

色入れをするのはこの程度です。
ホントに色気の無い(ry

塗装が乾いたら、テンダーに重油併燃タンクとナンバーを、エンジンに安全弁(KATOパーツ)、煙室ハンドル、ナンバー、キャブのガラスを取り付けて再度組み立てます。

DSCN6223.jpg

組み立てれば、D60-19・郡山機関区仕様の完成です!!

優雅な化粧煙突に対して、無造作に取り付けれたシールドビーム2灯、アクセントの色挿しも無く黒一色の無骨な車体・・・

そっして、テンダーにごっつく載る重油併燃タンク・・・

DSCN6224.jpg DSCN6226.jpg



無粋な後天的改造の極みですが、実用本位で贅肉の無いアスリートのようで美しく感じます。

DSCN6225.jpg

このアスリートを引き立てる客車や貨車を揃えてゆくのが今後の課題ですね。

最後にケースに重油併燃タンクを逃げを作って、D60-19の工作が完了しました!

DSCN6227.jpg

さて、これで暫く休工。
2ヶ月程度の予定ですが、1日も早く工作を再開したいところです。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 23:58:40|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【D60】デフの取付

D60に自作したデフを取り付けます。



デフの取付ステーには、幅1.0mmの真ちゅう帯板を使います。
現物合わせで工作していたら・・・

DSCN6213.jpg


自作デフを破損・・・・・orz

1枚作り直しました。

失敗にめげてもいられないので、現物合わせでステーを取り付けました。

DSCN6215.jpg

デフが少し大きいような・・・まぁ、こんな物か???
そのまま進めます。

後は、キャブの庇です。
  1. 2013/08/26(月) 23:16:14|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【D60】パーツの取り付け

大味で工作の邪魔だった、煙室周りの手すりを撤去しました。

同時に別パーツにする煙室ハンドルの中心に取り付け穴を開けから削り、やはり大味のモールドだった煙室扉の取っ手も
削りました。

ホント下手に大味のディテールになるのなら、元から表現しない方が正解かと思います。

手すりは、割ピンとφ0.2の真ちゅう線で再現します。

所定の場所に穴を開けて、割ピンを挿します。
φ0.2の真ちゅう線を割ピンに通し、割ピンと真ちゅう線が重なる所を瞬間接着剤で固定します。

曲グセを付ける為に画像の状態で放置します。



後ほど、前照灯の切り欠き等の手すりの不要部分をカットしました。
エンジン・テンダー共に、前照灯と標識灯を取り付けます。

DSCN6210.jpg

末期の郡山区所属のD60は、その殆ど(もしかしたら全機?調べられていませんが・・・)が前照灯がシールドビーム2灯に改造されていたようです。
当時の写真を見ると、その改造は実用本位の無造作な感じで一機一機で微妙な差があります。

模型的には大変興味深くオモシロいのですが、D60が本来持つ美しさが失われているようで純粋な蒸機ファンなら魅力を感じない部分かもしれません。

しかし、この無造作で不細工さこそが郡山区で活躍したD60の魅力だと感じています。


  1. 2013/08/26(月) 00:55:06|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【D60?】折れる・・・

D60の工作を進めていたら、φ0.4のドリル刃を3本折る始末・・・。

太さ、使用頻度からして折れる確率の高い刃ではあるのですが、腕が無いのだけは確かでアリマス。

こんな時は、自棄◎!!

DSCN6206.jpg

取引を兼て、仲間に近くまで来て戴き取引です。

某氏に無理を言って譲って戴いた品です。
いつもありがとうございますm(_ _)m

DSCN6208.jpg




で、台車1両分を除いて中古店やら、自宅在庫やらでこちらを揃えまして・・・

DSCN6207.jpg

久しぶりの箱作りも面白そうです。

先ずは主役かなぁ・・・。
長い目で見てやって下さい。。。

お集まり戴いたみなさん、ありがとうございました。
  1. 2013/08/25(日) 00:30:20|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【D60】車体加工ー1

前回製作したデフの上端を裏側からスジを入れ、僅かに曲げました。



さて、車体を分解します。

DSCN6194.jpg

マイクロエースの蒸気機関車は、全体のプロポーションは決して悪くないと思うのですが、ライトをはじめ無駄に凝って太い線になってしまい、大きな損をしているような気がします。

特に、煙室扉周りの手すりは無駄に立体にしてしまい、三枚目にさらに拍車がかかっているようような・・・。
分解すると箱物と違う蒸機を製品にする難しさも垣間見れますが、わざわざ三枚目仕立て上げていると思える位の部分がとにかく多いです。。。

分解してナンバープレートを外しました。

DSCN6199.jpg

廃車みたいです。

ナンバーを取り外した穴はプラ板とパテで埋めました。
別パーツに交換するライト(エンジン・テンダー)と、デフ、テンダーの標識灯、デフを切り取りました。
また、握り棒はデフの内側に付くので撤去しました。

削って、パテ塗って、この状態です。

DSCN6201.jpg

デフの無いスタイルもカッコイイなぁ~。

煙室扉周りの手すりは、太くて工作の邪魔にもなるので撤去しようと思います。
  1. 2013/08/22(木) 23:45:08|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【D60】デフの話

作ろうとしているD6019のデフは、ベースとなるD6031とデフの形状が違います。

どこかで、使えそうなデフのパーツが無いか探してみましたが、さすがにマイナーな機関車の上マイクロエースしか製品が発売されていないからか純正のパーツははもちろんありませんでした。

形状の似ているTAVASAの9600用のデフを当ててみましたが、横方向の長さが足りずボツ。

結局、t0.3のプラ板から切り出しました。

DSCN6186.jpg

小さい上に点検穴まで開いており、単純な形状のようで案外厄介でした(技量が無いだけですが・・・)
結局3組目で納得のゆく形状になりました。

切り出したデフに、ランナー引き伸ばし線で縁を再現してみました。

DSCN6191.jpg

その他のパーツも揃ったので、いよいよ車体加工開始です。

DSCN6188.jpg
  1. 2013/08/20(火) 23:00:49|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D60というカマ

ここ最近、気晴らしでネットを見ている時間が多いのです。
そんな中、1つの蒸気機関車が気になりました。

自分の生まれる前に保存機以外は全廃されている蒸気機関車に魅力を感じることは無かったのですが、自分にゆかりある土地を走っていたという事がありD60という蒸気機関車が気になりだしたのです。

D60は、D50の従輪を2軸に改造して軸重の低減を図り、線路規格の低い地方線区での重量貨物列車牽引に活躍しまた蒸気機関車です。

母の故郷がある磐越東線でも無煙化まで主力として活躍しており、それならば手元に置いておきたい・・・となったわけです。

D60のNゲージ製品としては、古くは中村精密から金属キットが、マイクロエースからは3タイプの製品が出ています。
また、ダルマヤからは交換用のエッチングナンバーが出ており、磐越東線で活躍した郡山区のカマの番号も含まれています。

まだ比較的入手できるマイクロエースのカマから、郡山区にいたカマへ化けそうなD6031・直方区仕様を購入してみました。

DSCN6182.jpg


マイクロエースのD60は、キャブの形状、ボイラーを跨ぐハシゴの位置、デフの形状等により作りわけられており、このD6031はデフの形状以外は郡山区在籍し、ダルマヤのナンバーにも含まれるD6019に似ています。
ダルマヤのナンバーに含まれる郡山在籍車はD6078もありますが、D60の特徴でもあある化粧煙突がパイプ煙突になっており、魅力に欠けます。

D6019への変更箇所ですが、デフの形状の他、重油併燃タンクの設置と前照灯のシールドビーム2灯化、白ライン消し、ロッドの銀色単色化等です。

さて、どうなるやら・・・。
  1. 2013/08/17(土) 22:56:17|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年夏

俺の夏終わった・・・。



沖縄尚学ナイン、素晴らしい試合をありがとう!!

お疲れ様でした。
  1. 2013/08/16(金) 11:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終戦の日

68年前の今日、太平洋戦争が終結しました。

『戦争』で命を落とすのは、戦争をすることを望んだわけでも、決めたわけでもない、武力や軍事力を持たない人々です。

当然のように彼らには家族があり、人として生きる人生があります。

『戦争』が引き起こされて、一番苦しむのは彼らです。

『戦争』は彼らの家族や人生を一瞬にして奪います。

一人ひとりの命は重いものです。

決して繰り返される事があってはなりません。

どんな理由であれ、繰り返す事は許されません。

毎年、この日になると思い出す言葉があります。

「戦争経験者が減ってゆく・・・とても恐ろしい事だ。」

中学の担任の言葉です。
当時の自分は深い意味を考えていなかったけれど、20年以上経った今、悲しいけれどその恐ろしさを感じる事があります。

今、過去の過ちを省みて『平和』という事について考え直してみる時なのかもしれません。


戦争で亡くなられた方々へ    



合掌


  1. 2013/08/15(木) 21:34:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月13日

9年前の今日・8月13日、沖縄県宜野湾市にある沖縄国際大学の敷地内に米軍のヘリコプターが墜落した日です。

事故から半月程した時に現場へ行く機会がありましたが、黒く焼けた校舎と土、半月程しても残るきな臭い臭い…。
それまで気にもしなかった、沖縄米軍基地の恐ろしさを思い知らされるには充分すぎる出来事でした。



今朝のラジオで、事故当日の現場を取材した様子を聴く事ができましたが、現場は米軍が閉鎖し、米軍が物証や私有地である大学敷地内の木をきりたおし斬り倒し現場を処理してまった様子がレポートされました。

地元の方が、「米軍は沖縄を占領地と思っているのか!」と憤っているインタビューもありました。

この事故では奇跡的に民間人への被害はありませんでしたが、沖縄国際大学以外にも建物等の被害はありました。


IMG_2999_20100813225230.jpeg

現場近くは、交通量の多い道路に沿って住宅や商店の立ち並ぶエリアです。
現場のすぐ近くにガソリンスタンドもありました。

IMG_2998_20100813224928.jpeg

IMG_3000_20100813224928.jpeg


あれから9年。

つい先日(8/5)も、沖縄県北部の宜野座村で米軍ヘリが墜落しました。
沖縄県民が強く反対する中、事故現場と目と鼻の先にある普天間基地へオスプレイが強行追加配備されました。

事故率が高いというオスプレイへの反対もありますが、何よりも基地機能強化=基地の固定化へつながるので反対しているのです。

自分は、この事故を契機に、沖縄歴史や沖縄の事、平和へついて考えるようになりました。
一人ひとりができる事は小さな事ですが、先ずは知り、伝えてゆくことが務めだと思います。

先に書いたラジオ局は、沖縄のコミュニティーラジオ局でした。
小さなラジオ局であっても、しっかり報道した事は立派です。
  1. 2013/08/13(火) 10:59:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10周年おめでとう!!

今日・8月10日で、沖縄都市モノレールが開業して10年になります。

DSCN5687.jpg


沖縄県で半世紀以上途絶えていた(期間が限定されていたものは除いて)、軌道系交通機関が復活でした。

10年経ったもののバスとの連帯不足等もあり、当初期待されていた公共交通機関の復権にはまだ道程が長そうです。

公共交通機関の復権に関して言えば、それまで醸成された文化や、行政力不力(中央省庁からそうさせられていた面もあります)もあるので、今後の課題でしょうか。

しかし、10年前は、バスとモノレールで出掛ける事が驚かれたりもしましたが、今は当り前のように受け入れられており、10年の進化だと思います。



沖縄都市モノレール

ちばれー!! 
  1. 2013/08/10(土) 16:37:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎原爆忌

今年もむかえた8/9。

原子力爆弾という兵器が、何故、短期間に2回も使用されなければならなかったのでしょうか?

そして、使用された意味は何だったのでしょうか?

答えは色々とあると思います。

平和の為に兵器を使う事は、平和とは思いません。

尊さを知っているからこそ伝える本当の平和を伝える大切さ。

平和の尊さを知っているつもりで伝え聴いた者が伝える大切さ。

平和の尊さを今こそ見つめ直さなくてはなりません。

長崎の原爆投下で亡くなられた方々へ


合掌。
  1. 2013/08/09(金) 20:25:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島原爆忌

今年もこの日が来ました。

毎年書いていますが、つくづく1年経つのが早いと感じます。

そしても、この1年の間も戦争は絶えず、核兵器も廃絶される事もありませんでした。


しかし諦めるのではなく、過去を教訓に核兵器廃絶・平和を求めて声を上げて行く事は無駄な事ではありません。

一人一人ができる事は小さな事かもしれませんが、過去の過ちを知り伝える事は私たちの義務ではないでしょうか?


68年前の原爆投下で亡くなった方々へ…合掌。
  1. 2013/08/06(火) 19:22:25|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。