もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カメラを持ってでかけよう4/5

先日の公休日に予告通り、青春18きっぷ使いつぶし旅行へ行って来ました。
今回は同行者が多数おります。
目的地は秩父鉄道。

とりあえず、朝も早くから出かけます。
地元の駅では、めズラしい列車に遭遇。

1348

隣のの駅で副会長と連結(物理的にはしておりません)。池袋に向かいます。

と、ここで、トラブル発生の一報。

池袋で連結予定だった車両が車輌故障の為に修理工場へ入場。急遽運休になりました。
まぁ、無理をしないのが何よりですね。

同行者が少なくなりましたが、旅はこれから。

池袋で、のび鉄氏を連結(物理的にはしておりません)し、秩父へ向かうべく黄色い電車乗り場へ。何年ぶりに乗るんだろう・・・・。

2

我々の乗る列車は、『ちちぶ5号』西武秩父行き。
発車時刻は迫れど、なかなか改札がはじまりません。

3

5分前にやっと改札が始まり、いよいよ乗車。
席に着くや否や慌しく発車します。
あまりにもギリギリだったのでちょっとビックリしました。

とりあえず、旅の門出を祝して、乾杯~!!!!!

4

と、始めたら
「俺を忘れんなゴラァ~」
と、掘米氏が登場。

6

この人、ヒマですね(笑)

さて、西武特急の車内では鉄&模型談義が進みますが、今日のメンバーはあれれれれ?????
 東派の諜報活動を呈しています。
西派はどうした??????
あ、小手指通過・・・。

飯能を過ぎると、山深い風景に。

5

池袋付近とは随分違う風景ですね。

横瀬の車庫の隅には、面白そうな車輌が・・・・。

7

車窓に見入っていたら、終点の西武秩父に到着しました。

ここから、秩父鉄道の御花畑駅までは徒歩。
頼んでもないのに堀米氏が案内してくれました。

7

仲見世を抜けて・・・

8

看板に従って進んだら・・・・

9

早くも貨物列車が出迎えてくれました。

小じんまりとした御花畑駅から、三峰口を目指します。

1363

改札周りの風景はなかなかイイ雰囲気です。

1364

掘米氏の余計な案内で、来た1000型電車に乗り込みます。
元・国鉄101系で、当時の雰囲気が車内随所に残っています。

1365

1367

鉄道扇風機も、今や貴重です。

1368

乗った車輌は昭和37年・日車製でした。

列車は、どんどんと山奥へ進みます。
今日は、秩父路遊々フリー切符を使っています。

1369

三峰口に到着です。

1370

俗化していない駅舎は、実に良い雰囲気です。

1371

駅ちかくにある、鉄道車両公園へ向かいます。
ここは、秩父鉄道で活躍した貨車を中心に機関車、電車を保存てある公園です。

入り口すぐに保存してあっったのは、ワキ824。

1382

国鉄ワキ50000型とほぼ同型で、袋詰めセメントの輸送に活躍した車輌です。

車内も公開しているので、入ってみました。

1380

ホント何もありません・・・。
鉄だけで、断熱材も無いので熱いこと熱いこと・・・・・。

次も同じく、袋詰めセメントの輸送用のテキ117。

1390

ワキ824に比べると、屋根が低く車内に仕切りがあります。

1389

似たような車輌でも、細かい違いがありますね。

こちらは2軸車のスム4023。

1392

袋詰めセメントの他雑貨を運んだそうで、地方私鉄らしい車輌ですね。

有蓋車だけだなく、無蓋車のトキ502も。

1399

荷台に乗ってみたら、底面は凸凹に。
無蓋車の荷台ってこんなになっているですね。面白いですね。

1394

堀米氏も興味津々で見ていますね。

1395

少し前(ふた昔位前????)の貨物列車には必需品だった緩急(車掌)車も展示されています。

1403

画像のヨ15はホッパーだった荷台を撤去し緩急車に改造したもので、珍妙な形態をしています。
もちろん乗務員室に乗る事ができ、車掌気分も味わえます。(面白くないけど・・・)
室内は木造で、外観の割りにレトロな作りです。
あらら・・・Hゴムがズラれて隙間が出来てます・・・・。

1398

ゴムは正しく(ry

公園唯一の電車、クハ二29+デハ107です。

1406

残念ながら車内は公開していませんが、荷物合造車とツリカケ電車という渋い編成です。

1411

茶色は現役時より赤味が強すぎるような・・・。

1408

銘板の方が本来の色のような気がしますが、どうでしょう???

貨車があるなら、機関車も必要な訳でして・・・当然展示されています。

1425

愛嬌のある凸電は、デキ1型で1922年・ウェスハンチング製の古豪です。
運転台の右下にある円筒形の物がマスコンで、手前に引くタイプです。

1429

電機の運転台というより、工業機械の操作機みたいですね。ラピ●タとかに出てきそう・・・。

もう1両展示されている電機は、元・阪和電鉄(現・阪和線)が1929年日本車輌(車体)と東洋電機(電気部品)に発注したED38です。

1432

こちらの運転台は、一般的な電機の運転台ですね。

1435

年代を感じさせるレトロなメーターも。

1437

足回りを観察していたら、砂箱の中から堀米氏が登場!!!

1439

見かけないと思ったらこんな所にいたのね。。。

最後はワフ50です。

1447

こちらもヨ10と同じく緩急車ですが荷物室が残してあり、改造もは970年代後半なので結構近代的です。
車内は鉄製の化粧板が貼られており、ストーブや作業机の上にも蛍光灯が装備されるなど、乗務環境も向上しています。

1442

スイッチ盤も、今でも見かけるタイプになっています。

1443

下回りを見ると、車軸発電機が装備されています。

1445

ここで、K氏が合流。4人となりました。

三峰口駅に戻ると、元・都営の5000型が来ていました。

1454

編成は短くなりましたが、都営時代の面影をよく残しており懐かしい雰囲気です。
その後、1000型の関西線色が来ました。

1457

関東育ちなので馴染みの塗装ですが、正面の警戒帯が表情を引き締める良いアクセントになっています。
程なく、キカイダー秩父路専用車の6000形も到着し一気に賑わいます。

1461

この6000形は、元・西武101系でよくここまで弄ったなぁ・・・と。
西武時代は車内は特に安っぽいイメージだったのですが、今ではその印象はありません。
ちょっと乗ってみたい車輌です。

折り返しは、この関西線色の1000型だそうで、乗って待つ事に。
運転台は国鉄時代の面影がよく残っていますが、マスコンが変られワンマン対応の為か車掌スイッチや自動放送のスイッチが新設されています。

1462

このマスコンは、小駄急とそっくりですね。
車掌スイッチは、京急他で使われている東洋電機製の物のようです。

発車時刻になり、モーターの唸りも高々に発車します。
貨物列車を追いかけどこか適当な駅で降りる予定ですが、まずは秩父にあるテキ200の廃車体を見に行こうと思います。

秩父に着いたのは、お昼前。
K氏の提案で、ここでお昼を済ませる事にしました。

先ずは、構内にあるテキの廃車体へ近づこうとしましたが、回りは私有地で敢え無く断念。
後ほど、秩父駅のホームから撮る事にしました。

ゆっくり食事をしていたら、羽生行きの電車が来る時間になってしまい、乗車。
とりあえずテキは、車内から撮影できました。

1464

乗った車輌は、元・都営の5000系。
車内も都営時代の面影がよく残っています。

1467

このつり革懐かしい・・・・。

途中の貨物駅・武州原谷では用途廃止になったセメント貨車が多数留置されていましたが、ヤード
はまだまだ空いている線路が・・・。
セメントホッパーなどの施設もゆっくり見学してみたいのですが、貨物駅なので電車は通過します。

そして、長瀞の清流を横にみながら電車は進みます。

1469

掘米氏も絶景に見入っております。

1470

秩父鉄道には失われつつある木造駅舎が多く健在で、その多くに駅員がいるのが嬉しい限りです。
地方私鉄の厳しい状況を考えると手放しには喜べないのかもしれませんが、合理化が全て良いという訳では無い事を思い知らされます。

どの駅で降りようかなぁ~と見入っていたら、貨物列車が待機していたので武川で降りてみました。

1473

機関車は、元・松尾鉱業のデキ108ですね。
編成は、秩父独特のヲキとヲキフで統一されていますね。

1474

1479

貨物時刻表によると間もなく発車時刻のようで、正面から撮影してみました。

1485

JRの貨物列車には無い独特の雰囲気がイイ(・∀・)!!


この武川は熊谷貨物ターミナルへと伸びる三ヶ尻線の分岐駅だけだく、機関車の基地になっているようで構内には多数の機関車が待機しています。

1498

これだけ多くの私鉄電気機関車が待機するシーンは、今や貴重です。
秩父鉄道の機関車は細かい違いはありますが、塗装と形態がほぼ統一されているので美しさを感じます。

1486

ここで、暫く撮影タイムに。

1491

機関車や貨車、通過する列車の撮影を楽しみます。

1493






機関車の機械室の仕切り窓に不思議な一文が・・・。

1503

普通係員以外は、機関車に乗り込めません(笑)

さて、まだ見ていない秩父鉄道の車輌を見るべく広瀬河原車輌基地近くのひろせ野鳥の森駅へ向かいます。

来たのは、オレンジ色の1000型。

1507

非常ドアコックのプレートも国鉄時代のまま。

1508

秩父鉄道では、注意書きの通り万が一線路に降りるときは、ほかの汽車にも注意しないといけませんね(笑)

さて、ひろせ野鳥の森駅に到着。

1511

最近立て替えられたようで、駅舎が真新しいです。
ここから、広瀬河原の車庫までは、10分程炎天下の道を歩きます。
やっと車庫の末端部分が見えて来ました。

1512

既にアヤシイ匂いが・・・。

1514

お約束(?)の廃車倉庫・・・・。

1516

貨車利用の救援車が留置されていたり・・・

1517

部品取りらしい国鉄12系客車が置いてあったり・・・。

少し進むと、ホキ10000型がロゴの変更工事をしていました。

1519

個人的には、こちらの方が好きですが、見納めになってしまいそうです。

1522

手前の石炭はSL用でしょうか?

工場の正門に回ると、行き先板を再利用したかと思われるネームプレートがありました。

1527

大きさも丁度良いようです。

クラの中では、SLがお昼寝中・・・・。

1528

実は、隣のDLの方が気になっています。

車庫前の踏み切りを渡ると怪しげな土手が・・・。

1531

何かの専用線の跡でしょうか?

1232

丁度、駅への戻り道なので歩いてみることにしました。

この土手は、車庫の留置車輌を撮影するのにも良い場所です。

1534

SL用の客車と補機のデキ200です。

1537

デキ200は台車も特徴的ですね。
単体でパレオカラーのデキを見ると俗化してしまった機関車ですが、客車と組むと締まって見えます。
カッコイイと感じるので不思議なものです。

駅に戻り次の電車まで暫し、休息。

1538

この後、熊谷で高崎線へ乗り換え大宮で栃木方面へ帰るK氏と別れ、3人で池袋へ戻って来ました。

1540

池袋で充実した旅の反省会を。

1541

あっ、掘米氏もいます。

1542

堀米氏は、酒に溺れたようです。

1544








スポンサーサイト
  1. 2008/08/16(土) 01:32:58|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<俺の夏終わった… | ホーム | 終戦祈念日>>

コメント

おはようございます。
先日はお疲れ様でした。また引率ありがとうございました。
それにしても記事の演出が凝っていますね(笑
沿線には見所が沢山あって、再訪を予感させるものもあります。
これでは有井の機関車も売切れてしまうわけです。
今頃欲しくなってきました。
  1. 2008/08/17(日) 08:23:17 |
  2. URL |
  3. ar-2 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
先日はお疲れ様でした。

たまには、記事にも変化をつけてみようか・・・との試みです。

私も、秩父鉄道は再訪しそうです。

有井の機関車は入手難のようですが、ワールドなら色々とありますよ。
  1. 2008/08/17(日) 22:06:40 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/133-f9af94ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。