もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苦労して首を絞めたハナシ~“習作”番外編

さて、“習作”のはずの京阪1700・1800ですが、だいぶカタチになってきたので当時の編成を調べてみました。

1700と1800を混結させて…と考えていたのですが、そういった編成は特定番号の1組(Mc1709-Tc1759+Mc1801-Mc1802)しか無かったようです。
ならば、1800を1801-1802に仕立てれば簡単なハナシ…と思いきや、特急色時代に前面貫通扉がHゴムになっていたのはMc1803-Tc1881+Mc1804の1本しか無かったようです。
まぁ、1804は輸送需要によっては切り離していたのでしょうが、1700系との混結は?です。
しかも、この1803~の編成は、神の与えたもふ試練の如く登場時からロングシートだったという点も何となく腑に落ちません(謎)。

貫通扉をHゴムタイプにする為に、苦労して工作をしたのに首を絞めるという阿呆な結果になったのです。


さて、この先どうしましょうか?
1.昨日出てきたデットストックから、1801-1802を作る。
2.組んでる1700を1800として仕立て1803と組めるようにし、デットストックを1700へ。
3.そのまま仕立てて、混結させない。
4.デットストックを切り継いで1810を作る。
5.そんなの関係ねぇッ!で気楽に楽しむ。

あなたな~ら♪どうする~♪
スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 23:57:46|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<習作その6とアタマの体操 | ホーム | 習作その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/171-545e09ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。