もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

習作その8 マイナス1

今日は勤務終了後に海老名まで買出しに。

28


相鉄線は、この色が落ち着きますね。
最近の新塗装は、どうも好きになれません。

ところで、海老名駅にあったコレ↓は何でしょう???

27

新7000系のような電車が描いてありますが、用途は全く不明です。

さて、帰宅後工作開始。
昨日組み上がった3番目の編成に屋根を取り付ける予定でしたが、先に組んだHゴム貫通扉の車体の1両の前面が大きく曲がってます。

29

当初の“習作”としての役目は充分果たし、このタイプの車体は特定番号しかおらず扱いズラい(?)上、新たに1編成組んだので、廃棄しても惜しくないはずです。
しかし、人間の欲望とは恐ろしいモノで、強引に直す事にしました。
まぁ、廃棄にするなら、やるだけやってからでも遅くありませんし。

早速、前面と側面の接合部分を切開します。30

そして、位置を直して半田で際接合します・・・と書くと簡単なのですが、プラの屋根があるので秘密兵器(?)パワーコントローラーの登場です。

31

コレを使い、鏝の温度を上がりにくくします。

半田付けの方はなかなか納得が行かず、大きく開いてしまう隙間を真鍮帯板で埋めたりしてみます。

32

こんな事を何度か繰り返していたら、プラ製の屋根が綺麗に取れました。

33

熱が程よく(?)回り、接着剤が緩んだようです。
半田を使う今回の工作では実にありがたい事です。

プラ部分が無ければ、怖いモノは嫁だけありません。
思う存分半田が使えます。
前面を外し再度Rを付け直しましたが、歪みが完全に取れません。
まぁ、遠目ならゴマカシの効く程度にはなったようなので、ロ型に。

何日か前の状態に戻りました。

34

接合部分に傷や隙間ができてしまったのでポリパテの力を借りて、ゴマカシます。

先ほどはズレた屋根を付け直し、仕上げたら最初の状態へ戻りました。

さて、お顔をこんな感じです。

37


ゴマカシた場所がバレバレですが、これでも随分とマシになりました。








スポンサーサイト
  1. 2008/10/04(土) 01:54:54|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔法の(?)ランプ | ホーム | 習作 その7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/174-d45d9891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。