もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな立役者

いよいよ今日で正月休みも終わり・・・というのが世間一般の流れでしょうが、常に平常モードであります。
最近の公休が12/26であった私は、未だに仕事を納めた気もしていません。

さて、いよいよ・・・と言えば九州ブルトレの全廃。
私はブルトレ好きという方でもなく、全廃に対する感情もありませんが、子供の頃手にした鉄道の図鑑や絵本には必ず九州ブルトレが大きく載っており鉄道に興味を持つきっかけになったのは間違えないようです。

それらの本に必ず紹介されていたのが、下関と門司駅での機関車交換シーン。
下関で1,000キロ以上をロングランしてきたスマートなEF65-1000が切り離され、東急線の電車と同じステンレス製ながら1つ目玉の古めかしいEF30に交換され、さらに次の門司駅でEF65を赤くしたような交流機関車(ED76とかED73とか・・・)にリレーされる写真が載っていました。

EF30は言うまでもなく関門連絡の僅かな区間のみに活躍した機関車ですが、本州と九州を結び交・直切り替えを越えるかなり重要なキーマンなのであります。


前置きが長くなりましたが、いよいよ幣CKCクラブの新年会が来週になりました。
今回のテーマが『交流』という事で、交流区間を走った車輌がテーマに該当します。
そこで、我が家で駄眠をしていたTomixのEF30を加工する事にしました。

加工点は以下の通りです。

・パンタ下のシースルー化
・誘導員手すりとステップの追加、片側エンドの前灯をブタ鼻化
・車体塗装の塗り直し(メタルカラーの実験)
・屋上機器の色入れと、屋根色を暗くする。

の4点です。

パンタ下のシースルー化は、車体とは別体になっている屋根にあるパンタ取り付け台を穴を撤去し
、その穴をランナー引き伸ばし線で埋め平滑にしておきます。
多少荒れていてもパンタの下なのであまり目立ちません。

誘導員手すりとステップの追加は、ストックのあった銀河モデルのパーツ(手すりはED75用)を利用しました。
誘導員手すりは、もう少し低い位置でも良かったかなぁ・・・と反省しています。


片側エンドの前灯をブタ鼻化には、レボリューションファクトリーの気動車・電車用をグレーに塗り使用しました。
これは、実車が片側だけ気動車や電車用のブタ鼻でシールドビーム化されている例が多く真似てみました。
1両で2つの顔が楽しめるのもオイシイ話です。

画像は前後しますが、こんな仕上がりです。

IMG_2669.jpg

こちらは原型顔。

IMG_2670.jpg

実車が片側ブタ鼻化されていたかアヤシイところですが、ナンバーは5号機にしてあります。
これは、模型的に映えるので三菱の赤いメーカープレートを付けたかった・・・という理由で特定機仕様ではありません。
私は、屋根色等実物と違っていても、模型的に映えるように作るのが1つのポリシーだったりします。

さて、メインの車体塗装です。
今回使用したのは、クレオス・メタルカラーシリーズのステンレスです。
エアーブラシによる吹きつけを原則とし、乾燥後に布でみがくとステンレスの質感が出る・・・というもの。
本当はスーパーステンレスを試したみたかったのですが、近所では在庫切れでメタルカーラーで試す事になりました。

下地に、グレーを吹きメタルカラー・ステンレスを吹き付けます。

IMG_2664.jpg

この塗料は、少量づつ吹き付けないと流れてしまいなかなかノッてくれません。
エアーブラシのニードルの開きを最小近くまで閉じて塗装しました。

乾くと暗いグレーのような仕上がりです。

IMG_2665.jpg

いよいよ磨きます。
手にウス手の手袋をし側板を挟ん左右に動かすと、簡単にチュルチュル~と磨けます。

IMG_2667.jpg

で、研磨前と研磨後の比較です。

IMG_2666.jpg

画面左側が研磨前、画面右側が研磨後。
研磨後は、ツルツルピカピカのステンレスのような質感になります。
ただ、擦りすぎると、メタルカラーがすぐハゲるので注意が必要です。

屋上のの高圧機器に色入れしてデキターーーーーのはずでしたが、カッパー(銅色)の瓶を開けたら塗料がカチコチに・・・・・・orz

完成までもう一息で足踏み状態で作業終了となりました・・・・。

IMG_2671.jpg








スポンサーサイト
  1. 2009/01/04(日) 22:07:17|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紙工作の道具 | ホーム | ペーパーキット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/260-aa9265ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。