もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東急7000

鉄道車両工作から遠ざかっていたので、塗装を剥離したまま放置されていた東急7000を少し進めました。ナンバーもなんとかなりそうな目処がついたので、8両貫通編成で組む事にしました。

車体が歪んだり、破損の酷い3両は廃車にして新たに作り直しました。

箱にした7000


それにしても、このキットは組み辛いですね。
復帰の第1作目によくこんなキットを選んだものです。・・・当時の私。
それもあってか、修正箇所が多いこと・・・・。我ながら下手さ加減(今もね・・・)に呆れます。

ヘッドライトは、BONAの薄付けシールドビームに交換するので、取り付け穴を開けておきます。

7000顔


本来なら箱組みする前に行う作業ですが、当時は別パーツ化なんて思いつかずこんな良いパーツも製品化されていませんでした。
ここ数年の進化ですね。
この前面、鉄コレより良い出来と思うのは、買えなかった人間の負け犬の遠吠えでしょうか・・・?

床下はそのままの予定でしたが、どうしても許せない箇所があり手を加える事に。
それが、このC-1000型コンプレッサー。
長らくGMの18m級私鉄電車の床下に君臨してきましたが、このコンプレッサーは何故か上下逆にデザインされています。上下をひっくり返してもやっぱり変なデザイン。
目を瞑ってひっくり返して誤魔化す手もありますが、近年素晴しいディテールのC-1000型コンプレッサーが再現された床下パーツが発売されたので交換しました。

CP


イイですね~(・∀・)
しかし、これが土壷に嵌り、床下機器を全面的に弄る事に・・・。

先ずは資料が見つかったパンタ付き車の抵抗側。

P付き床下抵抗側


回生ブレーキがある為か、案外、抵抗器が少ないのですね。

同・制御器側。

P付き床下制御器側


近いもので適当に纏めましたが、キッットの物よりはマシになったかなぁ・・・。

P無しのコンプレッサー側もやってみましたが、反対側は材料切れで作業できず・・・。

P無しこんぷ側



で、オマケです。

おまけ


スポンサーサイト
  1. 2008/03/01(土) 19:04:30|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東急7000床下 | ホーム | モジュールボード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/27-38efa459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。