もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青組のハナシ

日本の飛行機で赤組・青組といえば、JALとANAの事を指すそうです。
JTA・RAC党の私は赤派。
プラモのストック(←ここ重要w)も、赤・・・というよりオレンジ組(南西航空)が圧倒的に多く、そうでない物も赤組前提で購入してあったりします。

昨年一年かけて旅客機プラモを集めた結果、ほぼ欲しい物が揃いました。
当然作る目的で購入したのですから、作らなければ意味が無いわけです。

そんな訳で、我が家で唯一青組のまま製作すると決めていた、童友社・F-27・フレンドシップを組む事にしました。
鉄道車両工作で息詰っており、気分転換だあります。

実機のハナシは、この辺を参考にして戴くとして、模型のハナシです。



童友社のフレンドシップはデカールの違いで2種の塗装がラインナップされており、今回作るのは初回限定版の『モヒカン』塗装です。
数少ない1/144スケールの日本の航空機キットで、旧塗装盤なら比較的入手しやすいキットです。
この飛行機が日本の空から退役したから生まれた私は実機を見たことがありませんが、ユニークな顔立ちや丸い窓等形態的な面白さは満点です。

キットの方は、同じ童友社のYS-11に似た部品構成ですが、モールドは昨今のハセガワの旅客機と同じく窓の表現はありません。

IMG_2930.jpg

モールドも浅く、同社のYS-11より良い仕上がりです。
同じレベルで、CV-240を是非やってもらいたいものです。

しかし、垂直尾翼の分割位置がやや目立ちます。

IMG_2931.jpg

まぁ、モヒカンの場合は尾翼全体にデカールを貼るので、思いの他目立たないのかもしれませんが・・・。

いよいよ組み立てに入りますが、その前にちょいとした加工を。
機体側面後部にある、冷気取り入れ口(赤丸)にφ0.8のドリルでANAを開けます。
貫通させる必要はありません。

IMG_2934.jpg

小さな加工ですが、この加工で見栄えが大きく変わります。(左・加工前、右・加工後)

次に、ちょいと悩ましい部分の加工を。
YS-11同様に、前脚は左右の期待で挟んで固定します。

IMG_2933.jpg

安定はしますが前脚とタイヤの塗装がしズラい上、加工中に折損しそうなのです。
やって、最初から取り付け部分と分割。

IMG_2935.jpg

前脚に真鍮線(φ0.3)を通し、塗装後に取り付ける事にしました。

IMG_2938.jpg

この辺は、加工中に折損したYS-11での経験が生かされています。
何よりも、ハセガワのように、塗装後の取り付けを考慮した設計にしてくれればイイのですが・・・。

いよいよ機体を張り合わせますがテールヘビーにならないようにする為、錘を入れます。
説明書ではレドームの裏に6グラム程度となっていますが、グラウンド状態のみで楽しむので少し多めに入れます。
錘代わりに見つけたのは、東急ハンズで売っていたアルミ丸棒の小片。

IMG_2936.jpg

コレだけ持つと軽い気がしますが、10gあります。

大きさ的に、レドーム裏には積めませんが機体に丁度収まる大きさです。

IMG_2937.jpg

そしてお約束の輪ゴムで巻いて緊縛プレイ

IMG_2939.jpg

暫し放置。








スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 01:06:48|
  2. 南西航空事業部&四宮技術区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フレンドシップ その2 | ホーム | ケービン汽車乗って~♪まーかいがー♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/277-40f32a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。