もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さて、引っ越したのですから・・・

ここのところ工作テンションが落ちていたので、軽いウォーミングアップから。

鉄コレを動力化します。
ネタはコレです。
大阪市営鉄コレ


大阪市営地下鉄の7000-8000型と30系四つ橋線仕様。
昨年の鉄道の日を記念して販売された物です。
早速開封してみます。

鉄コレ初のステンレスカー(コルゲート表現がある車輌)とのことですが、安定した出来のようです。


7000-8000


付属のステッカーも内容が豊富ですが、何故か御堂筋線用が多かったりします。

ステッカーカー



さて、工作に取り掛かります。
使う別売り品は、鉄コレの走行用パーツTT-3と動力ユニットはMT-06、トミックスTNカプラーJC33です。
普段は、アーノルドカプラー派なのですが、今回購入したMT-06が最近改良されたTNカプラー対応であり、先頭車同士を連結させて楽しむ予定なのでTNカプラ-を奢りました。

それにしてもTT-3って高いな・・・。
この内容で量販店で買っても700円弱・・・・。
TT-3



鉄コレの動力化なので難しいところはありませんが、ポイントだけ少し。

・TNカプラーの加工
7000・8000は、連結器下の電纜(でんらん)が1段のでJC25の2段になっている電纜の下の部分をカットします。(左が加工品)

TN
 

MT-06に付けるカプラーは後ろの復元バネの機構が邪魔になり、台車が首を振らなくなるので復元バネの機構をやむ得ず撤去します。(上が加工品)

TN-2


・動力台車の加工
MT-06のの中にもちろん適合する台車なんてありません。
元の製品のトレーラー台車を加工して、接着剤で力任せに取り付ける事にしました。
先ずは、トレーラー台車の台枠を切り離します。

台車加工


ヤスリやカッターで裏面をフラットにしたら、ゴム系接着剤で貼り付けます。
エポキシ系の方が強度があるのですが、手元にあって扱いやすいという事でゴム系で・・・。
暫く洗濯バサミで押さえます。(模型用のバイス?を買い忘れただけで、それがあればベストですね)

hasami


30系も同様に加工します。

30系(30-00・35-00)は、電纜の無いJC21のTNカプラーを使用します。
余談ですが7000・8000から30系に改番された際には中間車が新製されたので、先頭車同士が向かい合わせに連結されて営業した事は無かったようです。
その為か電纜はありません。
逆に、7000・8000時代は2両固定が基本ですが、2本つないだ4両での営業運用もあったそうです。当時の7000・8000型の写真には電纜が付いており、こまめに連結・開放が行われていた事を物語っています。

閑話休題。

これから一番楽しい作業・ステッカー貼りです。
車番と行き先を貼りますがこのステッカーの材質が非常に悪く、思わぬ所で手を焼きました。
カッターで切り出して台紙から剥がそうとすると、印刷面と糊のベースが分離してしやすくマトモに貼れません・・・oz
何とか貼っても印刷面が分離してしまい、虚しく糊の付いた透明ベースだけが残っているような状態です。やたらと車番の予備が入っているのが納得できますw

コレに苦戦しいて、年を越したのは内緒ですwwwwww

ま、なんだかんだ言いながら完成です。

7000・30/2


7000-8000
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/01/02(水) 21:07:45|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初売り | ホーム | ブログ開設>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/3-3725984e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。