もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外国型のハンドル

さて、今日はお買い物に。
あちこちと回りましたが、メインはこれ。



箱の中身はこんな物です。

IMG_3120.jpg

バックマン製のパワーパックであります。
外国型の強いトラムウェイさんにお願いして取り寄せて戴きました。
日本のレールとワンタッチで接続できない外国型パワーパックをわざわざ取り寄せる変り者も珍しいようで、入荷までに2ヶ月程かかりました。

外箱も無く、蟻車の如く潰れたエアーマットで包まれて中◎大陸から届いたようです。

そこまでしなくても、パワーパックなら日本型の型が遥かに互換性が良く安価なのであるのに・・・との意見が聞こえてきそうですが、このバックマンのパワーパックのシンプルなデザインに惚れました。
日本の汎用型のパワーパックは無駄な突起が多く、貸しレイアウトや運転会へ持って行くのに邪魔な形が多く、最近、そのような機会が増えその点に不便を感じていました。
このバックマンのパワーパックは、本体も100mm四方で小さく、天面にはボリューム以外の突起がありません。
このボリュームも邪魔になりにくいデザインです。

さて、気になるスペックの方は、最大電流は0.8Aと最近の汎用型のパックよりやや低めの設定です。
しかし、電圧の方は、最大で21.5V(テスターでの実測値)とかなり高い設定です。

IMG_3126.jpg

バックマンの線路とHOの大きなモーターもこのパワーパックで対応する為なのかもしれませんが、それにしても大きな出力です。
しかし、ボリュームの目盛りは1パーセント刻みに振ってあり、12Vの目盛りを覚えておけば合わせるのも容易なので心配はないでしょう。(ちなみに47%でした。)

このパワーパックが外国型だなぁ・・・と感じさせるのが、この大きさでアクセサリー用の交流17.5Vの出力端子が備わっていることでしょうか。
以前は、国内型のパワー-パックにも標準で装備されていましたが、国内型で交流17.5Vを使うアクセサリーが無くなった事もあってか近年のモデルにはありません。
いまでも、外国型のポイントマシンは交流17.5Vの物が多くあるそうで、トラムウェイの店主も自分用に欲しい位・・・だそうです。

電源となるACアダプターは、一般的な交流→直流でなく、交流→交流の珍しいタイプの物が付属しています。
これは、日本での注文に合せて100V用の物(標準は海外の120V等が付属らしい)を用意してくれたようで、アダプターは日本語表記です。

こんなアダプターがあったのは、ちょっと驚きですね。


さて、フィーダー出力端子は、φ3.5のジャック。
バックマンのレール専用のフィーダー線が付属しています。

IMG_3124.jpg

さすがにこれでは使い物にならないので、KATOのフィーダーを改造して専用ケーブルを作りました。

IMG_3125.jpg

さて、これで、明日(もう今日だ)の運転会デビューが可能になりました。

ちなみに、このパワーパック、税込み5,880円でした。
安いと取るか・・・高いととるか・・・今後の活躍次第ですね。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 01:14:55|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地下鉄で地下鉄を走らせる運転会 | ホーム | 悩み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/317-5c5fac5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。