もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の残照

新しい年度が始まりました。
とは言え、盆暮れ正月・年度末とは無縁の現場仕事なので、何も変わりません。
しかし、世間では新しく迎える者があり、去り行く者があります。

実家近くを走る神奈川中央交通が4/3にダイヤ改正を行い、同時に『ドリームランド』と『ランド坂下』の停留所名が『俣野公園・横浜薬大』と『横浜薬大南門』へと名称変更がされました。
バス停の名称変更は珍しい事ではありませんが、この『ドリームランド』という名称には思い出があり、一抹の淋しさを感じます。

『ドリームランド』というバス停の名称は、逗子市にある『ハイランド』のような住宅地の名称ではなく、2002年2月17日まで営業していた『横浜ドリームランド』という遊園地のから命名されたものです。

歴史については、こちらを参照して戴くとして、ドリームランドの名前が消えるにあたり、バス停名の変わる直前・4/1に跡地の周辺を散策してきました。

私がドリームランドの近くへ引っ越してきたのは、幼稚園入園前の1983年頃だったと思います。
その後、幼稚園→小学校→中学校と進むわけですが、遠足やスケート教室、また家族・友人との行楽でドリームランドへ足を運んだ回数は数知れません。

最後にドリームランドへ行ったのが何時かも忘れてしまいましたが、それなりに賑わっていた記憶はあります。
時期的に老舗遊園地の閉園が相次いだ中、目立つアトラクションも無く立地条件の悪い中、ドリームランドは比較的健闘できたのも今になっては納得できます。

長くなりましたが、本題のドリームランド跡地散策編です。




跡地と言っても、すっかり大学と公園墓地に整備されて廃墟的な物はありません。
先ずはドリームランドの入り口となる『ランド坂下』バス停です。

IMG_3175.jpg

既に、バス停名変更の告知が出ています。

IMG_3174.jpg


このバス停付近からドリームランドまでは急な坂道になっており、小学校や幼稚園の遠足では徒歩で来たのですが子供の足にはかなりしんどかったはずです。
このバス停付近には、大きなドリームランドの歓迎アーチがあり、閉園後も暫く残っていました。

丁度、『ドリームランド』行きのバスが来ました。

IMG_3173.jpg

今回、このバス停を訪れて驚いたのが、このバス停からドリームランド方向へ乗車する乗客が居た事。
考えてみれば当然の事で、乗車時間は短いとはいえ急坂の上にドリームハイツという大きな団地があるので利用者がいても不思議はありません。

その急坂をドリームランドへ向かい登ります。

IMG_3171.jpg

この坂道は昔から3車線になっており、バスが通る上り線と下り線の他、ドリームランド駐車場へ直結する上り専用の車線がありました。
画像では見難いのですが、左側の青いフェンスの奥です。今では、横浜薬科大の私道になつているようで、完全に区切られて途中に校門が設けてあります。
ドリームランドが盛業中は、今では横浜薬科大の看板になっている場所には、ドリームランドやそれに隣接したショッピングモール・『ドリーム銀座』の看板が並んでいました。

道路の反対側へ目を向ければ、小奇麗な戸建住宅が並び、ドリームモノレールが長後延長を目指した僅かな複線分器部分の面影は何処にも見てとれなくなっていました。
更に進んだら、記になる場所が。

IMG_3170[1]

今は、タクシー乗り場となっていますが、以前はモノレールの軌道桁が赤線部分のように架橋され、ドリームハイツ内へ通じる抜け道だったはずです。
既に、ここにも面影がありません。

いよいよ、『ドリームランド』バス停です。

IMG_3161.jpg

今では、広いバスターミナルへ整備され、ターミナル向かい側へドリームハイツ方向への乗り場が並びます。

IMG_3169.jpg IMG_3168.jpg

そして、ターミナル横には、『ローソンドリームバスターミナル店』があります。

IMG_3167.jpg

このローソンは、バスターミナルの整備で場所が若干移動しています。移動前は、『ローソン横浜ドリームランド“駅前”店』でした。
何故、駅前店としたのか謎が残りますが、ドリームランド線に最後の再起計画が持ち上がったのが90年代初頭。
その頃に再起を見込んでこの名称として開店した名残なのかもしれません。
今後も店名がかわるのでしょうか???

かつての『ドリームランド』バス停は、画像左側の位置に3ポール位屋根付きのバス停があったかと思います。

IMG_3165.jpg

その元・バス停の後にあたる位置にある『横浜銀行』の建物は変わりません。

IMG_3162.jpg


しかし、『ドリームランド支店(だったと思う)』から、『戸塚南支店』と店名が変わり、『ドリームランド』の名前は確実に消えつつあります。
しかし、ビルの名前は『ドリームビル』

IMG_3163.jpg

後に調べたら、このビルの2、3階に『ドリームランド』の運営会社の本社が入居していたそうで、外から見た限り、今では使われていないようです。
名前からして自社ビルなのでしょうが、この会社も解散したらしいのでこのビルのオーナーが気になります。

ちなみに、運営会社の痕跡が残っていました。

IMG_3164.jpg

このビルの後ろに広がる駐車場部分が、かつてのドリームモノレール・ドリームランド駅でした。
私の一番古い記憶では、当時は『ドリーム交通』という観光バスとタクシーの車庫になっており、何台ものバスが並んでいた記憶があります。
後年、ネットで見つけた写真を見て、この車庫がドリームランド駅の駅舎そのものであった事を知りました。
レールは駅からさらにドリームハイツ方向へ延びており、現在バスターミナルになっている場所辺りが車庫で、廃墟になりかけた検修庫に2編成しかなかった車輌を押込み留(放?)置されていました。
車庫とはいっても、棒線1本のみで車輌入換はどうしたのか気になります。
駅舎と検修庫・車輌は早い時期に撤去され、見た記憶は1回だけ(実際には見ているでしょうが覚えていない・・・)でしたが、ホームは軌道が撤去と同じ時期まで残り、鎖やロープ等で特に閉鎖されてもいなかったので何度も入った記憶があります(←完全不法侵入です)

さて、ドリームランドの跡地へ目を向けます。
先に記した通り、俣野公園として整備されており、面影を残す物は減りつつあります。

IMG_3179.jpg

ドリームランド駅と道を挟んだ場所にドリームランドのメインエントランスや付帯するホテル、ボーリング場等がありました。

IMG_3160.jpg

画像奥に広がるの野球場入り口あたりがメインエントランス広場になっており、凱旋門風のメインゲートがありました。
かなり古い記憶ですが、この入り口の上だか中の城壁の上だかに、森林鉄道風のSLを両端に連結したオープンデッキの客車が展示されていました。
昔は外周列車があった事を後に知り、その車輌だったようです。
しかし、いつの間にか撤去されていました。

以前は、同じ画像に映る並木の左側に並木に平行した幅広の道路があり、バスやタクシーの待機場所になっていました。
当たり前のように見ていた、木陰に休むエアロスターKの姿はもうありません。
並木だけが、当時の場所を教えてくれます。

メインエントランスに向って左側には、五重塔を模した21階建てのランドマーク・エンパイアホテルが建ち、遊戯施設のドリームボールがありました。
もう1軒ホテルがあったそうですが、曖昧な記憶しかありません。
一番古い記憶だと、この場所に、遊覧用と思われる小型ヘリコプターが2、3機待機していた事を覚えています。
幼い頃の記憶ですが、人生で初めて間近で見たヘリコプターのインパクトが強かったからか鮮明に記憶しています。

開店休業状態の後、廃墟同然となったランドマーク・エンパイアホテルは、現在、大学の図書館として生まれ変わり、今も周辺のランドマークであることに変わりありません。(横浜のチ※ットに高い建物が未だに建たないだけです。。。。)

IMG_3159.jpg

ちなみに、21階建てとした理由は21世紀へ延びる・・・の意を込めた物だそうで、当初の目的通り21世紀へ延びる若者を育ており、感慨深い物があります。

同じく、大学施設となったこの建物、元・ドリームボールでしょうか???

IMG_3183.jpg

自信はありませんが、なんとなくそんな気がします。

さらに、左方向へ続く道を進むと、相州春日神社があります。

IMG_3181.jpg

この神社は、ドリームランドの工事の安全、商売繁盛を祈願し、奈良の春日神社より分祀した『ドリームランド春日神社』を起源とする神社で、後にドリームランドより組織・施設が独立し『相州春日神社』となりました。
よって、ドリームランドと同じく起源でありながら、ドリームランド閉園後も変わらず祀られています。

我が実家から一番近い神主さんのいる神社という事もあり、何かとお世話になる神社です。
昔から、ドリームランドとは関係無く参拝者が多い神社です。

さて、バス通りをドリームハイツ方向へ進みます。
昔から変わらないドリームハイツの団地群とは対象に、道を挟んだ向かい側には昔はなかった小奇麗な住宅が並びます。

IMG_3177.jpg

以前は、ドリームランドの裏側で、いつも喧騒が聞こえていた場所です。
このあたりにミュージックエキスプレスというアトラクションがありました。
ドーナツ状になったカートが音楽へ合せて高速回転するという地味なアトラクションでしたが、『学園天国』の「ヘーイ!へーイヘイヘイヘイ~♪」に合せて唄いながらアトラクション操作する『ヘイヘイおじさん』なる名物おじさんがおり、ドリームランドでもトップクラスの人気アトラクションで行列ができていました。
これは、派手なアトラクションでなくても工夫次第で人を呼べるという一例でしょうね。

この裏手に、ドリームランドのショッピングモールとなる『ドリーム銀座』がありました。
ドリームハイツの住人等も利用し、ショッピングモールというより商店街でした。
歩みをを進めると、昔ドリーム銀座に入っていた診療所が今も盛業中でした。

IMG_3176.jpg

下の歯医者は、どこにでもありそうな名前ですが、ドリーム銀座時代にお世話になった事があるので覚えています。

ドリーム銀座には、『ドリーム』を冠した店が多くありましたが、この生花店もその一つだったのでしょうね。

IMG_3178.jpg

道なりに進み、散策の終点『ドリームハイツ』バス停に到着。

IMG_3158.jpg

『ドリーム』の名前を最後まで継承することになったバス停です。
もう夢の国はありませんが、私の中では何時までも覚めない夢の思い出である『ドリームランド』であります。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/02(木) 18:38:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<案内板 | ホーム | 地下鉄で地下鉄を走らせる運転会>>

コメント

こんばんは。

この界隈、本当に変わってしまったんですね。
停留場の内板が外側に貼られ、名称変更を強く印象づけているのが物悲しいです。

私が学生の頃付き合っていた友人は戸塚の北側・南側の在ばかりでしたので、
このエリアには何度か通いました。そして運命とは判らないもので、その後この近傍に転居し現在に至るのですから…。

ランド本園閉園後もボウルは存置され営業していました。その1階?か隣接する場所にカラオケもありましたね。
ボウル、カラオケ、それぞれが私の人生における初体験の場所で、
その後も通ったことから決して忘れることは出来ません。

貴記事を見て、あの日の記憶を再確認したくなりました。
近いうちに、訪ねたいと思っています。
  1. 2009/04/04(土) 21:46:47 |
  2. URL |
  3. ar-2 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

ar-2さんこんにちは。

往時を知る者としては、変貌ぶりには、ただただ驚くばかりです。
ドリームボールにカラオケとゲームコーナー、ありましたね。
私も、初ボウリングはドリームボールでしたし、中学時代の級友との遊び場でした。
ちなみに、『ヘイヘイおじさん』も、ドリームボールに再就職したらしいです。

再訪されたら、きっと思い出が蘇ることでしょうね。
  1. 2009/04/06(月) 16:10:12 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

こんばんは。
子供の頃、隣接していた「ハーフ&トップ」というディスカウントストアに良く行っていました。

隣接のため、隣が賑やかっだたのを覚えています。
面影がなくなるのは、寂しいですね。
  1. 2012/09/05(水) 21:52:41 |
  2. URL |
  3. エッジ #-
  4. [ 編集]

エッジさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

私も、ハーフ&トップにはよく行きました。
今では珍しくなくなりましたが、当時はあのような形態のお店は珍しかったですね。

あのお店の面影もすっかり無くなってしまい寂しい限りです。
  1. 2012/09/07(金) 08:55:00 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/319-47b832a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。