もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MTS装置

6月に企画したモジュールオフ、その中で同一線路上を複数走らせるた時に実車のATSに倣った装置で追突を防止しょう・・・と、クラブの先輩が発案された装置の名称です。

詳細は先輩のブログに書かれているので割愛しますが、先日の集まりの席上で、「押しスイッチや、スナップスイッチだと手が疲れたり切り忘れたりする・・」と、話されており、手動スイッチを使わないシステムを考えてみる事にしました。

秋葉原で エレキットシリーズの『リレー付き間欠タイマー』なる物を見つけたので、MTSにこれを組み込めないかと早速購入してみました。
この装置は文字の通り、一定の時間でON・OFFを繰り返す装置で、それぞれ300秒まで個別に時間を設定できます。

今までのMTSは列車を見ながら人間がON/OFFしていましたが、列車に関係なく時間でON/OFFを行うようにしよう・・・という考えです。
当然、列車を検知して動作をするわけではないので、タイミングが悪ければ追突もします。
ま、実物でも模型でも安全の最後の砦は『人』なんですよ・・・・。
ただ、手が疲れたり切り忘れたりする事の予防にはなるかなぁ・・・と。

長くなりましたが、とりあえず組んでみますか。
説明書通りに組めば、難しい所はありません。
ただ、トランジスタやIC、LED等の熱に弱い部品には気をつけて半田付けをする必要があります。
15分程で、カタチになりました。

間欠タイマー


リレーはON/OFFの表示灯を外部に付けるので、2回路の物を使う予定なのでキット付属の物は使いません。
模型用のパワーパックを、キットの定格の6Vに合わせます。

電圧


そして、通電試験です。

動作確認


基板のLEDが点灯すればON(列車が走行できる)、消灯すればOFF(列車は停止する)となります。
基板の2つの可変抵抗の調整で、ONとOFFの時間を個別に設定できます。
これは、モジュールに接続した際に現物合わせで調整すのが一番ですが、とりあえずONを約45秒、OFFを約30秒に設定しました。
列車の有無に関係なくこの周期で動作します。ONの45秒の間に列車を通過すれば問題ありませんが、30秒にかかると列車は足止めされる仕組みになります。(まだ予定ですが・・・・予定は未定w

このON・OFFの表示灯を緑と赤で作り、時計と睨めっこで運転するのも楽しいかなぁ・・・とも考えています。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/09(日) 22:52:11|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<そういえば・・・ | ホーム | 収納箱>>

コメント

おはようございます。
以前からチト考えていた事なんですが・・・
エンドレスを4箇所くらいで両ギャップ切って8人(複線ですから)で各閉塞区間を担当するのも面白いかな~と・・・。
フィーダー線は規格で各箇所に接地済みのはずですから。
まあ、酔っ払い運転には向きませんがね~。
  1. 2008/03/11(火) 09:03:32 |
  2. URL |
  3. 酉弐マニア #-
  4. [ 編集]

酉弐マニア さんこんばんは。
各人で、信号扱いしてみるのも面白そうですね。
両ギャップなら、トミーのユニバーサルボックスを使えば、簡単にできるのでしたっけ?

ちなみに、製作中のMTSは、V70を片ギャップで使用する事を前提に片ギャップで考えていました。
(今から変更もできますが)
ちなみに、私の試算ですが、片ギャップ・複線用のスイッチBOX(トミーフィーダー対応)を自作するとしたら、¥1,500位になるかと思われます。

ま、酔っ払い運転の醍醐味というのもありますよw
  1. 2008/03/12(水) 00:08:58 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/32-09996833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。