もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~藍よりも青い海~やんばるドライブ

那覇空港で嫁と合流し、嫁の実家へ。
一泊した翌日の日曜日に、うるま市のキャンプコートーニーで午前中にフリーマーケットがあるそうで、早起きして向かいました。

米軍基地開放(解放にはなりませんが・・・・)イベントの一で、毎週どこかしらのキャンプで行われているようです。
コートニーのフリーマーケットは、朝7:30~10:00までと時間と立地が最悪と思われます。

ゲートでは、何のチェックも無く入れました。
駐車場近くの一角で米軍関係者が衣類を中心にフリーマーケットを開いていますが、思ったよりも小さい規模の物でした。

正直、あまりキレイな品物が無く、フリーマーケットとと言えども、日本のフリーマーケットに並んでいる品とは随分と違います。

しかし、あちこちで日本語と英語での値段交渉が行われる滑稽な光景が展開されていました。

結局、基地の売店に並んでいたお菓子とホッとドッグのみの購入でした。
(保安上の理由で撮影はできませんでした)

さて、この先の目的地がありません。
折角、早起きしたので、東海岸沿いに沖縄本島最北端・辺戸岬まで行く事にしました。

途中のA&Wで腹ごしらえして出発!!!

道路を走っていると、『バラ園』の看板を見つけました。
しばらく走ると、東村の植物園『かぐや姫』に辿り着きました。

園内には、バラとハイビスカスを中心に、コスモス等、季節毎の花が楽しめる植物園になっています。

IMG_3334.jpg  IMG_3338.jpg IMG_3341.jpg

バラは特に多くの種類が植えられており、こんなにんも種類があるのかと驚かされました。
また、売店では地元の農産品が多数並んでおり、大きなナーべラー(糸瓜)を購入しました。

再び、両側にパイン畑の広がる東村を北上します。
ここ東村は、パインの生産と、プロゴルファー・宮里藍の出身地として有名な場所です。

山道を走っていると、にわかに開けて絶景にめぐり逢いました。

IMG_3344.jpg

特に看板等は建っていなかったので、何という場所かも分かりませんでしたが、僅かに駐車場があり、景観ポイントであるようです。
石垣で見たエメラルドグリーンの海とは違う、水深のある蒼く藍色の海が広がります。

絶景を楽しんで、更に進んで行くと、途中にコーヒー園の看板を見つけたので寄ってみます。

IMG_3347.jpg

この『HIRO COFFE FARM』さんは、20年近くすぐ裏の畑で栽培したコーヒー豆を原料にした沖縄産コーヒーに取り組んでいるコーヒー園です。
園内のカフェでは、濃厚だけど強すぎずしっかりした味のコーヒーが味わえます。

IMG_3345.jpg

お土産に挽いたコーヒーを買って行きましたが、いつまでも車内には心地よい香が漂っていました。

美味しいコーヒーの飲んで、更に北を目指します。

道路脇には、こんな看板があちこちにあります。

IMG_3348.jpg

ヤンバルクイナに注意とは、やんばる(沖縄北部の事)らしいですね。
近年、ただでさえ個体数の少ないヤンバルクイナの交通事故が増えており、厳しい現実を象徴するような看板でもあります。

山を越えて海沿いに出ると、発電用の風車が目立ちます。

IMG_3350.jpg

沖縄は全体を海に囲まれている為、絶える事無く強い風があり風力発電には好立地のようです。
意外なようですが風が絶えない沖縄では、日差しが強く気温が高い割には肌寒く感じる事が多々あります。

北上を続け、沖縄本島最北の集落・奥に着きました。
小さな集落ながらお茶で有名な場所で、新茶シーズンの今は『奥共同売店』で美味しいお茶が購入できます。

私が、『奥』という集落を知ったのは、紀行作家・宮脇俊三さんが記した『ローカルバスの終点へ』という著書でした。
今でも著書の通り、那覇から訪れる場合は名護と辺土名で2回バスを乗り継ぎ到達できます。
しかし、辺土名から奥までのバスは民間が撤退している為、国頭村営のバスになっています。

お茶を買った『奥共同売店』は、名前の通り集落の住民が出資者となり運営されている売店で、利益を出したら配当を出すそうです。
沖縄では、このような共同売店は幾つかありますが、奥共同売店は100年に亘る最古の歴史を持っているそうです。

奥から、最北端・辺戸岬まではすぐです。
そして、辺戸岬へ到着です。

IMG_3352.jpg 

岬からは、切り立つ断崖と何処までも続く海岸線が・・・

IMG_3353.jpg

海を眺めていたら、ウミガメの泳ぐ姿も見る事ができました。

どこまでも広がる海の背後には山並が広がります。

IMG_3357.jpg


辺戸岬には、色々と石碑が並んでいますが、その中でも一番大きな石碑が『祖国復帰闘争碑』。

IMG_3354.jpg IMG_3356.jpg

米軍占領下の時代、ここから煙を焚いて祖国復帰を願ったという逸話があります。

日本であつて、日本ではなかった沖縄の苦難の歴史。

そして、復帰を願い闘った人々の歴史。

ここには、沖縄・そして日本が決して忘れてはならない歴史がある事を強く訴えています。

最北端まで来たのですから、今度は南下して帰途へ着きます。

IMG_3362.jpg

帰りも、寄り道をしながらのんびりと・・・・。

IMG_3360.jpg

しかし、名護市内から高速で帰る予定でしたが、市内へ入ると、清明(←一発で読めて、意味まだ分かったら素晴しいです)の為か渋滞気味。。。

結局、東海岸沿いで帰路に。

晩の食卓には、ナーべラーチャンプルーが並びました。








スポンサーサイト
  1. 2009/04/27(月) 18:13:25|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<~藍よりも青いバス~ | ホーム | ~藍よりも青い海~さらば石垣島>>

コメント

おはようございます。
「清明」・せいめい。24節季のアレですね。
沖縄言葉では「ちーみー」だか、「しーみー」だかって言うとうちの嫁が言ってましたが・・・あってます?
  1. 2009/04/28(火) 08:16:22 |
  2. URL |
  3. ぬる・・・(ry #vbNarvEk
  4. [ 編集]

ぬる・・・(ryさんこんちは。

正解です。
沖縄本島では、『しーみー』と言うのが一般的で、先祖を供養しる為、親族が集まって墓参をします。
先祖のお墓の前にテントを張って門中(親戚)が集まり、ご馳走を戴く親族親睦の行事です。
  1. 2009/04/28(火) 10:37:05 |
  2. URL |
  3. gino-1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/331-642c7b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。