もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リベンジ!!スパイク

新たにレールとレールカッター(レールカッティング・ニッパー)を買ってきて、スパイクをやり直しました。

IMG_4021.jpg

画像のニッパーのように見える工具がレールカッティング・ニッパー。
¥2,500程と安くはない工具ですが、普通のニッパーでカットしたレールと比べるとをカットした断面の差は画像の通り歴然。

IMG_4023.jpg

上・レールカッティング・ニッパー
下・通常のニッパー

レール断面がキレイだと、ギリギリの長さでジョイントを嵌める時に非常に楽です。
レールカッティング・ニッパーのモト取れる位レイアウトを作らないとなぁ・・・(笑)

さて、スパイクを続けます。
今回は、選択式のシノハラ製ポイントを使用しましたが、シノハラの選択式は、少しクセがあるようで・・・・。
詳しくは、

完了して走行試験。このサイトに記されていますが、選択式でも絶縁ジョイントを使用しなくてはならないのです。
まぁ、こんな勉強をしながらスパイク完了。
試運転です。

IMG_4024.jpg


内側の待避線部分は、前後のカーブがきつく、ポイントを対向方向から入るとスムーズに越えられない車両があるという欠点が・・・。
まぁ、今回はメンドクサイし、張り直す元気もないので“習作”という事で作っていますのでそのままにします。
全部の車両が通れないワケじゃないし・・・。
逆に、良く走ったのが同じ9mm・急カーブ混在と言う事で、試走させたNゲージのLRT群。
この大きさがあれば、グリーンムーバーも直線で停車できるし、次回作はやっぱり路面レイアウトを作ろうかなぁ・・・・・(妄)

ちなみに、ポイント切り替え器は、シノハラの手動式の物を使っています。

さて、いよいよ地面作り。
まずは、軽く下塗りをします。

IMG_4026.jpg

で、ここから、今回試してみたかった作業。
シーナリーサンドを使った地面の表現。

IMG_4027.jpg


このシーナリーサンドという商品は、プラスターと粉を同じく水で解いて盛り付けて行くものです。プラスターとの大きな違いは、乾燥させるだけでで土色になりリアルな地面が表現される・・・というものです。

全体的に満遍なく塗り、今回は特にやってみたかった、産業用のナローゲージに見られる地面とほぼ同化した軌道の表現。
やや弛めに解いたシーナリーサンドを、筆でレール付近に盛り付けます。

IMG_4028.jpg IMG_4029.jpg

その後、指でこすり枕木を出してやります。

IMG_4030.jpg

で、この作業をしていて気付いたのは、シーナリーサンドにはかなり大きな石状の粒が含まれていること。
この作業の際は邪魔ですし、レール付近にあると脱線の原因にもなりかねませんので、見つけたら取り除く必要があります。
もっとも、水に解く前に茶漉しで篩いにかけて、取り除いておく方法がベストです。
イイ勉強になりました。

で、このシーナリーサンドは乾燥までに約半日かかるそうで、どんな出来具合になるか楽しみです。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/04(金) 21:56:19|
  2. ケービン事業部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年もこの日が来た | ホーム | 6313>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/393-313daa40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。