もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CKCの運転保安を考える

幣CKC倶楽部のモジュールオフの後に必ず話題になる話の一つに、保安装置の話題があります。
そのような話題が出て来る裏には、事故が多いというワケでもあります。

最近はDCCや線路にセンサーを組み込んで閉塞を確保したり、パソコンで制御をしたりと、模型の世界でも実物さながらの信号保安方式を採用している事も珍しくありません。

幣CKC倶楽部では、運行方式の特徴の一つに飲酒運転キャブコンがあります。
キャブコンは任意でギャップを切った区間毎にパワーパックを設置して閉塞区間毎に制御する方式で、一般的多い一つのパワーパックのみで運行する方式と大きく異なります。
事物に例えれば、前者が昔ながらの『駅てこ扱い』、後者は『CTC制御』といったところでしょうか。
最初に挙げた模型で採用される保安方式ほ基本的に後者の『CTC制御』タイプが前提となっており、CKC倶楽部のモジュールオフには向きません。

さて、CKC倶楽部の事故で多いのは追突等の多重事故。
大半の場合は、1軸の脱線等で停車中の列車に後続の列車が突っ込み転覆。隣接線路を塞ぎさらに対向列車がアーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

なんてパターンです。

つまり、後続列車や対向列車を停車させる事ができれば大きな事故に至らずに済むわけです。
特にキャブの区切り付近で多くの事故が発生しており、キャブコンを採用しているので軽微な事故が発生した場合、すぐに各キャブにいる運転担当者に抑止を伝えれば後続列車や対向列車を停車させる事ができる・・・・・・・






















はず・・・・・







































なのですが・・・・・、抑止や状況が運転担当者に伝わらず停車が間に合わなかったり、運転担当者も人間なので生理現象や、燃料補給の欲求を満たす為に席を外す事があるわけです。

そこで、事故区間への列車を進入を防ぐ方法を考えてみました。
つまり、下図のような両隣のキャブを停電させて列車の進入を防ぐ防護スイッチ(S)を設けてみる案です。

CKC防護スイッチ

図のように、外側線、内側線それぞれキャブが3つに分かれおり、各キャブのパワーパック(P:図では1台ですが実際は2台で制御したりしていますがここでは割愛します)で、それぞれの外側線・内側線を制御します。
これがキャブコンの基本です。

図では線路の色=フィーダーの色です。
フィーダーを追って戴くとお分かり戴けるかと思いますが、中央のキャブ2で説明します。
水色のキャブ2の外側のフィーダー線をパワーパック側から追って説明します。

キャブ2のパワーパックから出た外側線のフィーダーは、キャブ3に設置された防護スイッチに接続されてから外側線路に接続されています。
一方、キャブ2の内側線路へのフィーダー・茶色は、キャブ1の防護スイッチを経由して内側線路に接続されています。
キャブ2の防護スイッチは、キャブ1の外側線路のフィーダーとキャブ3の内側線路のフィーダーに接続されています。

なぜ、このような配線になったかというか実例を示して行きましょう。

コピーCKC防護スイッチ


図のようにキャブ2の内側線で脱線事故が発生し、外側線も塞いでいます。

ここで、キャブ2の防護スイッチを扱います。

そうすると、対向列車が走行しているキャブ1・外側線、後続列車が走行しているキャブ3・内側線への給電が停止されます。(青色の破線及び赤色の破線)

(1)コピーCKC防護スイッチ

給電が停止すれば、必然的に列車は停止します。
よって、キャブ2は外側線・内側線とも他のキャブから列車が突っ込む事はありません。
フライホール装備車は惰行で多少走るかもしれませんが、それでも大きな多重事故は大幅に減るはずです。

さて、キャブ2の両隣は列車が停止しているわけですから、その隣、図にはありませんがキャブ4・内側線やキャブ1の隣キャブ0の外側線の列車も停止させなければ、キャブ2以外で多重事故が起きる可能性はあります。

そこで、防護スイッチに警告ランプとブザーを取り付け、隣のキャブの防護スイッチが操作されたらランプの点灯とブザーが鳴動するようにして、運転担当者に警告を促します。
防護側に操作すると、ランプが消灯、ブザーの鳴動が停止する回路に組めば、順次全線抑止ができる・・・という仕組みです。

キャブ2の電源を落とす機構がありませんが、まぁ、事故が起きれば必然的に電源を遮断するか列車を止めるかするだろう・・・・との考えです。
防護スイッチの鳴動も、運転担当者が席を外していても、五月蝿いので近くの誰かが必然的に止める操作をするだろうとの狙いです。


さて、この機構の回路、どうくみますかねぇ・・・・・。

御大!!!よろしくです。(←人任せw)

それにしても、ペイントでのお絵かきはつかれるなぁ・・・・。



スポンサーサイト
  1. 2010/01/20(水) 22:39:17|
  2. 四宮技術区(保線・電力)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<EF65 | ホーム | 新年会の反省>>

コメント

最近よくクシャミをすると思ったら(笑)
  1. 2010/01/22(金) 22:40:51 |
  2. URL |
  3. 赤緑 #-
  4. [ 編集]

赤緑さんこんばんは。

花粉もボチボチ飛んでますからね~(笑)

冗談はさておき、実は回路もボチボチ考えてありますが、また知恵を貸して下さい。
  1. 2010/01/22(金) 23:33:49 |
  2. URL |
  3. gino-1 #NlWVVVcE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/479-e4edb2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。