もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休日の赤い疾風~京急700(Ⅰ) 製作開始

無事に東武2000系が竣工し、数ある仕掛品を無視して次なる車両の製作です。
まぁ、作りたいという意思が一番強い時に作るのが確実な完成へ近道と思いますので・・・・と、言い訳。
気付いた方もいるでしょうが、元旦に工作した物の一つです。

実車の京急700(Ⅰ)系は、昭和31年に登場し、製造メーカーの違いから、700型(東急車輛+東洋電機の電装品)と730型(川崎車両+三菱の電装品)に細分されます。
いわゆる湘南顔をしたデザインに接客設備はクロスシートを機軸にしたセミ・クロスシートで、生涯、京急の看板列車である特急・快速特急(快特?何それ?)を中心に運用されたスター的存在です。
後年、先頭車の中間車改造や改番されて600系(?・初代は後年の400系)となり、昭和61年まで活躍しました。

今回は、デビュー間もない頃の700型・2両編成を製作する事にしました。
ベースは、GMの京急600系(Ⅱ)の板キットです。
改番はされているものの先頭車は窓配置の変更等は無く、冷房改造後の姿で製品化されている屋根の加工が中心となります。


まず、屋根上の配管を全て削り落とします。
ハコに組み運転台上・枕木方向の凹型になっている雨樋を削り、ランナー引き伸ばし線で画像のように一直線にします。



また、シールドビーム化されている前照灯を削り、キットのパーツに付属している原型の物に交換しておきます。
屋根の上に載る、全長に亘る大型通風機は名鉄・5500系キットのパーツから調達しています。

正面の連結器上の切り欠きはこの時代には無いのですが、綺麗にアンチ・クライマーを復元する自信が無かったのであっさり省略しています。
尾灯も、1次車だと少し下がった位置なのですが、2次車からキットの前面と同じ位置だったのでそのままにしています。

いつもながら、お気楽な工作で進めています・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 22:11:27|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<休日の赤い疾風~ 京急700(Ⅰ)その2 | ホーム | 東武2000系 そ続き>>

コメント

こんばんは。
初代700・・・来ましたね。私も野心を抱きつつキットのストックはあるのですが、未だ手が付いていません。

私的な好みはOKを履いた730ですね。大きな前照灯に大きな窓、
全長に亘るモニタと前パン、鈍重なOKは京急の青春と申しても過言ではありません。

この工作、以後の参考にと興味深く拝見させていただきます・・・ニヤニヤ
  1. 2010/01/31(日) 22:47:39 |
  2. URL |
  3. AR-2 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

AR-2さんこんにちは。

このキットは、設計が古い為か組みにくい箇所もありますが、大きな窓の京急電車の雰囲気はよく出ていますよね。

700と730、好みが別れるところですね。
私は、作り易さから700を選んだまでで、実に無味乾燥な理由です。

拙作の製作記で何か役立つ記事が書ければイイのですが…。
  1. 2010/02/01(月) 16:01:29 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/485-d11c7867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。