もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北東北・道南へ針路を取れ~3日目

さて、この旅行もいよいよ最終日。

IMG_4584_20100212003003.jpg


早朝に、会長のお父様に七飯駅まで送って戴きます。
今回の旅行では、すっかり会長のご両親・叔父様夫妻にお世話になってしまいました。

七飯駅の始発列車でスタートです。

IMG_4587_20100212003002.jpg

どんより暗い朝もやホームを暖かく照らす室内灯・・・・。

IMG_4588.jpg

ぬくもりを感じます。
北海道独特の二重窓と相まって車内は暑い位暖房が効いています。

IMG_4589.jpg 

この車両、暖房は付いていますが非冷房車。
地元出身の会長に、夏は暑くないのか尋ねたところ、今まで夏暑いと感じた事はないとの由。
愚問でした。

そんな中、列車は雪原をひた走ります。

IMG_4590.jpg

20分程で函館へ。
ここで、4分接続の白鳥へ乗り継ぎます。
この4分接続は、今回最短の乗り継ぎスケジュールですが無事に乗り継げました。

そして何度目かの乾杯!!!

IMG_4600.jpg

乗って来た列車とこの白鳥の乗り換え駅は五稜郭が正解のようで、五稜郭から同じ列車に乗っていたお客さんが乗ってきたりします。

昨日見た風景を巻き戻しながら、列車は本州を目指します。

IMG_4605_20100212003041.jpg


間もなく青函トンネルという事で、先頭の展望窓に行き突入の瞬間をパチリ!!

IMG_4609.jpg

トンネルというのは、入ってしまえばツマラナイもので、ひたすら暗闇を走ります。
吉岡海底駅や竜飛海底駅の見学コースも無くなった為か、駅名看板も見当たりませんし・・・。

青森駅近くでは、こんな車両が・・・。

IMG_4613.jpg

現役の頃にここまで雪を被る事は無かったでしょうね。

青森駅から、津軽鉄道の始発駅五所河原まではローカルバスの旅。

IMG_4624.jpg 

雪が積もり、道路が何処までかはっきりしないような道を運転士さんの見事なハンドル捌きでどんどんと進んで行きます。
山の中ばかり走るので、本当に五所川原の街に着くのか心配になった頃に街並みが現れ、時刻表通り1時間程で五所川原へ到着。

IMG_4625_20100212003039.jpg

駅前の旅行代理店のシャッターには、懐かしい飛行機のイラストが・・・。

IMG_4626_20100212010021.jpg

津軽鉄道の駅舎と本社は堂々としたコンクリート造りの立派な建物です。

IMG_4627.jpg IMG_4686_20100212003235.jpg

待つ事しばし。
今回のメイン・ストーブ列車の改札が始り、ホームへ。

IMG_4670.jpg

レトロな客車が待ち受けてくれています。
ストーブ近くの席を確保し、一番やりたかったコレ!!!

IMG_4642.jpg

ストーブで焼くスルメ。
列車の中でスルメを焼いたのは人生2回目です。
1回目は・・・・・・・・(自主規制w)

もちろんスルメ前日に函館で仕入れた北海道産。

IMG_4638.jpg

もちろん酒もw

途中の金木駅までは、車内が満員でしたが、そこから終点まではまったり。。。。

スルメを焼くペースも上がりました。

終点では、機回しが行われます。

IMG_4645.jpg IMG_4648_20100212003126.jpg IMG_4650_20100212003126.jpg

津軽中里駅の構内は広く、非常に長い有効長の側線や、転車台などもあり機関車が輸送の中核を担っていた頃の雰囲気がよく残っています。

IMG_4647_20100212012003.jpg


今では珍しくなった、ロッド式機関車のDD352。

IMG_4654_20100212011935.jpg

それに連なる旧型客車・・・。

IMG_4657.jpg 

屋根から聳える煙突はストーブ列車の証。

IMG_4659_20100212012723.jpg

いつまでも走り続けてほしい列車です。

IMG_4653.jpg

帰りも、発車早々にスルメを焼き乾杯!!!

IMG_4672.jpg

こんなオツマミも食しながら・・・

IMG_4674.jpg

雪原を五所川原へ。

IMG_4681.jpg

あっという間に終点・五所川原に着きました。

IMG_4685.jpg

構内には、元・西武の川造型電車の成れの果てが・・・。

IMG_4684_20100212003236.jpg IMG_4682.jpg

もう、“電車”としては存在していないようですが、客車として姿を留めています。
実に貴重な車両です。

五所川原からの帰りも、青森駅まで山道を走るバスでした。

IMG_4689.jpg

そして、何度目かの『白鳥』で八戸へ。

IMG_4693.jpg

もちろん何度目かの乾杯!!!

IMG_4694_20100212003234.jpg

ここまで呑み続けると、外気よりも寒いヲヤヂギャグの大寒波がその場を冷やしたりしたとか・・・・しないとか・・・。

八戸で新幹線に乗り継げば、いつの間にか東京駅。

IMG_4697.jpg

長いようで、あっという間の旅行でした。
しかし、密度はかなり濃い旅行でした。

この旅行で、一晩の宿を提供して戴いた会長ならびに会長のご両親、函館まで迎えに来て戴いた会長の叔父様夫妻、青森の旅をエスコートして戴いたK氏に改めて御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!!










スポンサーサイト
  1. 2010/02/12(金) 01:39:14|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<休日の赤い疾風~京急700(Ⅰ) その5 | ホーム | 北東北・道南へ針路を取れ~2日目>>

コメント

おはようございます。

先日はお疲れ様でした!

やや突発気味でしたが、入念に計画された旅行で道中楽しめましたね♪

またどこかへ行きましょー
  1. 2010/02/12(金) 09:07:21 |
  2. URL |
  3. 西武マニア #-
  4. [ 編集]

西武マニアさんこんにには。

先日はお疲れ様でした。

出だしからどうなるかと思いましたが、充実した旅行でしたね。

是非、またどこかへ行きましょう!!!
  1. 2010/02/12(金) 10:47:34 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

誘っていただきありがとうございます。
あけぼのに乗れなかったのは残念ですが、それを補って余りある、思い出に残る旅行になりました。

あけぼのは祭になる前にリベンジしましょう。
  1. 2010/02/12(金) 23:38:37 |
  2. URL |
  3. クロポ415 #T4VI7/Tg
  4. [ 編集]

クロポ415 さんこんばんは。

こちらこそ、ありがとうございました。
青森のK氏にもよろしくお伝え下さい。

あけぼのは、是非リベンジしたいですね。

機会ありましたらお願いします。
  1. 2010/02/13(土) 23:45:40 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/495-4f8b9211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。