もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪残る会津へ~第2章 野岩路から会津路へ

鬼怒川温泉を出て1駅。新藤原へ到着。

IMG_4977_20100324003337.jpg

ここまでは東武鉄道です。
この一駅間は大手私鉄で唯一気動車列車が運行されている区間になるそうで、もちろんこの列車もその貴重な列車にあたります。

東武鉄道には気動車を運転できる乗務員がいないので、鬼怒川温泉から会津若松までの区間を会津鉄道の乗務員が担当しています。
よって、会津鉄道の乗務員は、東武・野岩鉄道・会津鉄道・JR東日本と4社をもの路線を乗務する珍しい乗務員ですね。

新藤原から、野岩鉄道線に入って行きます。

トンネルを一つくぐると龍王峡駅。

IMG_4978.jpg

すぐに次のトンネルが口を開けています。
トンネルを抜け、次の川治温泉駅はホーム1面の高架駅。

IMG_4979_20100324003336.jpg

よって山の中の高架駅というのも少し不思議な光景ですね。

野岩鉄道線は、東北本線の古河と奥羽本線の米沢を短絡する野岩羽線と建設されたものの、国鉄再建により工事凍結された路線を引き継いだものです。
殆どを高架線で建設し、トンネルと橋梁を用いて直線で短絡してゆくこの手の路線特有の線形です。
山の中の高架駅が生まれたり、トンネルを抜けると鉄橋・・・・

IMG_4980.jpg

鉄橋を渡るとトンネル・・・の連続です。

IMG_4981.jpg

ちなみにこの錆び色の鉄橋は無塗装鉄橋というもので、名前の通り表面を無塗装にし発生した錆びにより塗装と同じ表面を保護をする構造物だという事をAR-2氏が教えてくれます。
その為、塗装に関わるコストが大幅に削減できるそうです。

列車は山間を走り、途中駅では猿が線路を直前横断

IMG_4983.jpg

つくづく山の中に入ってきた事を実感します。

野岩鉄道と会津鉄道の分境点、会津尾瀬口駅へ到着。

IMG_4990.jpg

いよいよ福島県へ入りました。
ちなみに、野岩鉄道の駅ではこの会津尾瀬口駅のみが福島県ですが、野岩鉄道の筆頭株主は福島県で福島県が野岩・会津ルートを重要視する姿勢が伺えます。


会津鉄道線へ入ったとはいえ、まだまだ電化区間が続きます。

ここまでは丹念に各駅に停車していましたが、ここからは“快速”に。
いよいよ優等列車用気動車の本領発揮です。

IMG_4985.jpg


電化区間の北限、会津田島駅まで一気に走り抜けます。

IMG_4994.jpg

ここは会津鉄道の運転上の中枢となる駅で、駅に隣接して運転基地が設けられています。
3社線区を乗務してきた乗務員もここで交代します。

この先は、国鉄会津線時代を色濃く残す構造物が多く残り一気にローカル色が濃くなります。

雪は降っていないものの、残雪も増えてきました。

IMG_4995.jpg IMG_4989.jpg

線路敷設の時期の新しい野岩鉄道線の沿線に比べて、以前より敷設されていた会津鉄道沿線は風景に広がりを感じます。
やはり、鉄道がもたらす沿線開発の効果があるようですね。


IMG_5002_20100324121724.jpg

ネコ駅長、『ばす』が勤務する芦ノ牧温泉駅に到着。

IMG_5001.jpg

ここで、会津鉄道線で初めての列車交換です。

ほどなく西若松駅に到着し、ここからはJR只見線に入ります。

IMG_5005.jpg

そして1駅、終点・会津若松には定刻の12:59に到着。

IMG_5009.jpg

ここで、2時間を共にしたキハ8500に別れを告げます。

IMG_5013_20100324121817.jpg

名鉄時代から1度は乗ってみたい憧れの車輌でしたがなかなか機会がなく、引退寸前ギリギリのタイミングになってしまいましたが、外観デザイン・内装デザイン共に実に良い車輌でした。
車輌の状態からすれば無理もないでしょうが、引退は惜しい気がします。

駅構内でド派手な485系に遭遇。

IMG_5015_20100324121817.jpg

オヂサン的感覚からすれば、特急車輌の威厳が感じられず残念な気がしますが、チャンピオンマークが残されている事がせめてもの救いでしょうか・・・・。

ここで昼食タイム。
会津若松駅前は町の中心街から離れており、事前にリサーチしたものの良い店が無く観光案内所で教えてもらった駅前すぐの『マルモ』食堂さんへ。

IMG_5018_20100324121922.jpg

長テーブルにビニールクロス張りの椅子・・・・昭和の雰囲気が漂う懐かしい店内です。

最近、見かけなくなったこんなアイテムも・・・。

IMG_5020_20100324121921.jpg

どれだけ需要があるのでしょうか???

で、注文したのは焼肉定食。

IMG_5019_20100324121921.jpg


思いの外、肉は淡白な味付けでした。

食事を済ませると、牛ガラのバスがお出迎え。

IMG_5022_20100324121920.jpg

以前作ったネタ電みたいで親近感を覚えましたが、広告を見るとダルメシアン柄だったようです・・・・。

駅の脇には、古い日通事務所とコンテナヤードが。

IMG_5021.jpg

会津若松には営業貨物列車はの運行はないのですが、コンテナの中継基地としての機能は残っており、ここからトラックによる定期便が運行されています。

駅に戻り、13:04発の磐越西線で郡山を目指します。

IMG_5023.jpg

ホームには、『SL』や『ユキ』等この駅を象徴する停車目標があり土地柄を感じさせてくれます。

IMG_5024.jpg

今や、仙台地区の交流電車では最古参となった719系の郡山行きに乗り込み乾杯

IMG_5025.jpg

会津若松駅を発車して間もなく、転車台と扇型機関庫の脇を通過します。

IMG_5027.jpg

気動車が何両か入っていたので、今でも恒常的に使われているようです。
蒸気機関車時代の遺産ですが、現役なのは嬉しいですね。

郡山への山道を進むにつれて、会津若松には無かった残雪が再び顔を現します。

IMG_5030.jpg

やはり、まだまだ会津の山中である事を実感します。

間もなく列車は山を下り始め、スイッチバックで有名だった中山宿の旧駅を眼下に見る頃には雪もすっかり消えてしまいました。

IMG_5033.jpg

記憶が曖昧ですが、私がこの中山宿を通過したのは15年位前に夕方に運行されていた上りの50系客車を連ねた列車だったかと思います。
牽引機は既にED75でしたが、闇の中で客車列車で体験したスイッチバックは今も強く印象に残っています。

山を下り足取りが軽くなった列車は、定刻14:18に郡山に到着しました。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/08(木) 17:34:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪残る会津へ~大当たりの終章 | ホーム | 久し振りのCKC>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/526-db8e1773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。