もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜市電1500型

ジワジワと進めている横浜市電1500型の工作をしました。

側面窓上に、ランナー引き伸ばし線で水切りを再現してみました。
本当は、半田メッキし真鍮線がシャープでイイのでしょうが、ホワイトメタル成型の前面パーツにかかる部分があるので、ランナー引き伸ばし線をタミヤの緑キャップのセメントを流し接着しました。



また、前面のサッシも取り付けます。
ステンレス製なので塗装後に取り付ければ塗装の手間が省けるのですが、車体との隙間が大きく隙間に接着剤を流して埋める関係で塗装前の取り付けとしました。

これで車体の工作はほぼ終了。

下回りです。

説明書通りにプラ板を貼りますが、解説してある寸法通りに切り出して貼ってもしっくりこないどころか、はっきり言って無意味な存在です・・・・

手元に説明書が無いと分かりずらい話になりますが、床上の10mm×10mmのプラ板貼り付けとありますが、これは8mm×15mmベースで現物合わせで調整、床下・排障器上のプラ板を貼るとレールと接触しそうな位置になるので貼らない方が良いようです。

以前に書いたように、付属の床受けパーツも寸法がイイカゲンなので使い物になりません・・・・。

結局、左右側面全長にt1.5mmのプラ板を貼り車体を受ける方法をとりました。


IMG_5442.jpg


このキット、本当に試し組みをしているのか怪しくなります・・・・・。

ちなみに、今回工作した水切りは、登場時にはありませんが、キットの設定のワンマン化後(方向幕が2段になっている)には設置されており、時代考証も怪しい・・・。

まぁ、この手の車輌のベースになるキットが発売されただけでも奇跡ですし、先が見えたので結果オーライでしょうかねぇ・・・・。

車体と下回りを合せてみました。

IMG_5445.jpg

もうすぐ本塗装ができそうです


スポンサーサイト
  1. 2010/06/25(金) 03:52:06|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミスター京急 | ホーム | CKCモジュールオフ 2010>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/546-303f7915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。