もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋休み4

さて、広島滞在3日目 。

今日は、宮島観光へ向かいます 。

広島に来た・・・と言えば、必ず「宮島へ行った?」と聞かれる程広島ではメジャーなスポット。

市内から、宮島へフェーリー乗り場となる宮島口までは直通電車が頻繁に運転されているので便利です 。

やって来た電車は、ドイツ製のグリーンムーバー 。

9621598_859057929_164large.jpg


5車体連結、ステップの無いフルフラットな低床電車等、数々の新機軸を取り入れた画期的な電車なのは周知の通りですね。

西広島までの路面電車区間を過ぎて宮島線に入ると、かなりのスピードで飛ばします 。

9621598_863670202_1large_20101123225151.jpg


特殊な車体構造であるからか、低速の路面電車区間ではそれほど気にならなかった車体の揺れが、高速で走る宮島線では揺れが大きく少し気になりますね

そんなグリーンムーバーに文字通り揺られて1時間程で宮島口に到着。

ここからは、フェリーで宮島へ渡ります。

9621598_863670201_73large_20101123225152.jpg


このフェリーは、2社が5分間隔という高頻度で運航しており、非常に便利です。


『宮島フリーパス』なら、松大汽船はフリー区間に含まれていますが、ここは最後の『鉄道連絡船』であるJRの宮島航路をチョイス。

別途乗船券を購入します。

9621598_863670197_138large.jpg

ま、170円なんですけどね

『鉄道連絡船』とはいえ、鉄路の無い宮島へ鉄道車輌の航送は当然なく、単なるフェリーであります。

その為か出航の合図などは実にあっさりしており、気付けば出航していた・・・という感じでいつの間にか海の上にいました。

潮位の低い時間帯であれば、名物の海に浮かぶ鳥居の近くを通る航路を航行するそうですが、乗った時間は満潮で一番潮位の高い時間なので残念ながら迂回・・・・ 。

9621598_863670164_42large_20101123224834.jpg


船からは遠くに鳥居を見たでけでした・・・。

10分の短い船旅を終えて宮島(厳島)へ到着!

9621598_863670191_94large.jpg


厳島神社へ向かいます 。

早速、宮島の主(!?)鹿サンとご対面!!

9621598_863670190_163large.jpg



神社までの道沿いには、大きなホテル等が立ち並び、思いの外、大きな島です。

程なく神社の入り口へ。

9621598_863670189_108large.jpg


しかし、ここから先の参道が長く、ひたすら海沿いにある参道を歩きます

9621598_863670184_122large.jpg


そして、やっと鳥居に到着。

9621598_863670166_39large_20101123224833.jpg


海に浮かぶ大鳥居も間近で見られます。

9621598_863670164_42large.jpg


いよいよ神社の拝殿へ・・・。

9621598_863670163_240large.jpg


満潮の時間だけあって、神社の床上にも海水が上がっている場所もあり、本当に海の上に建つ神社である事を実感させられます


9621598_863670160_159large.jpg 9621598_863670159_228large.jpg

この舞台で撮影したいる観光客も多くいたのですが、ちょいと足踏み外したら・・・・

9621598_863670147_219large.jpg


まぁ、上手く落ちないものです・・・ 。

厳島神社を参拝した後、弥山(みせん)へ登ります。

登る・・・と言っても、ロープーウェイが途中まであるので、楽勝です。

神社の裏手にある古い町並みのお土産物屋街を抜けて・・・


9621598_863670144_88large.jpg



もうすぐかなぁ・・・・・














・・・・・・・・・と、思ったものの、このロープウェイの駅までが遠いこと遠いこと


途中にこんな看板も・・・


9621598_863670142_84large.jpg


さらにこの先も歩いて、やっと到着

9621598_863670138_187large.jpg


これで、展望台までは一直線!

9621598_863670136_103large.jpg


遥か広島湾を望めるロープーウェーからの眺めは、絶景です!!
もう少し後の紅葉シーズンになったら、さらにイイ眺めでしょうね

途中、ロープーウェーを乗り換えて、獅子岩展望台に到着。

9621598_863670132_56large.jpg


残念ながらガスが多く景色が霞んでいますが、高いところからの眺めはイイものです。

9621598_863670135_163large.jpg


ここからさらに弥山の頂上へ続く登山道があり、せっかくなのでチャレンジしてみることにしました。

比較的整備されてはいますが、上り下りが激しく、結構体力を使います

途中のにある 大聖院は、大同元年(806年)、弥山を開基された真言宗の開祖、弘法大師空海を祀ってあるそうで、中でも不消火堂(きえずのれいどう)にある火は1200年消えていないそうで、平和公園の平和の灯火にもなった火だそです。

大聖院を拝観して、さらに上へ。

弥山は、山頂に近づく程3mをけるような大きな岩がゴロゴロしており、自然ではなく人為的に置かれた形跡があるものの、誰が何の目的で置いたかは分かっていないそうで謎を秘めています。

中でも、ドルメンは特に謎を秘めると共に神々しい場所です 。

9621598_864869367_120large.jpg


そんなんで、30分程で529.8m弥山山頂へ着きました!!

9621598_863670130_54large.jpg


相変わらずガスっているので遠景は望めませんが、画面中ほどの小さく建物が見える所がロープウェイの駅・獅子岩展望台なのでけっこう上りました。

さて、展望を楽しみ、今度は下りです。

下りも、やはり上り・下りが激しくイイ運動になります。

帰りもロープウェイを利用して下り、麓のロープウェイの駅からは徒歩で港へ。

『車道』と書いてある道を歩いて港へ向かいましたが、走る車を気にせず鹿がノンビリと歩いていたりします。

ホントに鹿は宮島の主ですね。

30分程で港に戻り、フェリーと電車で市内へ戻ります。

丁度お昼時だったので、広島の友人に教えてもらったお店へ。


9621598_864869354_19large.jpg

舟入町で降りて、広島冷麺発祥の店・『新華園』さんへ向かいます。

9621598_864869345_4large.jpg


メニューは、冷麺の大・中・普通の3つだけで、営業時間も11:00~14:00までと冷麺一本勝負のお店

早速、中を注文

出て来た冷麺とは、最初の晩に食べてつけ麺と同じく辛いタレに中華麺をつけるつけ麺でした。

しかし、この店の頑固親父は『冷麺』と言い切っているそうで、『つけ麺』というと追い出されるそうです。

で、味の方は、結構辛いタレでしたが、やはりクセになる旨さで完食

元祖を謳うだけはあります。


さて、その後は広島の名園・縮景園を見学したり、友人へのお土産を買ったりして一旦ホテルへ 。

この日の夜は広島の友人と一杯

実に楽しい再会でした。

楽しい夜が明ければ、帰路へ

広島の名残を惜しんで、最後に広島駅の駅弁・あなごめしを食べながら長かった旅の思い出に浸りました。
9621598_863670203_176large_20101123225151.jpg

スポンサーサイト
  1. 2010/11/23(火) 22:56:05|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<工作近況・・・ | ホーム | 秋休み3>>

コメント

こんばんは
以前宮島は行きましたがちょうど干潮の時間で・・・鳥居の下で子供と砂遊びをしてきました。
でも満潮の宮島も乙なものですね。いつか行きたいものです。
  1. 2010/11/25(木) 00:44:26 |
  2. URL |
  3. 川ロ車両製作所 #JalddpaA
  4. [ 編集]

川ロ車両製作所さんこんにちは。

干潮だと鳥居の下までゆけるのですね!
満潮しか知らないと、不思議な感じがします。
  1. 2010/11/26(金) 12:05:48 |
  2. URL |
  3. gino-1 #I9XqvRQs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/583-4577ea2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。