もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西岸良平 その3

本当にこういう記事のブログを書く時世ではないのかもしれなのでしょうが、私にはこんな記事しか書けません。




西岸良平のイラストが描かれた電車の3回目です。

口うるさい某氏のアドバイスに従って、ドア窓、戸袋窓、及び前面ガラス上部を方向幕部分を除き裏からクリアーブルーに塗装し、熱線吸収ガラスを再現します。
前面ガラスの塗り分けラインは、モールドがあるので迷わず済みます。

某氏曰く、この熱線吸収ガラスは殆ど役に立たないシロモノ・・・だそうです。。。。。。。。。

ガラスを塗り終えたら、ドア窓に貼られた戸袋引き込まれ防止、優先席のステッカー、乗務員室小窓に印刷されている『乗務員室』の文字をインレタで再現します。

使うインレタはこちら。


IMG_6813.jpg

戸袋引き込まれ防止のステッカーは、何故かあったGDF製の物、『乗務員室』はレボリューションファクトリーの物を使用します。

口うるさい某氏のアドバイスに従って2種類ある戸袋引き込まれ防止の丸型ステッカーは緑色の方を、優先席のステッカーは1001F山側、1051は海側のそれぞれ一番連接寄りの窓に転写します。

そして、方向幕もGDF製を貼り付けます。
前面は、ステッカーの裏側を黒色に塗っておきます。

車体の屋根以外をしっかりマスキングして、穴埋め加工した屋根を塗装します。
色はジャーマングレーをセレクトしました。

配管と屋根のパンタ台は、明るいグレーなのでGM9に塗り分けます。
パンタ、クーラー、SIV、アンテナ、フューズBox、床下も合せてGM9で塗装します。
某氏曰く、パンタは銀だそうですが、好みでグレーにしています。

さて、丸型の避雷器ですが、KATOのAssyパーツから、『EF65 貨物二次更新』用というパーツを銀色に塗って取り付けます。
某氏の講釈によれば、この1000シリーズは今では全てこのタイプの避雷器になっているそうですが、天面にある∩型の切り欠きの向きが編成により異なるそうです。

「この辺りを作る編成によって向きを変えるとウルサイ・・・。」

そうです。
これ以外は作る予定が無いので、私にはカンケー無い話です。


IMG_6810.jpg

この1001の切り欠きの向きは、画像のように枕木方向になるそうです。

床下と屋根にエナメル系塗料でスミ入れし、再度組み立て・・・・・・


完成~!!

IMG_6854.jpg

口うるさいアドバイスのおかげせいで、とりあえずこんなカタチに・・・。

全く興味の無い車輌が出来上がりました。。。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 19:26:56|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよなら7500型 | ホーム | 西岸 良平 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/613-2030c507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。