もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿武隈急行へ

祖父母のお墓参りを済ませた帰途は、期日限定で発売されている『東日本パス』を使い、寄り道して帰る事にしました。

帰りの片道運賃と、『東日本パス』との差額が\1,200程だった事にも大きく後押しされました。

お昼ご飯を食べてからノンビリ三春を出発。

DSCN0415.jpg



郡山から新幹線で福島を目指します。

DSCN0416.jpg

普通列車でも充分な距離ですが、自由席なら乗り放題の『東日本パス』。
使わない手はありませんな

DSCN0418.jpg

福島では、僅かな乗り換え時間で阿武隈(あぶくま)急行線へ乗り換えます。(画像は梁川停車中に撮影)

DSCN0425.jpg

今回、最大の目的はこの阿武隈急行へ乗る事です。

阿武隈急行は、福島駅~宮城県の槻木駅までを結ぶ第三セクターの私鉄路線であり、建設予定で部分開業をしていた非電化のローカル線を引き継ぎ1988年に電化させて全線開業をさせた路線です。

ローカル線を引き継ぎ建設予定線開通させた路線は多数ありますが、電化させて開業した路線は少なく、阿武隈急行のようにローカル輸送に特化した路線では他に例が無いのではないでしょうか???

そういった変わった経緯もありますが、今回の震災で多大な被害を受け、さらには沿線の伊達市や福島市では放射能レベルが高い地域があり、風評被害による観光客も減っている…という厳しい状態だそうです。
乗ってナンホ゛の鉄道業[i:30]復旧の暁は乗りに行こうと思っていました。

長くなりましたが、多大努力の末に復旧した『阿武隈急行』へ乗り込み出発です。

福島駅ではJRのホームとは別れていますが、暫くはJRの線路を間借りです。

このあたりも、国鉄線として建設が予定されていた路線の名残ですね。

踏切を作らないように設計された路線だけあり、新幹線のように規格の高い線路ですが、列車はノンビリとした速度で走ります。

DSCN0424.jpg


福島から暫くは団地や住宅が並んでいましたが、だんだんと田畑が広がるノンビリした風景に変わって行きます。

DSCN0420.jpg


背の低い木の畑が多く、福島名産の桃やサクランボの畑のようです。


DSCN0421.jpg


風景にが変わるのにあわせるかのように、福島を出る頃は、そこそこの乗客が乗っていたのですが、各駅で少しづつ降りて行き、この路線の中心となる駅・梁川に着く頃にはガラガラ・・・。

DSCN0419.jpg

そして、一時は日本一長い駅名として有名になった『梁川希望の森公園前』駅に到着。

DSCN0429.jpg


駅名票が長いですね。

この頃はには、車内は自分を含めて3人に・・・。
しかも、他の二人も観光客のようで定期的な利用者はゼロです。

やはり、地方私鉄の厳しを実感させられますね。


列車は間もなく県境を超えて宮城県へ。

一気にトンネルが多くなり、この路線の由来にもなった『阿武隈川』に沿って緑の中を走ります。

それだけに車窓の風景は絶景が続きます。

DSCN0431.jpg  DSCN0433.jpg



秋の紅葉の頃に来ら、さらに絶景でしょうね。

絶景の中、トンネルで山を貫き列車は丸森駅へ。

DSCN0434.jpg

ここから先は、国鉄丸森線として建設された部分になります。

その為か路線の雰囲気が一気に変わり、古く重厚な作りのトンネルや古い雰囲気の駅が増えてローカル色が濃くなります。

しかし、仙台の都市圏とあってか乗客は駅ごとに増えて行きます。

そして、福島から1時間ちょっっとで終点槻木駅に到着。

DSCN0442.jpg


初めて乗った路線でしたが、思ってもいなかった絶景に出会うことができ、また別のシーズンに乗ってみたくなるような路線でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/16(土) 12:12:41|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本鉄道模型ショウ | ホーム | 報道されない被災地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/646-87eee577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。