もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大津帰りの長い道草~4

大阪で一泊して、いよいよ帰宅です。

ホテルは中之島線・渡辺橋近くだったので、そのまま中之島線を乗り潰してから出発します。

DSCN1670.jpg

距離も短いので、あっさりと乗り潰し終了。

DSCN1663.jpg

天満橋からは本線の特急で三条へ向かいます。

DSCN1676.jpg

そして、京都からJR・・・の予定でしたが、浜大津へ寄る用事ができてしまい京津線へ・・・

DSCN1677.jpg

石山でJRへスイッチ。

駅で待っていたら、珍しい列車が・・・

DSCN1679.jpg DSCN1678.jpg

客車列車自体、珍しい存在になりましたね。

JRで彦根まで行く予定でしたが、近江八幡で近江鉄道のホームにこんな電車が止まっていたので、急遽乗り換えました。

DSCN1681.jpg

この日は『S・Sフリーきっぷ』の発売日という好都合。
まぁ、券売機で彦根までの切符を買おうとしたものの運賃表が見当たらず、券売機で発売している最大運賃が450円だったので、運賃の高い近江鉄道が『S・Sフリーきっぷ』より安いワケ無い・・・と、咄嗟に考えて行動しただけのハナシです。

近江鉄道は、運賃表もそうですが、車内の路線図も分かりにくく(広告に埋もれてそれと分からない)、慣れない身からすると不便な気がしてなりません。。。

文句わグチグチ言っても、近江鉄道の誇るロマンスカー700形に乗れるとなればテンションも上がります!!

スマートな外観から想像もつかにような近江鉄道のお約束にきっちり沿ったこの運転台。。。

DSCN1682.jpg

取扱いの統一・・・といった意味では良いのかもしれませんね。

185系で使用されていたシートに身を任せれば、贅沢な気分になれます!!

DSCN1683.jpg

列車は、田園地帯の中をノンビリ走ります。

DSCN1688.jpg

20分程で八日市へ到着です。

DSCN1689.jpg

木造の跨線橋のある広い構内には、何本かの車輌が昼寝しています。


DSCN1690.jpg


この800型は次の貴生川行きになるようですが、次の貴生川行きまでは1時間以上先。。。
貴生川方面も行ってみたいのですが、今回は諦めます。

そして、220型。

DSCN1691.jpg

いつも見るのに、未だに乗れていない電車です。

ふと構内をみると、こんな通路が・・・

DSCN1694.jpg

タブレット交換時代の名残でしょうかね。
駅舎は新しくても懐かしいモノがあちこちに残っています。

ふと、ホームを見ると自転車が・・・

DSCN1695.jpg

公共交通が限られる場所だけに、自転車が持ち込めるサービスは免許を持たない交通弱者にはありがたいサービスですね。

さて、やってきた米原行きに乗り込み彦根を目指します。

DSCN1696.jpg

どこまでも続く田園地帯の中、電車はノンビリ進みます。
近江鉄道は沿線風景もさることながら、駅舎などの鉄道施設も魅力ある物が多く、ゆっくり乗り歩いてみたいものです。

DSCN1697.jpg


今、何かと話題の豊郷を過ぎて、彦根に到着。

DSCN1700.jpg


この日は、『近江鉄道ミュージアム』開館日ですので、早速見学します。

DSCN1701.jpg


館内には色々と懐かしい鉄道用品が展示されていますが、少し解説が少ないのが残念なところです。

DSCN1702.jpg

雨が強くなってきましたが、屋外展示へ。

DSCN1703.jpg DSCN1704.jpg

以前来た時に比べて、ダルマ転轍機や、パンタグラフ等、実物部品の展示が増えています。

近江鉄道名物・旧型電気群。

DSCN1712.jpg DSCN1709.jpg DSCN1717.jpg

DSCN1713_20111130091926.jpg DSCN1706.jpg DSCN1707.jpg

この日は、ED14のキャブが公開されていました。

DSCN1725.jpg

機関車に力が入った反面、電車やレールバスの展示はおざなりになっているようで、以前とは違い柵の外からの見学に・・・。

DSCN1714.jpg DSCN1715.jpg

これらも、今では貴重な固体なんですけどねぇ・・・・。

柵の外からも気になるのは彦根工場の中。

DSCN1720.jpg DSCN1719.jpg

横に置かれた各自工夫のことの前面パーツ共々、どんな電車が出てくるのか気になるところです。


一通り見学を終えて彦根からJRへスイッチしようとしたら、JRは福知山線の障害の影響で上りはいつ来るか分からない情況・・・・との事。

と、いうことで、そのまま近江鉄道で米原へ。

JR彦根駅の改札前には多くの乗客がいましたが、近江鉄道へ振替乗車をする様子は全く無く、ガラガラの近江鉄道で米原に向かいます。

滋賀に住む友人が、「近江鉄道は、振替でもガラガラ・・・」と言っていましたが、正しくそんな光景が展開されていました。

米原では、井筒屋さんのそばスタンドできつねうどんを注文しました。

DSCN1729.jpg

駅弁ではハズレのない井筒屋さんだけあって、薄色ながら出汁がしっかりし、香も良い期待通りのうどんでした。

ここから新幹線・・・の予定でしたが、丁度、数少ない関ヶ原越えの列車があったので乗車する事に。

DSCN1730.jpg

最新鋭だった311系も気付けばローカル運用に・・・。

大垣から豊橋までは、313系の新快速で・・・

DSCN1731.jpg

乗り継ぎをを重ねて日が暮れる頃には浜松に到着しました。

ここから先は、東海道線最大の苦行・・・長時間のロングシート車。。。

まぁ、それも嫌なので、あっさり新幹線で小田原までショートカットをする事に。

長距離旅行者にとって、駿河湾に沿ってグネグネ走り、快速列車も無くなるこの区間は東海道線では関ヶ原越えと並ぶ厄介な区間だと思います。

小田原までショートカットできれば、家まで一息。。。

長かった大津行きの旅も終焉となりました。

(終)
スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 10:14:11|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<忘年会 | ホーム | 大津帰りの長い道草~3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/705-dc7ac052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。