もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の宿題

今年も押し迫ってまいまりました。。。

ここ暫くは呑みに行くのにとても忙しく更新を放置していました。

そろそろ恒例の新年会に向けたテーマに合せて、工作を開始することにしました。



まぁ、ずいぶん前から取り組んでいたのですが、記事にしていなかったのでアリマス。。。

この変態の極みのようなモニ101ですが、あまぎのキットらしくないエラく親切な説明書が入っており、あまぎのキット入門者向けの題材です。

と、万年初心者のgino-1がエラそうな事を言っております。

キットの方は、窓が少ない車輌だけあって、半田流し穴も多くしっかり組めるので、サクサクと進みます。

DSCN1737.jpg

側面を合わせた後に、保護用のベロをカットするのはいつものあまぎキットの工程ですね。

DSCN1739.jpg

続いてお顔・・・。

内張り・外張りの二枚重ねでお顔を作ります。

DSCN1740.jpg

半田流し穴から半田を流せば、半田メッキを使う必要も無く本当にクミやすいキットです。

そして、のっぺらぼうの貫通(していなさそうだけど・・・)扉を取り付けます。

DSCN1742.jpg 

いよいよ、顔を車体の後退角に合せて曲げ、車体へ取り付けます。

DSCN1743.jpg

この曲げ角度が微妙で、現物合わせでジワジワと曲げて行きます。

顔を曲げたら顔の取り付けですが、屋根肩のカーブが微妙に合わず・・・・ここはあまぎのキットらしい個性・・・。
この辺は、想定の範囲内の事なので気にもなりません。

一番隙間が小さくなる位置で取り付けて、取り付け後に半田とパテで修正・・・といういつもながらのお手軽工法でクリアーしました。

で、箱になりまた。

DSCN2112.jpg


が、ここで油断が出たのか、ランボードパーツは破損させる凡ミス・・・orz
只今、メーカーに部品発注中に付き暫し中断であります(汗

その間は、他の宿題でもやりますかねぇ。。。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/29(木) 23:37:15|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カレンダー | ホーム | 頭文字D>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/712-37c5623f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。