もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年新年会in赤城 その3

さて、一夜明けて新年会2日目は、手作りパンが添えられた美味しい朝食からスタートです

DSCN2300.jpg

昨晩の夕食もそうですが、野菜いっぱいの食事は嬉しい限りです

食後は、出発までの時間で運転を楽しみます。

昨日は運転しなかった単線のローカル線を運転してみましたが、なかなか魅力的な路線で、長いガーター橋があったり、トラスで他の路線を跨いだり・・・と、随所に楽しめるポイントが織り込まれています。
5200系を走らせて、昔の二子玉川園風に・・・・。

DSCN2305.jpg

クロポ415氏製作の『群馬の車輌』こと安中貨物。

DSCN2325.jpg

タキも製作中との事で、今後が楽しみです。

赤緑氏の鉄コレに手を加えた上田交通シリーズが屯するローカル駅を発車するのは、あやにゃみ氏の『群馬の車輌』・BトレD51498

DSCN2317.jpg

BトレのD51に、9600の動力を仕込んだ労作です。
まだ調整中との事で、こちらも今後が楽しみな作品です。

昴氏の南海・丸ズーム+角ズーム8連。

DSCN2316.jpg

切り継ぎの労作ではありますが、スッキリと仕上げられています。


オーナーさんお勧めの撮影ポイント・外からローカル線のトラスを出てくる列車を狙ってみました。

DSCN2334.jpg

車輌は、のび鉄氏の東武3000系。
帯はスプレー塗装で仕上げられたそうですが、スッキリ仕上げられており素晴しいの一言です。


さて、名残惜しいのではあります、出発の時間となりまして、宿の送迎車でわたらせ渓谷鉄道の大間々駅へ送って戴きます。

DSCN2335.jpg

昨夜は一晩中雨が降っていたようで、雪もだいぶ溶けていました。

わたらせ渓谷鉄道の大間々駅で、お世話になったオーナーさんともお別れ。


DSCN2336.jpg

国鉄時代の駅舎を引き継いだわたらせ渓谷鉄道の軸となる駅で、構内には車輌基地が併設されています。
わたらせ渓谷鉄道名物・電車改造のトロッコ列車や、赤銅色のレールバスが多数留置されています。

DSCN2342.jpg DSCN2346.jpg

電車改造のトロッコ車輌の前世は、京王5000系でして、車体番号は京王時代のままですね。

DSCN2343.jpg DSCN2344.jpg

時間となりまして、乗る間藤行きの列車が来ました。

DSCN2347.jpg

車輌は富士重工製なのは、さすが地元です。

DSCN2350.jpg DSCN2351.jpg

『わ』という形式も面白いですね。


渡良瀬川沿いにノンビリと走る列車にはアテンダントさんが乗務されており、アテンダントさんの案内で右見て・左見てを繰り返し、神戸駅で下車します。

DSCN2357.jpg

こちらも国鉄時代からの駅舎です。
駅舎・ホーム丸ごと国指定の文化財となっており、間藤方面のホームにあるレンガの危険品庫は小さいながらもどっしりとした風格です。

DSCN2368.jpg

この駅には、『列車レストラン』清流が営業しており、名前の通り、東武・DRCこと、1720系の中間車2両が店舗に改装されて営業しています。

DSCN2362.jpg DSCN2361.jpg

塗装も、近年になって、東武時代の塗装に戻され美しい状態が保たれています

DSCN2370.jpg

当時のままの車内にテーブルを設置されており、DRCの雰囲気満点です。

DSCN2364.jpg

おや?先客さんが・・・

DSCN2363.jpg

某氏夫婦でした。
いやー偶然ってあるんですねー(棒)

こちらレストランでは、『舞茸ごはん定食』を注文

DSCN2365.jpg

舞茸ごはんに、天羅・、そば・・・ボリューム満点の山の幸タップリのメニューでした

食事後は、再びわたらせ渓谷鉄道で間藤に向かいます。

どんどんと山深く雪景色が濃くなり、渡る渡良瀬川は凍結していました。

DSCN2374.jpg 

運転席の横が開放されているので、こんな眺めも楽しめます。

DSCN2376.jpg

そして、列車は終点の間藤へ。

DSCN2384.jpg

宮脇俊三氏の名著・『時刻表2万キロ』の終着駅であるこの駅には、それにまつわる展示もあります。

DSCN2385.jpg

以前は、この駅から先に銅山へ貨物線が延びており散策してみたいとも思いますが、今回の旅程で一番タイトな乗り継ぎがここ間藤での日光市営バスへの2分乗り継ぎなので、そうもゆきません。

DSCN2383.jpg

改めて訪れてみたいと思います。

少々遅れてやって来たバスは、白ナンバーの80条バス

DSCN2390.jpg

公共交通を確保する為に、自治体自家用車で運行しているバスです。
平成の大合併に伴い足尾も日光市の一部となった事で、行政サービスとしては充実してきたのかもしれません。

日足トンネルのおかげで、日光までは30分程で到着です。

DSCN2391.jpg

JR目光日光の駅舎は相変わらず美しい建物です。

日光駅構内に留置線が何本か残されているものの線路が撤去された跡もいくつかあり、正しく栄枯衰退を感じます。

来た電車は、107系の4両編成。

DSCN2392.jpg

半分程は、修学旅行生で埋まっているのはこの路線らしいところです。

列車は雪化粧した下野平野を走り、宇都宮には15:01着。

DSCN2394.jpg


ここで、所要のあるクロポ415氏と別れて、我々は最終ランナーに乗り継ぎます

DSCN2396.jpg

で、ここで、問題発生!!!

今回のオフでは、211系平屋グリーン車に乗る予定だったのですが、Wデッカーx2・・・orz

呑んだくれ幹事らしいオチですな。。。

まぁ、ゾロ目車番という事でバーターかな・・・

DSCN2395.jpg

そして、最後のかんぱーい

DSCN2399.jpg

参加されたみなさんのおかげで、2012年新年会も無事に終えることができました。

ありがとうございました。






スポンサーサイト
  1. 2012/01/24(火) 09:58:17|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ステンプラカー番外編 | ホーム | 2012年新年会in赤城 その2>>

コメント

こんばんは
今回のオフ会も新趣向いっぱいですごい楽しかったです。
参加できて本当によかった。

また今年もよろしくお願いします。
  1. 2012/01/25(水) 21:10:01 |
  2. URL |
  3. クロポ415 #T4VI7/Tg
  4. [ 編集]

クロポ415さんこんにちは。
新年会お疲れ様でした。

初めての事が多かったので、どうなるかと思いましたが、おかげ様で無事に終えることができました。

ありがとうございました。
  1. 2012/01/27(金) 11:05:10 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/729-09e5ceba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。