もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3.11

今日3月11日は、東日本大震災の発生から1年を迎えます。
あの日は、自宅で震災に遭いましたので、外で遭遇された方に比べればはるかに恵まれた事です。

あまりの被害の大きさにただただ唖然とするばかりで、復興や未だに収束の見えない原発事故。。。
自分の無力さを感じずにはいられません。


1年経った今日、モノが普通に買えて、いつものように動く電車で通勤し、いつものように仕事ができる事につくづく感謝したいと思います。


震災の風化が危惧されていますが、気張らない日常がある幸せ・・・。

今ある日常・今を力いっぱい生きる・・・。

この事こそ一番大切なのかと思います。

そして、生きられた喜びとその意味。

考えさせられる事が多くあります。


ふと思い浮かぶ言葉があります。

終戦直後の沖縄から立ち上がった一人の男の言葉。

「ヌチヌスージサビラ(命のお祝いをしましょう)」

沖縄の漫談家で音楽家小那覇舞天の言葉です。

舞天は、その言葉の真意を

「あなたはまだ不幸な顔をして、死んだ人たちの年を数えて泣き明かしているのか。生き残った者が生き残った命のお祝いをして元気を取り戻さないと、亡くなった人たちも浮かばれないし、沖縄も復興(ふっこう)できないのではないか。さあ遊ぼうじゃないか」

と、解いています。

一見、不謹慎にも見えますが、この言葉こそ我々が最もしなくてはならない事なのかもしれません。

舞天と同じく、阪神淡路大震災の時に音楽の力で前向きに生きようと呼びかけたソウル・フラワー・ユニオン。




同じ曲ですが、アン・サリーの唄も聴いてみて下さい。



そして、常に忘れてはならない事は、今も復興に向かい進みだそうとしている方々がいるということ。。。

東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

また、被災された方には心よりお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り致します。



スポンサーサイト
  1. 2012/03/11(日) 22:12:50|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふくしま | ホーム | 三月突入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/739-2dabbc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。