もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

40年目の沖縄へ~6

明けて5月14日。

昨日までの平和行進や県民大会の様子は、沖縄タイムス・琉球新報の沖縄の新聞2紙で大きく取り上げていました。

一緒に平和行進を歩いた仲間は今日の午後の便で帰路に就くそうで、地元の方の案内で午前中の限られた時間ではありますが南部の戦跡をレンタカーで巡ることにしました。

先ずは、南城市に残る軍陣地に使われたガマへ。

DSCN2796_20120609115956.jpg

海を見渡せる高台の岩肌にあるガマを利用した陣地跡ですが、案内が無ければどこにあるか分からない場所です。
軍の陣地だっただけに目立たない場所を選んでいるのでしょう。

つい最近も、沖縄本島北部で軍が作ったと思われる壕が見つかりニュースになりました。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191725-storytopic-1.html

ガマの中はもちろん真っ暗でしたが、懐中電灯で照らしてみると足元には古い瓶の破片が転がっていおたりします。
このガマは、天井が高く、通路もしっかりと掘られており、住民たちが使用していたガマや壕とは違います。
思った以上に大きなガマでした。

67年前は、このガマで何が起きていたのか・・・。

その答えはわかりませんが、もう二度と同じ使われ方をされない事を願いたいものです。

ガマを見学した後、クルマを少し走らせて糸数城へ。


DSCN2798.jpg

この城跡は、天然石を積み上げて作られた城壁で、沖縄の城跡でも古い城跡の一つだそうです。
このアーチゴツゴツした岩で築かれておおり、この山の上までよく積み上げたものだと思います。

この城跡近くには、有名なアブチラガマがあり、見学したかったのですが、案内してくださる平和ガイドの方が手配できずに今回は断念しました。

2月に沖縄へ来た際に寄ったのですが、この日見学したガマとは違い天井が低く劣悪な感じがしました。
もちろん、使用された経緯や目的が違うので一概に比べられるものではありませんでしたが。

糸数城跡から、摩文仁の平和祈念資料館へ。

DSCN2797.jpg

何度も来ている場所ですが、自分が一番ゆっくり見学していました。
ひめゆり資料館もそうですが、来る度に見学時間が長くなっているような気がします。

見学後は、平和行進の帰着点となった南風原町文化センターへ。
ここは、南風原陸軍病院のあった場所に建てられており、その史実を伝えるべく併設の資料館には病院壕を再現したコーナーもあります。

DSCN2799.jpg

完全なモッグアップではありあますが、病院壕内の雰囲気をよく伝えており、恐ろしさを感じました。

仲間を空港に送り、パレットくもじ内にある那覇市歴史博物館で開催されている復帰40年の写真展へ。
(何故かアップすると画像が横になってしまいます・・・)

DSCN2802.jpg

終戦後から、復帰までの写真資料を中心に展示していますが、とても限られたスペースでは足りない程の量があるのは明らかです。
しかし、その中でも選りすぐりの写真が展示されていました。

『日本復帰』とは何だったか・・・。

本当にそれが正解だったのか・・・。

そんな事を考えさせられます。

その後、那覇市内をブラブラ・・・。

思いがけなく知り合いにあったりして、夜はライブハウスでurukaさんのライブを観てきました。


DSCN2804.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/06/09(土) 11:44:44|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<40年目の沖縄へ~7 | ホーム | 40年目の沖縄へ~5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/765-a2d740ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。