もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

40年目の沖縄へ~7

さて、一日あけた5月15日。

この日こそ、沖縄が日本復帰となって40年目を迎えた日であります。

全国ニュースでは何本かあるニュースのうちの1つに過ぎませんが、沖縄では大変大きく取り上げられています。

さて、この日だから行きたい場所を目指します。
クルマに流れるラジオでも、復帰についての話題が色々と流れてきます。

着いた先はこちら。

DSCN2807.jpg

普天間基地が見下ろせる公園としても有名な場所ですが、この場所一帯は沖縄戦最大の激戦地と言われた場所で、9万人以上の方が犠牲になったと言われています。
南部が激戦地として有名ではありますが、沖縄戦全体で20万人強の犠牲者がいる中でこの9万人以上という数字はその戦闘の激しさを物語っていますね。

此の地区は日米共に軍人の犠牲者が多く、民間人の犠牲者が圧倒的に多かった南部と違うところです。
その為か、沖縄以外の人にはこの悲劇はあまり知られていません。

今は緑が広がる公園・・・。

DSCN2808.jpg

この公園には、普天間基地を見渡す展望塔以外にも戦跡があり、近隣の戦跡含めて案内板に記されています。

DSCN2825.jpg

展望塔のすぐ下にあるトーチカの跡は、この場所が戦地であった事を今に伝える遺跡です。

DSCN2819.jpg DSCN2824.jpg


単なるコンクリートの塊に見えますが、銃眼と呼ばれる銃を出すための小窓が設けれており、普通のコンクリートの塊とは明らかに違います。

DSCN2821.jpg

大きく変形しているこちら側は、銃撃や砲撃を受けた痕跡だそうです。

DSCN2823.jpg


他にも、軍陣地壕が残されていたり・・・

DSCN2811.jpg DSCN2812.jpg

近所の民家より移設された弾痕の残る塀等があります。

DSCN2809.jpg

街中にある公園ですが、沖縄戦の跡が多数あり、沖縄を訪れた際にはしっかりと見学したい公園です。

さて、いよいよ展望塔に上り最上階から普天間基地を見よう思ったらこんな掲示が・・。

DSCN2815.jpg

長い時間ではなかったのでしょうが、40年目の5月15日という日にこの展望塔の一部を閉鎖する必要はあるのでしょうか?
報道で訴える事も必要でしょうが、百聞は一見にしかずと言います。

この展望塔がここに建つ意味を考えれば、少し無神経な気がしてなりません。

とりあえず見える場所から40年目の5月15日も暫定的に使用され続けている普天間基地。

DSCN2813.jpg

DSCN2817.jpg

この基地がどれだけ住宅が密集した中にあるかが分るかと思います。
ここまでして、基地を作る必要があるのでしょうか???

この場所に来る度に考えさせられます。


さて、国道58号線を北上し、途中、北谷のA&Wでドライブスルー。

DSCN2829.jpg DSCN2831.jpg


駐車場へクルマを止めて、マイクで注文すると店員さんがクルマまで届けてくれる内地では無い珍しいシステムです。
これも、アメリカの影響でして、この沖縄のA&Wこそが、日本初のファーストフードチェーン店だそうです。

日本初と言っても、その頃(1950年代)は『アメリカ』だったので、日本初とはならい・・・という説もあるそうで。。。

まぁ、ファーストフード1つにも5・15が関係してくるが沖縄の現実であります。


北谷まで来たのなら、『アメリ感アメリ館』へ。

DSCN2832.jpg

パイとステーキという名前の通りアメリカの食文化の影響を大きく受けた沖縄らしいお店です。
ここのパフィというyお菓子がとても美味しく、お土産用にいつも買って帰ります。


国道58号線へ戻り、さらに北上すると両側に嘉手納基地が広がってきます。

DSCN2833.jpg

片側3車線の国道58号線の両側は嘉手納基地のエリアでして、国道58号線の真上が戦闘機の離着の陸経路になっていたりします。

そして、こちらへ立ち寄ります。


DSCN2834.jpg

嘉手納基地の様子を一望できる『道の駅かでな』です。
こちらの3階からは、嘉手納基地が一望でき、平和学習で訪れる生徒も多いようです。

DSCN2837.jpg

DSCN2838.jpg

普天間基地に比べれば、周辺に民家こそ少ないものの、東洋一と言われる広大な基地の様子が一目瞭然です。
見学している間は離着陸こそなかったものの、駐機してある戦闘機からはエンジンの轟音が鳴り響いていました。

『道の駅かでな』の2階には、学習展示室が併設されており、嘉手納基地はじめ嘉手納の歴史が紹介されています。

DSCN2835.jpg

画像の通り、基地についての展示が大多数になっていますが、以前訪れた際には基地以外の展示も充実しており、それらが無くなって映像での解説だけになってしまっていたのは残念なところですね。

1階の売店では、戦闘機の写真が販売されていたりします。

DSCN2839.jpg

この道の駅は、基地の撤去を求めたいのか、基地を推進したいのか、いみかじわからんさー!!!(意味が分からない)

さて、『道の駅かでな』のまえにある小高い丘に・・・。

DSCN2840.jpg

これが、『安保の丘』と言われる場d所で、平和運動でも集会等が行われて場所だそうです。

畑の一角のような場所で、丘とは言え対面に建つ『道の駅かでな』の方が遥かに高くそびえています。

丘の上は、少し広い場所があり、基地に近づけるだけ近づいてみました。

DSCN2841.jpg DSCN2842.jpg

『道の駅かでな』で見ていたよりも、さらに嘉手納基地が大きく感じます。

DSCN2843_20120612012336.jpg

戦闘機もすぐ目の前に・・・。

DSCN2844_20120612012335.jpg

戦争の道具が目の前にある・・・基地の近くの恐怖を感じる場所でした。


40年経っても変わらない現実・・・。
次の40年は変わっていて欲しいものです。。。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/11(月) 23:36:50|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<40年目の沖縄へ~8 | ホーム | 40年目の沖縄へ~6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/766-0b41b43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。