もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

40年目の沖縄へ~8

5月16日。
今回の沖縄滞在も最終日です。

残された時間を有効に活用すべく朝から活動します。

先ずは南風原町の沖縄公文書館へ向かいます。
南風原町といえども、首里に近い場所です。

こちらで開催されている復帰40年の企画展を見学します。

DSCN2870_20120611235929.jpg

写真展示が中心でしたが、琉球政府時代の公文書資料も多数展示されており、興味深いものがありました。
時間があるときにまた訪れてみたいと思います。

その後、昨日と同じく嘉数高台公園へ。

DSCN2876_20120611235928.jpg

展望塔の最上段からの眺めは、昨日の眺め以上に住宅地の真ん中にある基地であることを思い知らされます。
見学に行った時には、官僚らしい人が宜野湾市の職員の方から色々と説明を受けていました。

この場所でこの現状を見たのなら、本腰入れて解決に臨んでほしいですね。

宜野湾から南下して隣の浦添市へ。
浦添市美術館で行われている復帰40年の写真展を見学します。

DSCN2873.jpg


今回は、幾つもの写真展を見学しましたが、この美術館で行われている写真展は未だに沖縄戦の傷を背負う戦争被災者の肖像も展示されており、戦争が終結したとされても人々の傷はいつまでの残る苛酷な現実を見せつけられました。
この写真展は、浦添市美術館の常設展示と勝るとも劣らない規模のものでしたが、入館料は無料。

多くの方にこの写真展を見てほしいという主催者の気持ちなのでしょう。私も同じ気持ちになりました。


展示を見た後は、首里へ。
首里名物・山城まんじゅうっを買いに行きます。

DSCN2871.jpg DSCN2872.jpg

サンニンの葉で包まれた柏餅ののような『まんじゅう』は香りも高く質素な味の餡共々心を落ち着かせてくれる味です。

那覇に戻ってレンタカーを返却し、国際通りで最後の買い物をしたらモノレールで空港へ。


毎回同じく、空港内のA&Wで食事を済ませたら、いよいよ沖縄を離れます。

DSCN2885.jpg


今回の沖縄は、今までにない経験をすることができました。
今までも、平和や基地問題について考えてきましたが、沖縄の日本復帰についてはそれほど考えていなかった事を改めて感じました。

沖縄が日本である・・・ということが当たり前とされていて、沖縄が沖縄である事に気づいていなかったからだと思います。
これは、基地問題も同じで、基地ありきで考えるからこそ本質が見えてこない・・・そんな気がしました。

沖縄は、沖縄であって、アメリカでもなければ日本でもない・・・。

そんな気もしましたが、沖縄の知人が、「色々と問題はあるけれど、私は日本沖縄に復帰して良かったと思う」との言葉が内地の人間としては救われた気がしました。


さて、次はいつ沖縄へ行くか・・・。
その時は、また新しい沖縄が見えてくることでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/12(火) 11:33:08|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<工作諸々 | ホーム | 40年目の沖縄へ~7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/767-4916da75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。