もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モジュールオフ2012~inあしがら・その2

さて、明けた翌日も朝から運転です。

DSCN5055_20120627082944.jpg DSCN5058.jpg


朝は、山陽路のスターたちからスタート。
往年の優等列車がヤードに並びました。

そいて、私の東急5000系シリーズに昴氏が呼応してくれました。

DSCN5071.jpg DSCN5064.jpg

拙作の青ガエルとTomix製品と並べると粗が目立ちます・・・(汗)
やっぱり作りが雑になったのかなぁ・・・。

さて、色とりどりの車両が出演した舞台・今回参加のモジュールを一周してみましょう。
始発駅は、色とりどりのヘッドマークが並ぶ目光駅。

DSCN4904.jpg

一周列車となる『けごん30号』は間もなくの発車です。

DSCN4903.jpg

発車ベルが鳴り響き、駅員の出発合図でいよいよ『けごん30号』は発車です。

発車して間もなく、のび鉄氏製作の『羅漢踏切』を渡ります。

DSCN4905.jpg

対向列車は青森行きの『津軽』でしょうか?
様々な列車と共演も運転会の楽しみの一つですね。

ガーター橋で道路を跨ぎ・・・

DSCN4906.jpg

昴氏製作のヤード横を通過します。

DSCN4908.jpg

ヤードには出番を待つ京阪電車群が並びます。

「第三閉塞進行!!」

DSCN4910.jpg

『けごん30号』は、右に車体を曲げ拙作・工場前踏切を通過します。

DSCN4911.jpg

ここで80系電車とすれ違いました。

これまた拙作のケーブルカー乗り場前を通過します。

DSCN4917.jpg


駅前には観光バスが並び、観光名所・小田島山への気軽なアクセスルートになっています。

DSCN4916.jpg DSCN4920.jpg

たまには建物が入れ替わっていたり・・・!?

カーブを超えると、昴氏製作の神社前モジュールへ進んで行きます。

DSCN4923.jpg DSCN4921.jpg



小さな新大津駅を通過します。

「新大津通過~!!」

DSCN4924_20120627094121.jpg

新大津を過ぎると、トレーラー・ターミナルが見えてきました。

DSCN4926.jpg

「第四閉塞進行!!」

DSCN4928.jpg

大谷の切通しを左カーブで曲がります。

DSCN4929_20120627093639.jpg

小さな橋を渡り・・・

DSCN4930.jpg

程なくすると・・・

DSCN4914.jpg


撮影名所・a氏製作のS字カーブへ。

DSCN4931.jpg

165系の急行列車とすれ違います。

DSCN4933.jpg

雪をかぶった暴風林を走り抜けます。

DSCN4936.jpg

そして、赤緑氏製作の秋の山をイメージしたモジュールへ。

DSCN4935.jpg

岩肌を抜けると、大峡谷のパノラマが広がります。


DSCN4941.jpg

深い谷の表現が素晴らしいです。

DSCN4942.jpg

鉄橋を渡る列車の轟音が聞こえてきそうですね。

大鉄橋の先には秘境駅・井中駅があり、駅長(?)サンが手を振っています。

DSCN4944.jpg

井中駅をゆっくり通過し・・・

DSCN4946.jpg

その先で、151系・特急『はと号』とすれ違いました。

DSCN4947.jpg

『きぬ30号』の走る外線は山肌に沿ってはしりますが、『はと号』の走る内線はトンネルで貫きます。

そして、複線トラス鉄橋で川幅の広い酒匂川を渡ります。

DSCN4948.jpg

DSCN4950.jpg DSCN4949.jpg

酒匂川を越えると、街中に入ります。

DSCN4951.jpg


程なくして、赤緑駅に到着。

DSCN4952.jpg

『けごん30号』からの乗り換え客を待って、80系ローカル列車が待って発車して行きました。

DSCN4963.jpg

短い停車時間の間に乗務員交代を終えた『けごん30号』は再び走り出し、短いトンネルへ入ります。


DSCN4964.jpg

トンネルの先には、小さな駅がありますが、『けごん30号』は通過します。

DSCN4965_20120625090629.jpg

『けごん30号』は、会長製作のモジュールへ進んでゆきます。

DSCN4969.jpg


上流の川幅が狭い急流を再現した川を低い鉄橋で超え・・・

DSCN5001.jpg


田園風景の中を進んで行きます。


DSCN5002.jpg DSCN5003.jpg

青々とした緑の小高い築堤を進みます。

DSCN5007.jpg

低いガーター橋で再び川を越えます。

DSCN5004.jpg

DSCN5005.jpg

川を越えると、拙作のカーブモジュールへ。

DSCN5008.jpg

ここだけ複々線になっていますが、これはとあるイベント用にCKCとは別規格で作らざる得なかった為のモジュールを転用した為で、他意はありません。。。

カーブを抜けると、各種撮影会が行われたあやにゃみ氏のヤードへ。

DSCN5010.jpg

色とりどりの車輛が並びます。

DSCN5016.jpg


このヤードをすぎれば、この旅も間もなく終着駅。。。

『けごん30号』は体をくねらせながら渡り線を通り、目光駅1番線へ。

DSCN5021.jpg

『けごん30号』は目光駅1番線へ無事に到着しました。

DSCN5022.jpg

乗客を降ろした『けごん30号』は、あやにゃみ氏のヤードへ入庫。

DSCN5030.jpg

次の運用に備えて体を休めます。

さて、楽しかったモジュールオフもいよいよお開きの時間。
我々を楽しませてくれたモジュールが手早く片づけられてゆきます。

DSCN5074_20120627105957.jpg


参加されたみなさん、ありがとうございました。

次の企画に期待しましょう。





スポンサーサイト
  1. 2012/06/26(火) 17:53:06|
  2. 運転会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<JNMA2012 | ホーム | モジュールオフ2012~inあしがら・その1>>

コメント

こんばんは。
物語を紡ぐが如くモジュールを一周するなんてステキです。
  1. 2012/06/30(土) 23:02:13 |
  2. URL |
  3. chikatetu-kanji #nlnTgiQk
  4. [ 編集]

chikatetu-kanji さんこんにちは。

毎年、各モジュールを紹介したい・・・と思いつつ撮影を忘れてしまっていました。。。

また、機会ありましたらお願い致します。
  1. 2012/07/02(月) 11:53:53 |
  2. URL |
  3. gino-1 #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/780-0e0842e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。