もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

突然の阪急電車

東武5700系を製作中ですが、

「どうせ阪急マルーンを塗るなら、ついでに積んである阪急電車の鉄コレを弄ってもよくね?」

という事で、阪急1300系も加工することにしました。


阪急1300系は、阪急の鉄コレの中でもマシな色なのですが、1300系の編成は

Mc(奇数・P付)+T+T+M'c(偶数・Pなし)

となっています。
鉄コレは、Mcの奇数車とT車の組み合わせになっていますので、M'cのパンタ撤去加工がメインになります。
まずは、分解しまして・・・




Mc車の連結妻に下りてきている配管を削りました。

DSCN5237.jpg DSCN5238.jpg

妻面をツルツルにしたら、前面オデコの目立つパーティングラインをペーパーをかけて消しました。

DSCN5236.jpg

このパーティングラインは、似た形態の1010系にもありますが、結構目立つので是非消したいものですね。

鉄コレで表現されていない渡り板は、GMの阪急用のパーツから流用します。
このパーツセット、阪急電車に欠かせない渡り板や電纜箱、行き先板が含まれており、阪急電車の工作にはお得なセットです。

車体関係の加工が済めば、いよいよメインの屋根加工。

M'c車の屋根には不要となるパンタ台周りのモールドを削ります。

DSCN5239.jpg

そして、不要な穴はランナー引き伸ばし線で埋めます。

DSCN5243.jpg

M'c車は、クーラーの位置もMcと比べて変位しており、パンタ台から一番遠いクーラー以外は取り付け穴を開け直さなくてなりません。

DSCN5246.jpg

変位する場所のクーラーの穴も埋めておきました。
屋根もペーパーをかけて、ツルツルにします。


DSCN5248.jpg


M'c車のクーラーの位置はT車と同じなので、T車の屋根をガイドに穴を開けました。

DSCN5249.jpg


一方、Mc車の屋根も使う予定の無いパンタ取り付け用の角穴を埋め、別体にする予定の避雷器を削っておきました。

DSCN5247.jpg

さて、加工した屋根を仮載せしてみました。

DSCN5250.jpg

塗装はまたまた少し先になりそうです・・・(汗
スポンサーサイト
  1. 2012/08/25(土) 12:06:09|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴーナナ6回目(仮完成) | ホーム | ゴーナナ5回目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/803-d9865865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。