もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新石垣空港

本日、いよいよ開港したそうです。

旧空港で課題となっていた滑走路も2000mに延長され、中型旅客機の発着も可能・・・となったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000018-okinawat-oki

さて、石垣の人間でもない私が言うのも変な話ではありますが、本当に両手を挙げて喜んでよいものか???
少し疑問も残ります。

この新空港建設には、自然保護を理由に反対論が繰り返され、当初の計画から37年もかかっています。
自然との共存は空港に限ったことではないのですが、やはり保護された方がよいわけです。

私何よりも気にしていることは、石垣空港と共に発展してきたとも言えるJTA・RACの存在です。
JTAは、前身の南西航空時代から石垣路線を基幹路線としてきました。

それだけに、B737-400以上の機種は導入できず、B737-400に統一してきました。
滑走路が延長された事により、B737-400以上の大型の機種が発着できるよになったのです。

B737-400しか保有していないJTAにとっては、競争力が大幅に落ち、収益が落ちるおそれがあります。
JTAの収益が落ちるということは、合理化を進める事になりかねません。

JTAは、石垣路線以外にも、RACと共に南西諸島への航空路線を多数運行しており、それらの路線の収益は良くないものの、離島にとってはなくてはならない生命線でもあります。

それらの路線を合理化のの一環として、整理・縮小してゆく可能性もあり、地方格差がさらに広がりかねません。

内地から石垣だけを目指して飛んでくる航空路線は増えるでしょうが、これらの不採算な離島路線には参入しないでしょうから、乗り入れてくる航空会社に制限をかける等の対策も必要な気がします。

また、旧・石垣空港でターミナルから飛行機の搭乗口まで運行していた、東運輸のランプバスも役目を終えたそうです。
石垣島内で唯一の路線バスを運行する東運輸にとってはこのランプバスの収入が大きな支えとなっており、不採算な路線を維持してきたのです。


本当に島民や地元の方の利益を維持できるのか・・・。

新石垣空港開港には複雑な思いが拭えません。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/07(木) 14:10:20|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3.11 | ホーム | CTCと駅単独てこ扱い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/858-8c453d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。