もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・くじら

さて、引き続きくじら電車の加工です。

車体に続き、ランボードを取り付けた屋根をGMのダークグレイに少量のクレオスジャーマングレーを足した物で吹き付けます。
ダークグレーだけだと明るすぎ艶も出てしまうので、艶消しのジャーマングレーで艶を抑えるわけです。

屋根から突起しているボスに塗装したベンチレータを説明書通りに取り付けるのですが、このベンチレータ側の取り付け穴の成型が悪く素直に嵌りません・・・・。
ボスを削り現物合わせで取り付けてゆきます。
簡易金型の欠点なのか分かりませんが、このキット自体が慌てて再生産をしてしまったような印象です。


東急・東武乗り入れ車仕様にするので、先頭車の屋根には2種のアンテナを取り付けます。
キットには東急用のブーメラン型アンテナは付属していないので、適当なパーツを見繕って取り付けます。

ANT


パンタ関係も取り付けます。
余談ながら、シルバーシートマークも取り付けましたが、先頭車のこの位置だけで良いのか自信ありません。
ま、足りない分は後から追加で貼り付ければイイっか・・・。

優先席


車体への屋根・先頭部分・乗務員室小窓以外のガラスの取り付けは、はめ込むだけでしっかりと取り付けられます。
ガラスは、妻板側→側板側の順で取り付ければ問題なく簡単に取り付けられます。
先日、チマチマ塗っていたガラスはこキット用でした。手抜きの割りに良い仕上がりです。

動力は、鉄コレ用を使いました。
ガラス下端をカットし、動力として鉄コレ18m用を使いました。
動力を入れる車輌のガラス下端をカットし干渉しないようにします。
スペーサーとして動力側面両側にt0.5のプラ板を貼ります。

MM


中間車の床板は説明書通りに組み上げます。
折角、椅子の表現があるので、塗り分けてみました。
先頭車の床板は流用品の為か本来無い位置にまで椅子が表現されているので、椅子の無い部分の背当てを削ってみました。
また、説明書では「使用しない」となっている仕切り板のパーツを塗装して取り付けてみました。

車内


車体を被せてみると、思いの他車内は見えないのですが、チラリと見える仕切り板には満足しています。

全ての車体を被せて、行き先等のステッカーを貼れば・・・・・・

完成!!!!!

できた


長年の夢だった車輌を竣工させられたとともに、所属するクラブは東武ファンが多いので、やっと一つ一緒に並べられる車輌ができました。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/12(土) 21:00:46|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東急7000 | ホーム | くじら塗装>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/9-160db94a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。