もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【D60】パーツの取り付け

大味で工作の邪魔だった、煙室周りの手すりを撤去しました。

同時に別パーツにする煙室ハンドルの中心に取り付け穴を開けから削り、やはり大味のモールドだった煙室扉の取っ手も
削りました。

ホント下手に大味のディテールになるのなら、元から表現しない方が正解かと思います。

手すりは、割ピンとφ0.2の真ちゅう線で再現します。

所定の場所に穴を開けて、割ピンを挿します。
φ0.2の真ちゅう線を割ピンに通し、割ピンと真ちゅう線が重なる所を瞬間接着剤で固定します。

曲グセを付ける為に画像の状態で放置します。



後ほど、前照灯の切り欠き等の手すりの不要部分をカットしました。
エンジン・テンダー共に、前照灯と標識灯を取り付けます。

DSCN6210.jpg

末期の郡山区所属のD60は、その殆ど(もしかしたら全機?調べられていませんが・・・)が前照灯がシールドビーム2灯に改造されていたようです。
当時の写真を見ると、その改造は実用本位の無造作な感じで一機一機で微妙な差があります。

模型的には大変興味深くオモシロいのですが、D60が本来持つ美しさが失われているようで純粋な蒸機ファンなら魅力を感じない部分かもしれません。

しかし、この無造作で不細工さこそが郡山区で活躍したD60の魅力だと感じています。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/26(月) 00:55:06|
  2. ラウンドハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【D60】デフの取付 | ホーム | 【D60?】折れる・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/903-9f25abff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。