もーあしび日記

日々の話題や趣味など色々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平和の黄色い線

我がCKCクラブでは、東武ファンvs西武ファンの争いが絶えません。(名物なんで絶えるとつまらないかも・・・)

そこで、両方の間を取り持つ営団(メトロに非ず)7000系の製作を開始しました。
ま、モチベーションが下がったので気分転換です。

この7000系は、以前購入してあった物です。

早速、工作開始。
このキットは6000系ベースで製作されおり7000系とは位置の異なる側面の方向幕を埋め、車体にモールドされているSマーク・車番表示のベースを削ります。

幕埋めとモールド削り


モールド削り


Sマークに至っては後期型のキットでもモールドされていますが、このモールドを生かせる技を持つ人は少ないと思われます。
ちなみに、Sマークは付属のデカールで再現する予定です。

この2段窓の初期型と、1段窓の後期型キットの側板は縦方向に0.5mmの差があります。

初期と後期の差


そこで、短い初期型の側板の裾にエバーグリーンのt0.5x1.0のプラ材を接着して嵩上げします。

t0.5追加


これで、ほぼ同じ高さになりました。

初期と後期の差の訂正


先頭車の前面は、後期型のキットを利用します。
側板と前面で干渉する箇所があるので、青丸で囲んだ干渉する部分を削ります。

前面と側板の干渉部分加工


屋根の配管も後期型キットの方がリアルなのでそれを使うつもりで、仮組みしたら・・・・・。

初期+後期先頭屋根


後期型先頭車の屋根が短く、長さが足りません・・・。
こちらの方がスケール通りなのでしょうが、簡単に済ませたいので側板を切り詰めずに長い後期型・中間車の屋根を載せてみました。


初期+後期中間屋根



なかなか良い感じです。
屋根の不要なモールドを削り、こちらを利用する事にしました。

屋根モールド削り


後期型先頭車の屋根を参考にしながら、1個パンタとなるクハの屋根に加工します。
ヒューズBOXのない側のパンタ周りのディテール・両方のパンタを繋ぐ母線を削ります。
不要な穴をランナー引き伸ばし線で埋め、ポリパテで仕上げます。

屋根加工


また、気が向いたら作業します。
後期型の中間車を3両用意しないと・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/26(木) 07:05:15|
  2. 四宮電車工場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<禁酒宣言 | ホーム | 呑んできました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gino1r330.blog42.fc2.com/tb.php/99-7b70ebf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gino-1

Author:Gino-1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。